コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » ENFJ-A(主人公・自信型)を論文40本以上で科学的に解説

ENFJ-A(主人公・自信型)を論文40本以上で科学的に解説

    ENFJ-A、ENFJ-T、主人公、Protagonist

    ENFJ-Aタイプって知っていますか?

    これは性格を表す指標の一つで、私たちの行動や考え方に大きな影響を与えています。

    この記事では、ENFJ-Aの人がどんな特徴を持っているのか、健康面や仕事、人間関係などについて詳しく解説します。

    自分や周りの人の性格をよく知ることで、より良いコミュニケーションや自己理解につながるかもしれません。

    ぜひ、自分や友達の性格と比べながら読んでみてください。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    目次

    ENFJ-A(主人公・自信型)の科学的な背景

    MBTIの概要

    MBTIは性格を16タイプに分類する心理学の理論です。

    そもそもMBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター(Myers-Briggs Type Indicator)の略称です。

    MBTIでは、以下の4つの指標を組み合わせて性格を16タイプに分類します。

    つまり、MBTIでは自分の性格傾向を「ISTJ」や「ENFP」などの4文字で表現するのです。似ているものとしてとても有名な16personalitiesがありますが、これはMBTIとは違います。

    ビッグファイブの概要

    性格心理学において最も有力な特性理論の一つが「ビッグファイブ(Big Five)」です。

    ビッグファイブは、開放性誠実性外向性協調性神経症傾向の5つの特性を測定します。

    また、16personalitiesやMBTIはタイプ分類(例、外向的か内向的かのどちらか)を用いるのに対して、ビッグファイブが特性を連続的な数値で評価する(例、外向性3.5)点も大きな違いです。

    さらに、古くから研究されており、論文数も多く、学力や所得、脳や遺伝など、他の分野でも多くの研究が行われています。ビッグファイブの方が比較的、科学的な裏付けが強いと言えます。

    MBTI・ビッグファイブ・HEXACOの相関関係

    MBTIの4指標とビッグファイブの5因子には相関関係があります。

    この相関を示した代表的な研究に、「The relationship between the revised NEO-Personality Inventory and the Myers-Briggs Type Indicator」という論文があります。

    この論文によると、MBTIとビッグファイブの相関は以下の通りです。

    また、MBTIとビッグファイブを参考にして作られた16personalitiesでは、ビッグファイブの神経症傾向が「アイデンティティ」と呼ばれており、自信(Assertive)か、慎重(Turbulent)かで分類されています。

    一番右には比較的新しい性格診断である「HEXACO(ヘキサコ)」があります。ビッグファイブに1つ指標「正直・謙虚さ」を加えて改良されています。

    本記事ではこの相関関係に基づいて、16personalitiesの性格タイプを詳細に解説していきます。

    元々はビッグファイブやHEXACOの研究なので、MBTIや16personalitiesよりも科学的に性格を知りたい場合は、こちらのHEXACO性格診断を受けてみてください。

    ENFJ-A(主人公・自信型)とは?

    ENFJ-Aは、ビッグファイブの高い外向性(E)、高い開放性(N)、高い協調性(F)、高い誠実性(J)、低い神経症傾向(A)を持つタイプです。

    • 強力なリーダーシップスキル
    • 他者への深い共感と理解
    • 社会的責任感の強さ
    • 自信に満ちたコミュニケーション能力
    • ポジティブな影響力

    彼らは人々をやる気にさせ、共通の目標に向けて導く能力に長けています。直感力と共感力を組み合わせて、他者のニーズを理解し支援します。対人関係では、深い意味のある繋がりを重視し、調和を維持することに努めます。

    変化や挑戦を歓迎し、常に自己と周囲の成長を促進します。ストレス耐性が高く、困難な状況でも前向きな姿勢を保ちます。

    ENFJ-A(主人公・自信型)を科学的に解説

    身体的健康がいい

    ENFJ-Aタイプの人は、身体的健康に恵まれる傾向があります。これは、ビッグファイブの誠実性が高く(J)、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、規則正しい生活習慣を持ち、ストレス管理が上手な傾向があります。健康的な食事や運動を日常に取り入れやすく、心身のバランスを保つことができます。

    また、楽観的な性格も健康維持に役立ちます。ポジティブな思考が免疫系を強化し、全体的な健康状態を向上させる可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    健康行動をする

    ENFJ-Aタイプの人は、健康的な行動を積極的に取り入れる傾向があります。これは、ビッグファイブの協調性が高く(F)、誠実性も高い(J)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、自分自身の健康だけでなく、周囲の人々の健康にも気を配ります。定期的な運動や健康的な食事、十分な睡眠など、健康的なライフスタイルを維持することに熱心です。

    また、ストレス解消法を見つけるのが上手で、瞑想やヨガなどのリラックス法を実践する傾向があります。予防医学にも関心が高く、定期健康診断を欠かしません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    精神的健康がいい

    ENFJ-Aタイプの人は、優れた精神的健康を持つ傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、協調性(F)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、感情のバランスが取れており、ストレス耐性が高いです。他者との良好な関係を築くことが得意で、これが精神的な安定につながります。

    また、目標に向かって計画的に行動する能力があり、達成感を得やすいです。楽観的な性格も手伝って、困難な状況でも前向きな姿勢を保つことができます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    幸せを感じやすい

    ENFJ-Aタイプの人は、幸福感を感じやすい傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、協調性(F)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、他者との交流を楽しみ、社会的なつながりから幸せを感じます。他人の幸せを自分の幸せとして感じる共感能力も高いです。

    また、楽観的な性格により、日常の小さな喜びを見つけるのが上手です。困難な状況でもポジティブな面を見出し、幸せを感じる能力があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    運がいい

    ENFJ-Aタイプの人は、「運がいい」と感じられることが多い傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、開放性(N)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、社交的で新しい機会に開かれているため、好機を逃さず活かすことができます。また、直感力が高く、良い選択をする傾向があります。

    楽観的な性格も、「運がいい」と感じることに貢献します。困難な状況でもポジティブな面を見出し、それを好機と捉える能力があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    NとFの両方がある人と仲良くなりやすい

    ENFJ-Aタイプの人は、NとFの特性を持つ人々と特に仲良くなりやすい傾向があります。これは、ビッグファイブの開放性(N)と協調性(F)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、直感的で創造的な思考(N)と、感情に敏感で共感的な性質(F)を持っています。そのため、同じような特性を持つ人々と深い絆を築きやすいです。

    また、これらの特性は、深い会話や感情的なつながりを重視する傾向につながります。NF型の人々との交流は、ENFJ-Aにとって刺激的で満足度の高いものとなりやすいです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    友達関係の質が高い

    ENFJ-Aタイプの人は、質の高い友人関係を築く傾向があります。これは、ビッグファイブの協調性(F)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、他者の感情に敏感で、共感能力が高いため、深い友情を育むことができます。また、信頼性が高く、約束を守る傾向があるため、長期的な関係を維持しやすいです。

    楽観的で安定した性格も、友人関係の質を高めます。ストレスの少ない、ポジティブな交流を提供することで、周囲の人々から信頼され、好かれやすい傾向があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    新しい友達を作る

    ENFJ-Aタイプの人は、新しい友達を作ることが得意な傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、社交的で人々と交流することを楽しむ性質があります。新しい環境や状況でも、積極的に他者に接近し、会話を始めることができます。

    また、人々の興味や感情に敏感で、相手に合わせたコミュニケーションを取ることができます。この能力は、初対面の人と良好な関係を築くのに役立ちます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    カップル満足度が高い

    ENFJ-Aタイプの人は、恋愛関係において高い満足度を感じる傾向があります。これは、ビッグファイブの協調性(F)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、パートナーの感情に敏感で、深い理解と共感を示すことができます。また、誠実で信頼性が高いため、安定した関係を築きやすいです。

    楽観的な性格も、関係性の満足度を高めます。問題が生じても前向きに解決策を見出し、関係を改善する努力をします。また、感情表現が豊かで、愛情を言葉や行動で示すことが得意です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    いい子育てをする

    ENFJ-Aタイプの人は、良好な子育てを行う傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、協調性(F)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの親は、子どもの感情に敏感で、共感的なアプローチを取ります。また、外向的な性格により、子どもと積極的に関わり、豊かな経験を提供します。

    計画性があり、一貫した育児方針を維持しやすいです。楽観的な性格は、子育ての課題に前向きに取り組む助けとなります。また、自身の感情をよくコントロールでき、穏やかな家庭環境を作り出す傾向があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    学力が高い

    ENFJ-Aタイプの人は、高い学力を持つ傾向があります。これは、ビッグファイブの開放性(N)、協調性(F)、誠実性(J)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、新しい知識や概念に対する好奇心が強く、学習に対して積極的です。また、直感的な理解力があり、複雑な情報を素早く把握することができます。

    計画性と勤勉さを持ち合わせているため、学習に対して規律ある取り組みができます。さらに、グループ学習などでリーダーシップを発揮し、他者と協力して学ぶことも得意です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    オンライン学習の効果がでる

    ENFJ-Aタイプの人は、オンライン学習で高い効果を得る傾向があります。これは、ビッグファイブの開放性(N)と誠実性(J)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、新しい学習環境や技術に適応する能力が高く、オンラインツールを効果的に活用できます。また、自己管理能力が高いため、自主的な学習スケジュールを立て、それを守ることができます。

    直感的な理解力があり、オンライン上の情報を効率的に処理し、重要なポイントを把握することが得意です。さらに、オンライン上でも他の学習者とのコミュニケーションを積極的に行い、協調学習の効果を高めることができます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    知能IQが高い可能性が比較的ある

    ENFJ-Aタイプの人は、比較的高いIQを持つ可能性があります。これは、ビッグファイブの開放性(N)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、抽象的な思考や複雑な問題解決に優れる傾向があります。新しい概念を理解し、それを創造的に応用する能力が高いです。

    また、精神的な安定性があるため、ストレスの多い状況下でも冷静に思考を巡らせることができます。これは、IQテストのようなパフォーマンスを要する場面で有利に働く可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    スピリチュアリティ

    ENFJ-Aタイプの人は、スピリチュアリティに対する関心が高い傾向があります。これは、ビッグファイブの開放性(N)と協調性(F)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、人生の深い意味や目的を探求することに興味を持ちます。超越的な経験や、より大きな全体とのつながりを求める傾向があります。

    また、他者との深い絆や、世界との調和を重視するため、スピリチュアルな実践や思想に惹かれやすいです。直感的な理解力と共感能力が高いことも、スピリチュアルな探求を深める助けとなります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SNSの友人が多い

    ENFJ-Aタイプの人は、SNS上で多くの友人を持つ傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、社交的で人々とのつながりを大切にします。SNSを通じて、新しい人々と出会い、関係を築くことを楽しむ傾向があります。

    また、共感能力が高く、オンライン上でも他者の感情を理解し、適切に反応することができます。これにより、SNS上でも深い友情を育むことができます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SNSで近況や写真など投稿

    ENFJ-Aタイプの人は、SNSで自身の近況や写真を積極的に投稿する傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)と開放性(N)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、自己表現を楽しみ、他者と経験を共有することに喜びを感じます。SNSを通じて自身の日常や思いを発信することで、他者とのつながりを深めようとします。

    また、創造性豊かで新しい経験を求める傾向があるため、魅力的な写真や興味深い近況をシェアすることを楽しむでしょう。他者の反応や交流を通じて、さらなる刺激やインスピレーションを得ることができます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SNSをやる場合、いいねや励ましのコメントなどでコミュニケーションをする

    ENFJ-Aタイプの人は、SNSで積極的にポジティブなコミュニケーションを取る傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)と協調性(F)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、他者の投稿に対して「いいね」をつけたり、励ましや共感のコメントを残したりすることを好みます。他人の喜びや成功を心から祝福し、困難な状況にある人には温かい言葉をかけます。

    この行動は、他者との良好な関係を築き、維持したいという彼らの欲求から来ています。また、ポジティブな雰囲気を作り出すことで、SNS上のコミュニティ全体の雰囲気を向上させる傾向があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SNSで積極的に情報収集する可能性あり

    ENFJ-Aタイプの人は、SNSを通じて積極的に情報収集を行う可能性が高いです。これは、ビッグファイブの開放性(N)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、新しい知識や情報に対する強い好奇心を持っています。SNSを単なる交流の場としてだけでなく、様々な分野の最新情報を得るツールとして活用する傾向があります。

    特に、自己成長や社会問題、文化的トピックスなどに関心を持ち、それらに関する情報を積極的に収集します。また、収集した情報を基に自分の見解を形成し、時にはそれをSNS上で共有することで、知的な議論を促進する役割を果たすこともあります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ボランティアなど利他的な活動を行う

    ENFJ-Aタイプの人は、ボランティアなどの利他的な活動に積極的に参加する傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)と協調性(F)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、他者を助けることに喜びを感じ、社会に貢献したいという強い欲求を持っています。彼らの共感能力と人々とつながりたいという願望が、ボランティア活動への参加を促します。

    また、リーダーシップを発揮することも得意なため、ボランティア活動の中心的な役割を担うことも多いです。彼らの熱意と組織力は、周囲の人々を鼓舞し、活動をより効果的なものにする可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ソーシャルキャピタルの質がいい

    ENFJ-Aタイプの人は、高質なソーシャルキャピタル(社会関係資本)を持つ傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、協調性(F)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、広範囲にわたる社会的ネットワークを構築し、維持する能力に長けています。彼らの温かさと共感能力は、深い信頼関係を築くのに役立ちます。

    また、彼らのポジティブな性格と社会的スキルは、様々な背景を持つ人々と良好な関係を築くことを可能にします。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    感染対策で手洗いなどちゃんと行う

    ENFJ-Aタイプの人は、感染対策として手洗いなどの予防行動をしっかりと実践する傾向があります。これは、ビッグファイブの誠実性(J)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、責任感が強く、規則や推奨事項を真摯に受け止めます。感染予防の重要性を理解し、自分自身だけでなく、周囲の人々の健康も考慮して行動します。

    また、彼らの計画性と自己規律の高さは、手洗いや消毒などの習慣を日常生活に効果的に組み込むことを可能にします。さらに、他者への配慮から、公共の場でのマスク着用など、社会的な感染対策にも積極的に協力する傾向があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    一定数チームにいるとチームのバランスが良くなる、内向的な人と一緒にいるとなおよし

    ENFJ-Aタイプの人がチームに一定数いると、全体のバランスが良くなる傾向があります。これは、ビッグファイブの協調性(F)と誠実性(J)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、チームワークを重視し、メンバー間の調和を保つ能力に長けています。彼らの共感力と対人スキルは、チーム内のコミュニケーションを円滑にし、協力関係を強化します。

    特に内向的な人と組み合わさると、さらに良い効果が期待できます。ENFJ-Aは外向的で社交的な一方、内向的な人の静かな強みを理解し、引き出すことができます。この相互補完的な関係が、チーム全体のパフォーマンスを向上させる可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    仕事ができる、パフォーマンスが高い

    ENFJ-Aタイプの人は、仕事能力が高く、優れたパフォーマンスを発揮する傾向があります。これは、ビッグファイブの誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、責任感が強く、計画的に仕事を進める能力に優れています。目標達成に向けて粘り強く取り組み、高い生産性を維持することができます。

    また、彼らの対人スキルは、チームでの協働や顧客対応など、様々な業務場面で活かされます。さらに、ストレス耐性が高いため、プレッシャーのかかる状況下でも冷静に対処し、安定したパフォーマンスを発揮することができます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    キャリア成功しやすい

    ENFJ-Aタイプの人は、キャリアにおいて成功を収めやすい傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、協調性(F)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、優れたコミュニケーション能力とリーダーシップスキルを持っており、これらは多くの職場で高く評価されます。彼らの共感能力は、同僚や上司との良好な関係構築に役立ちます。

    また、キャリアの障害に直面しても、楽観的で適応力がある性格によって、効果的に対処することができます。長期的な視野を持ち、自己成長と職場での貢献のバランスを取ることができるため、持続的なキャリア成功につながりやすいです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    部下をサポートする良い上司になりやすい

    ENFJ-Aタイプの人は、部下を効果的にサポートする良い上司になりやすい傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、協調性(F)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの上司は、部下の感情や需要に敏感で、個々の強みを認識し、それを伸ばすことに長けています。彼らの共感能力は、部下との信頼関係を築く上で大きな助けとなります。

    また、明確なビジョンと目標を設定し、それを効果的に伝える能力があります。部下の成長を促進するためのコーチングやメンタリングにも熱心で、チーム全体のパフォーマンス向上に貢献します。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    リーダーに向いてる

    ENFJ-Aタイプの人は、優れたリーダーになる素質を持っています。これは、ビッグファイブの外向性(E)、開放性(N)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aのリーダーは、チームメンバーを鼓舞し、共通の目標に向かって導く能力に長けています。彼らの共感力と対人スキルは、多様な人々をまとめ上げ、協力的な環境を創出するのに役立ちます。

    また、彼らの創造性と先見性は、組織の将来を見据えた戦略的思考を可能にします。さらに、安定した感情制御能力により、プレッシャーの中でも冷静な判断を下すことができます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    起業家に向いてる

    ENFJ-Aタイプの人は、起業家として成功する素質を持っています。これは、ビッグファイブの外向性(E)、開放性(N)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの起業家は、ビジョンを明確に描き、それを他者に伝える能力に優れています。彼らの社交性と対人スキルは、ネットワーキングや顧客獲得に大いに役立ちます。

    また、彼らの創造性と直感力は、市場のニーズを察知し、革新的なアイデアを生み出すのに役立ちます。計画性と責任感の高さは、ビジネスの安定的な成長と運営に貢献します。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    富裕層に多い

    ENFJ-Aタイプの人は、富裕層に比較的多く見られる傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、開放性(N)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、キャリアにおいて成功を収めやすい特性を持っています。彼らのリーダーシップ能力、対人スキル、創造性は、高い地位や報酬につながりやすい職種で活かされます。

    また、計画性と責任感の高さは、財務管理においても有利に働きます。さらに、ネットワーキング能力の高さは、ビジネスチャンスの獲得や投資の機会を増やす可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    教師になると生徒に好かれやすい

    ENFJ-Aタイプの人は、教師として生徒から好かれやすい傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの教師は、生徒一人一人に対する深い理解と共感を示し、個々の潜在能力を引き出すことに長けています。彼らの熱意と明るさは、学習環境を活気づけ、生徒の学習意欲を高めます。

    また、責任感が強く、授業の準備を念入りに行い、分かりやすい説明を心がけます。安定した感情制御能力により、ストレスの多い状況でも冷静さを保ち、公平で一貫した態度で生徒に接することができます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    スポーツ選手に多い、中でもチャンピオン級に多い

    ENFJ-Aタイプの人は、スポーツ選手、特にチャンピオン級の選手に多く見られる傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、協調性(F)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aのスポーツ選手は、チームワークを重視し、仲間を鼓舞する能力に優れています。彼らの社交性と共感能力は、チームの団結力を高め、パフォーマンスの向上につながります。

    また、目標達成に向けての強い意志と自己規律の高さは、厳しい練習や競争を乗り越える原動力となります。精神的な安定性が高いため、プレッシャーの強い場面でも実力を発揮しやすく、これがチャンピオンになる可能性を高めています。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    子どもの場合、ギフテッドの可能性がある

    ENFJ-Aタイプの子どもは、ギフテッド(特別な才能を持つ子ども)である可能性があります。これは、ビッグファイブの開放性(N)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの子どもは、抽象的な思考や複雑な概念の理解に優れる傾向があります。彼らの創造性と直感力は、問題解決や芸術的表現において際立つ可能性があります。

    また、高い共感能力と対人スキルは、情緒的知性の高さを示唆しています。学習意欲が高く、新しい知識や経験を積極的に求める傾向があります。しかし、ギフテッドの判断には専門家による総合的な評価が必要であり、個々の子どもの特性を慎重に見極めることが重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    追求しすぎる完璧主義

    ENFJ-Aタイプの人は、時として過度の完璧主義に陥る傾向があります。これは、ビッグファイブの誠実性(J)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、高い基準を設定し、それを達成しようと懸命に努力します。この特性は多くの場合ポジティブに働きますが、行き過ぎると自身や他者に過度のプレッシャーをかける可能性があります。

    完璧を追求するあまり、小さな失敗や欠点に過剰に反応したり、自己批判的になったりすることがあります。また、他者の期待に応えようとするあまり、自身の限界を超えて頑張りすぎることもあります。

    バランスの取れた視点を持ち、時には「十分に良い」ことを受け入れる柔軟性を養うことが重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ファストフード、アイス、チョコ、ココア、肉類、ビスケット、ケーキ、クッキーを好む

    ENFJ-Aタイプの人は、ファストフードやスイーツなどの食べ物を好む傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)と開放性(N)が高い特徴と関連している可能性があります。

    ENFJ-Aの人は、新しい経験や刺激を求める傾向があり、これが多様な味や食感を楽しむ食習慣につながるかもしれません。また、社交的な性格から、友人や家族と共に楽しむ食事の機会が多く、これらの食べ物がそうした場面で好まれる傾向があります。

    しかし、こうした嗜好は個人差が大きく、また健康意識の高まりとともに変化する可能性もあります。ENFJ-Aの人々も、バランスの取れた食生活の重要性を認識し、健康的な選択をすることもあります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    健康に気を付けて野菜、乳製品、ナッツ類を好む

    ENFJ-Aタイプの人は、健康を意識して野菜、乳製品、ナッツ類を好む傾向もあります。これは、ビッグファイブの誠実性(J)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、責任感が強く、自身の健康管理に熱心です。栄養バランスの良い食事を心がけ、体に良いとされる食品を積極的に取り入れようとします。

    野菜は豊富な栄養素を含み、乳製品はカルシウム源として、ナッツ類は良質な脂肪と蛋白質の供給源として重要視されます。これらの食品を日常的に摂取することで、健康的なライフスタイルを維持しようとする傾向があります。

    また、他者の健康にも気を配るENFJ-Aは、家族や友人との食事の際にもこれらの健康的な食品を取り入れようとするかもしれません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    いじめに関与しない

    ENFJ-Aタイプの人は、いじめに関与しない傾向が強いです。これは、ビッグファイブの協調性(F)が高く、誠実性(J)も高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、他者への共感能力が高く、他人の感情を深く理解し尊重します。そのため、他者を傷つけるような行為に対して強い抵抗感を持ちます。

    また、正義感が強く、公平性を重視する傾向があるため、いじめのような不公平な状況を目にした場合、それを止めようとする可能性が高いです。

    さらに、ENFJ-Aは人々の調和を重視するため、いじめのような対立や不和を生む行為を避けようとします。むしろ、いじめの被害者を守ったり、仲裁者として行動したりする可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    自尊感情が高い

    ENFJ-Aタイプの人は、一般的に自尊感情が高い傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、自己に対する肯定的な見方を持ち、自分の価値を認識しています。他者との良好な関係を築く能力や、目標を達成する能力に自信を持っていることが多いです。

    また、他者からの肯定的なフィードバックを受けやすい性格であり、これが自尊感情を更に高める要因となります。

    高い自尊感情は、ストレス耐性を高め、困難な状況に対処する能力を向上させます。ただし、過度に高い自尊感情は時として現実的な自己評価を妨げる可能性もあるため、バランスの取れた自己認識を維持することが重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    楽観性が高い

    ENFJ-Aタイプの人は、高い楽観性を持つ傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、開放性(N)、協調性(F)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、困難な状況に直面しても、前向きな見方を保つ能力に長けています。彼らは問題を克服可能な課題として捉え、解決策を見出そうとする姿勢を持っています。

    また、他者との良好な関係性や、自身の能力に対する自信が、この楽観的な態度を支えています。未来に対する希望を持ち続け、新しい可能性を常に探求する傾向があります。

    この楽観性は、ストレス管理やレジリエンス(回復力)の向上にも寄与し、全体的な幸福度を高める要因となっています。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    レジリエンスがある

    ENFJ-Aタイプの人は、高いレジリエンス(回復力)を持つ傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、開放性(N)、協調性(F)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、困難や逆境に直面しても、それを乗り越え、適応する能力に優れています。彼らの楽観的な性格と問題解決能力は、ストレスフルな状況から素早く回復することを助けます。

    また、他者との強い結びつきを持つ能力は、サポートネットワークを構築し、困難な時期に助けを求めることを可能にします。

    さらに、彼らの計画性と責任感は、予期せぬ事態に対する準備を整えることを助け、変化に適応する能力を高めます。

    このレジリエンスは、長期的な心理的健康と幸福度の維持に重要な役割を果たしています。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    問題焦点型コーピングを行う

    ENFJ-Aタイプの人は、問題焦点型コーピング(対処方法)を好む傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)と誠実性(J)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、ストレスや困難に直面した際、問題の根源に直接取り組もうとします。彼らは状況を分析し、具体的な解決策を見出そうとする積極的なアプローチを取ります。

    また、計画性が高いため、問題解決のための段階的な戦略を立てることが得意です。他者との協力を重視するため、必要に応じて周囲の助けを求めることも躊躇しません。

    この問題焦点型コーピングは、多くの場合効果的であり、ENFJ-Aの人々が様々な課題を克服し、目標を達成する上で重要な役割を果たしています。

    自己決定理論の自律性・有能さ・関係性の欲求が満たされやすい

    ENFJ-Aタイプの人は、自己決定理論で提唱される3つの基本的心理欲求(自律性・有能さ・関係性)が満たされやすい傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、協調性(F)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    自律性:ENFJ-Aの人は、自分の価値観や信念に基づいて行動する能力が高く、自己主導的な決定を下すことができます。

    有能さ:目標達成に向けての強い意志と能力を持ち、成功体験を積み重ねることで有能感を得やすいです。

    関係性:社交的で共感能力が高いため、他者との深い絆を形成しやすく、所属感や親密さを感じやすいです。

    これらの欲求が満たされることで、ENFJ-Aの人々は高い動機づけと心理的ウェルビーイングを維持しやすくなります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    リスク失敗しても後悔しずらい、冷静なリスク管理を行う

    ENFJ-Aタイプの人は、リスクを取って失敗しても後悔しにくく、冷静なリスク管理を行う傾向があります。これは、ビッグファイブの開放性(N)、誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、新しい経験や挑戦に対してオープンな態度を持っています。失敗を学習の機会として捉え、それを将来の成功につなげる能力に長けています。

    また、計画性が高いため、リスクを取る前に十分な準備と分析を行います。これにより、無謀なリスクを避け、計算されたリスクを取ることができます。

    さらに、感情的安定性が高いため、リスクの結果に対して冷静に対処することができます。失敗しても長期的な視点を持ち、それを成長の糧とすることができます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    日本の九州や沖縄、首都圏に多い

    ENFJ-Aタイプの人は、日本の特定の地域、特に九州、沖縄、首都圏に多く見られる傾向があるという指摘があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、開放性(N)、協調性(F)が高い特徴と関連している可能性があります。

    この傾向は、これらの地域の文化的特性や社会環境が、ENFJ-Aの特性と親和性が高い可能性を示唆しています。例えば、九州や沖縄の温かい人間関係や、首都圏の多様性と機会の豊富さがENFJ-Aの特性を育む環境となっているかもしれません。

    しかし、この傾向は統計的な観察に基づくものであり、個人差が大きいことに注意が必要です。また、地域性と性格特性の関連については、さらなる研究が必要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    シュワルツの価値観:刺激、自立、普遍、博愛

    ENFJ-Aタイプの人は、シュワルツの価値観理論における「刺激」「自立」「普遍主義」「博愛」を重視する傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)、開放性(N)、協調性(F)が高い特徴と関連しています。

    刺激:新しい経験や挑戦を求める傾向があります。 自立:自己決定と創造性を重視します。 普遍主義:すべての人々の幸福と正義を大切にします。 博愛:他者との親密な関係と思いやりを重んじます。

    これらの価値観は、ENFJ-Aの人々の行動や決定に大きな影響を与えます。例えば、他者を助けることに喜びを感じたり、社会正義のために行動したりする傾向があります。

    また、個人の成長と社会への貢献のバランスを取ろうとする姿勢にも、これらの価値観が反映されています。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    服装にこだわりがある

    ENFJ-Aタイプの人は、服装にこだわりを持つ傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)と開放性(N)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、自己表現の一つの形として服装を重視することが多いです。他者との交流を大切にするため、場面に応じた適切な服装選びに気を配ります。

    また、創造性豊かで新しいトレンドに興味を持つ傾向があるため、ファッションを通じて個性を表現することを楽しむかもしれません。

    さらに、他者への影響力を意識しているため、自身の外見が与える印象にも敏感です。ただし、こだわりの程度には個人差があり、必ずしも全てのENFJ-Aがファッションに強い関心を持つわけではありません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    投資行動:処分効果と過信

    ENFJ-Aタイプの人は、投資行動において特定の傾向を示す可能性があります。これは、ビッグファイブの外向性(E)と誠実性(J)が高い特徴と関連しています。

    ENFJ-Aの人は、目標達成を重視するため、利益が出ている投資を早めに売却して成果を確定させたいと考える傾向があるかもしれません。一方で、損失を認めたくない気持ちから、損失が出ている投資を長く保有し続ける可能性があります。「処分効果」と呼びます。

    自信に満ちた性格から、自身の投資能力を過大評価したり、リスクを過小評価したりする傾向があるかもしれません。過信と呼びます。

    これは、新しい投資機会に積極的に取り組む原動力となる一方で、過度のリスクテイクにつながる可能性もあります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    最後に

    ENFJ-Aタイプの人は、とてもユニークで魅力的な特徴を持っています。

    みんなと仲良く過ごすのが得意で、リーダーシップを発揮することもあります。新しいことに挑戦するのが好きで、目標に向かって頑張る力も持っています。

    勉強や仕事で良い成績を収めやすく、先生や上司からの評価も高いことが多いでしょう。友達関係も良好で、困っている人を助けたりすることも多いかもしれません。

    健康や幸せを感じやすい傾向もありますが、完璧を求めすぎてストレスをためてしまうこともあるので注意が必要です。

    でも、みなさんひとりひとり違うので、ここで紹介した特徴がすべてあてはまるわけではありません。

    紹介した傾向は、元々ビッグファイブやHEXACOの研究なので、MBTIや16personalitiesよりも科学的に性格を知りたい場合は、こちらのHEXACO性格診断を受けてみてください。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。