コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » リスクマネジメントを冷静に行う性格とは?科学的に解説

リスクマネジメントを冷静に行う性格とは?科学的に解説

    リスク

    みなさんは、自分のお金をどのように管理したいと思いますか?中には、リスクを取ってでも高い利益を目指したい人もいれば、安定を重視する人もいるでしょう。

    実は、このようなリスクに対する考え方は、性格と深く関係しているのをご存知ですか?

    アメリカの研究チームが、大学生を対象に行った調査で、性格特性とリスク許容度の関係性を明らかにしました。

    その論文のタイトルは、「Using Personality Assessment and Situational Queries to Understand Risk Tolerance in Emerging Adults」です。

    この研究では、性格診断とアンケートを組み合わせることで、どのような性格の人がよりリスクを取る傾向にあるのかを探りました。その結果、いくつかの興味深い発見があったのです。

    この記事では、その研究内容を詳しく解説していきます。みなさんの性格は、リスクに対してどのような影響を与えているのでしょうか?

    ぜひ、自分の性格を知る手がかりにしてください。また、将来の投資やお金の管理に役立てる知識が得られるはずです。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的で、ビッグファイブに新しく1つの指標を追加した性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!性格のダークさがわかります。

    目次

    リスク許容度と性格の関係を探る研究

    約1,100人の大学生を対象に調査を実施

    本研究は、約1,100人の大学生を対象に、リスク許容度と性格の関係性を探るために行われました。
    調査は2019年1月に実施され、回答者の内訳は以下の通りです。

    • 男性が62%、女性が37%
    • 1年生が15%、2年生が49%、3年生が24%、4年生が11%
    • 平均年齢は21.34歳

    研究チームは、幅広い学年と年齢層から回答を得ることで、より一般化可能な結果を得ることを目指しました。
    この調査によって得られたデータは、性格特性とリスク許容度の関連性を探る上で貴重な情報源となっています。

    ビッグファイブ性格診断を用いて性格特性を評価

    調査では、ビッグファイブ性格診断を用いて回答者の性格特性を評価しました。
    ビッグファイブとは、人格心理学において広く認められている5つの性格特性のことを指します。
    それぞれの性格特性は以下の通りです。

    1. 外向性:社交的で活動的な傾向
    2. 協調性:思いやりがあり協力的な傾向
    3. 誠実性:責任感が強く計画的な傾向
    4. 神経症傾向:不安や情動性が高い傾向
    5. 開放性:好奇心が強く創造的な傾向

    調査では、各性格特性について10項目ずつの質問を用意し、回答者はそれぞれの項目に5段階で評価を行いました。
    この評価によって、回答者のビッグファイブの性格特性のスコアが算出されました。
    ビッグファイブ性格診断は、性格とリスク許容度の関係性を探る上で重要な役割を果たしています。

    リスク許容度に関連する特性についてアンケートを実施

    本研究では、リスク許容度に関連する特性について、Pan and Statman (2013)の論文で使用されたアンケートを参考に調査を行いました。
    アンケートでは、以下のような特性について質問が用意されました。

    • 過剰な自信:自分の能力を過大評価する傾向
    • 最大化志向:常に最良の選択肢を求める傾向
    • 後悔:選択した結果に満足できない傾向
    • 信頼:他者を信頼する傾向
    • 人生満足度:自分の人生に対する満足度
    • 成功要因:成功を運や実力のどちらに帰属させるか

    これらの特性は、過去の研究からリスク許容度との関連性が示唆されているものです。
    アンケートでは、各特性について具体的な状況を想定した質問が用意され、回答者は自分の考えに最も近いものを選択しました。
    このアンケートによって、性格特性とリスク許容度の関連性をより詳細に探ることが可能となりました。

    性格特性とリスク許容度の関連性を分析

    調査で得られたデータを基に、研究チームは性格特性とリスク許容度の関連性を分析しました。
    分析には、統計的手法である回帰分析が用いられました。
    具体的には、以下のような手順で分析が行われました。

    1. ビッグファイブの性格特性スコアを独立変数として設定
    2. リスク許容度に関連する特性スコアを従属変数として設定
    3. 回帰分析を行い、性格特性がリスク許容度に与える影響を検討

    さらに、性別や年齢、家庭環境などとの関連性も分析に組み込むことで、よりニュアンスのある結果が得られました。
    このようにして得られた分析結果は、投資家のリスク許容度を理解する上で重要な示唆を与えてくれます。
    研究チームは、性格特性とリスク許容度の関係性について、複数の興味深い発見を得ることができました。

    性格特性とリスクを取る傾向の関係

    誠実性が高い人は成功を運のおかげだと考える傾向が強い

    分析の結果、誠実性が高い人は、成功を運のおかげだと考える傾向が強いことが明らかになりました。
    一般的に、誠実性の高い人は計画を立て、それに沿って物事を進める傾向があると考えられています。
    しかし、本研究の結果は、誠実性の高い人ほど、自分の努力よりも運を重視する傾向があることを示しています。
    この一見矛盾する結果について、研究チームは以下のような解釈を提示しています。

    • 誠実性の高い人は、計画通りに物事が進まないことを経験から理解している
    • 運の要素を考慮することで、失敗に対するストレスを軽減しているのかもしれない

    つまり、誠実性の高い人は、努力だけでは成功を掴めないことを理解しており、運の要素を受け入れることで心の安定を保っているのかもしれません。
    この結果は、投資家の性格特性を理解する上で、重要な示唆を与えてくれます。
    誠実性の高い投資家は、運の要素を考慮したリスク管理を好む可能性があります。

    ※以下の運の記事だと、また別の視点から分析が行われています。

    誠実性が高い人は過剰な自信を持ちにくい

    本研究では、誠実性が高い人は、過剰な自信を持ちにくいことも明らかになりました。
    過剰な自信とは、自分の能力を実際以上に高く評価する傾向のことを指します。
    一般的に、過剰な自信は、リスクを過小評価する原因となり、投資判断を誤らせる可能性があると考えられています。
    しかし、誠実性の高い人は、以下のような特徴から、過剰な自信を持ちにくいと考えられます。

    • 自分の能力を客観的に評価する傾向がある
    • 慎重に物事を進める傾向がある
    • 失敗の可能性を常に考慮する傾向がある

    このような特徴から、誠実性の高い人は、自分の能力を冷静に判断し、リスクを適切に評価することができると考えられます。
    この結果は、誠実性の高い投資家は、過剰なリスクを取ることなく、堅実な投資判断を下す可能性が高いことを示唆しています。
    投資アドバイザーは、誠実性の高い投資家に対して、リスクとリターンのバランスを重視したアドバイスを行うことが重要だと言えるでしょう。

    開放性が高い人は最大化志向が強い

    本研究では、開放性が高い人は、最大化志向が強いことが明らかになりました。
    開放性とは、新しい経験や考え方に対して開かれている傾向のことを指します。
    一方、最大化志向とは、常に最良の選択肢を求める傾向のことを指します。
    分析の結果、開放性が高い人ほど、最大化志向が強いことが示されました。
    この結果について、研究チームは以下のような解釈を提示しています。

    • 開放性の高い人は、新しい可能性を追求する傾向がある
    • 最良の選択肢を求めることで、新しい経験や成長の機会を得ようとしている

    つまり、開放性の高い人は、新しい経験や成長の機会を求める中で、最良の選択肢を追求する傾向があると考えられます。
    この結果は、開放性の高い投資家は、より高いリターンを求めて、新しい投資商品や戦略に興味を示す可能性が高いことを示唆しています。
    ただし、最大化志向が強すぎると、満足のいく選択肢を見つけられず、意思決定に時間がかかってしまう可能性もあります。
    開放性の高い投資家に対しては、新しい投資機会を提供しつつも、意思決定をサポートすることが重要だと言えるでしょう。

    外向性が高い人は人生満足度が高い傾向がある

    分析の結果、外向性が高い人は、人生満足度が高い傾向があることが明らかになりました。
    外向性とは、社交的で活動的な傾向のことを指します。
    一般的に、外向性の高い人は、以下のような特徴を持っていると考えられています。

    • 積極的に人と交流する
    • 新しい環境に適応しやすい
    • ポジティブな感情を持ちやすい

    このような特徴から、外向性の高い人は、人生の様々な場面で満足感を得やすいと考えられます。
    実際に、本研究の結果は、外向性の高い人ほど、自分の人生に満足している傾向があることを示しています。
    この結果は、外向性の高い投資家は、投資の成果だけでなく、投資活動そのものからも満足感を得られる可能性が高いことを示唆しています。
    外向性の高い投資家に対しては、投資を通じた社会とのつながりや、新しい経験の機会を提供することが重要だと言えるでしょう。
    ただし、過度に楽観的になりすぎないよう、リスクについても適切に伝えることが必要です。

    開放性が高い人は後悔する傾向が低い

    本研究では、開放性が高い人は、後悔する傾向が低いことも明らかになりました。
    後悔とは、選択した結果に満足できず、他の選択肢を選べばよかったと感じる感情のことを指します。
    一般的に、後悔は意思決定に対する自信を低下させ、投資判断を鈍らせる可能性があると考えられています。
    しかし、開放性の高い人は、以下のような特徴から、後悔する傾向が低いと考えられます。

    • 失敗を新しい経験として捉える傾向がある
    • 柔軟に考え方を切り替える傾向がある
    • 現状に固執せず、前を向く傾向がある

    このような特徴から、開放性の高い人は、たとえ結果が望ましくなくても、前向きに捉え直すことができると考えられます。
    この結果は、開放性の高い投資家は、投資の失敗にとらわれず、新しい投資機会を探ることができる可能性が高いことを示唆しています。
    開放性の高い投資家に対しては、失敗から学ぶ機会を提供し、前向きな投資活動を支援することが重要だと言えるでしょう。
    ただし、失敗の教訓を生かせるよう、適切なフィードバックを行うことも必要です。

    投資家のリスク許容度を正確に評価するための提案

    性格分析によって投資家のニーズに合ったポートフォリオ作成が可能

    本研究の結果から、性格分析によって投資家のニーズに合ったポートフォリオ作成が可能であることが示唆されました。
    投資家のリスク許容度は、性格特性と密接に関連していることが明らかになりました。
    例えば、以下のような関連性が見られました。

    • 誠実性の高い投資家は、リスクを慎重に評価する傾向がある
    • 開放性の高い投資家は、新しい投資機会を求める傾向がある
    • 外向性の高い投資家は、投資活動そのものから満足感を得る傾向がある

    これらの関連性を踏まえると、投資家の性格特性を分析することで、それぞれのニーズに合ったポートフォリオを作成できる可能性があります。
    例えば、誠実性の高い投資家には、リスクを抑えた堅実なポートフォリオを提案し、開放性の高い投資家には、新しい投資商品を組み込んだポートフォリオを提案するなどの対応が考えられます。
    このように、性格分析を投資アドバイスに活用することで、投資家の満足度を高め、長期的な投資成果につなげることができるでしょう。

    性格特性とリスク許容度の関係は若年層と経験豊富な投資家で共通

    本研究では、性格特性とリスク許容度の関係性が、若年層と経験豊富な投資家で共通していることも明らかになりました。
    調査対象は大学生でしたが、その結果は過去の研究で示された経験豊富な投資家の結果とも一致していました。
    このことから、以下のような示唆が得られます。

    • 性格特性とリスク許容度の関係性は、投資経験の多寡に関わらず存在する
    • 若年層の投資家に対しても、性格分析を活用したアドバイスが有効である可能性がある
    • 投資家の性格特性は、長期的に安定している可能性がある

    つまり、性格特性とリスク許容度の関係性は、投資家の成長段階に関わらず、普遍的に存在すると考えられます。

    投資アドバイザーは、若年層の投資家に対しても、性格分析を活用することで、より的確なアドバイスを提供できるかもしれません。

    また、投資家の性格特性が長期的に安定しているとすれば、一度性格分析を行えば、その結果を長期的な投資アドバイスに活用できる可能性があります。

    ただし、性格特性とリスク許容度の関係性が、ライフステージによって変化する可能性もあるため、定期的な再評価も必要だと言えるでしょう。

    自己評価にバイアスがかかる可能性がある性格特性に注意が必要

    本研究では、自己評価にバイアスがかかる可能性がある性格特性についても言及されています。

    具体的には、神経症傾向の高い人は、自己評価にバイアスがかかる可能性が高いことが示唆されました。 神経症傾向の高い人は、以下のような特徴を持っていると考えられています。

    • 不安や心配が多い
    • 感情の起伏が激しい
    • 自己評価が不安定になりやすい

    このような特徴から、神経症傾向の高い人は、自己評価が現実と乖離している可能性があります。

    例えば、リスク許容度を自己評価する際に、実際よりも高く(または低く)評価してしまう可能性があります。 このようなバイアスは、適切な投資アドバイスを提供する上での障害となる可能性があります。

    投資アドバイザーは、神経症傾向の高い投資家に対しては、自己評価だけでなく、客観的な指標も参考にしながら、リスク許容度を評価することが重要だと言えるでしょう。

    複数回のリスク評価でバイアスを軽減できる可能性

    本研究では、複数回のリスク評価を行うことで、自己評価のバイアスを軽減できる可能性についても言及されています。

    神経症傾向の高い人は、自己評価が一時的な感情状態に左右される可能性があります。 そのため、一度だけのリスク評価では、バイアスが混入してしまう可能性があります。

    しかし、複数回のリスク評価を行うことで、以下のようなメリットが期待できます。

    • 一時的な感情状態の影響を平準化できる
    • 評価の一貫性を確認できる
    • 評価の変化を追跡できる

    つまり、複数回のリスク評価を行うことで、より安定的で信頼性の高い評価結果が得られると考えられます。

    投資アドバイザーは、特に神経症傾向の高い投資家に対しては、複数回のリスク評価を行うことを検討すべきでしょう。

    ただし、評価の間隔や方法については、投資家の特性や状況に応じて、適切に設定する必要があります。

    複数回のリスク評価を効果的に活用することで、投資家のリスク許容度をより正確に把握し、適切な投資アドバイスにつなげることができるでしょう。

    研究結果の活用と今後の展望

    ファイナンシャルアドバイザーによる性格特性を考慮したアドバイス

    本研究の結果は、ファイナンシャルアドバイザーによる性格特性を考慮したアドバイスの重要性を示唆しています。

    投資家のリスク許容度は、性格特性と密接に関連していることが明らかになりました。 このことは、投資アドバイスを行う際に、投資家の性格特性を考慮することが重要であることを意味しています。

    例えば、以下のようなアドバイスが考えられます。

    • 誠実性の高い投資家には、リスクを慎重に評価するための情報提供を行う
    • 開放性の高い投資家には、新しい投資商品や戦略の提案を行う
    • 外向性の高い投資家には、投資コミュニティへの参加を促す

    このように、投資家の性格特性に合わせたアドバイスを行うことで、投資家の満足度を高め、長期的な投資成果につなげることができるでしょう。

    ファイナンシャルアドバイザーは、性格分析の手法を学び、それを投資アドバイスに活用していくことが求められます。

    また、性格特性とリスク許容度の関係性についての最新の研究動向を追跡し、アドバイスに反映していくことも重要だと言えるでしょう。

    投資家の性格に合わせたポートフォリオ提案の可能性

    本研究の結果は、投資家の性格特性に合わせたポートフォリオ提案の可能性を示唆しています。

    性格特性とリスク許容度の関係性が明らかになったことで、投資家のニーズに合ったポートフォリオを作成できる可能性が高まりました。 例えば、以下のようなポートフォリオ提案が考えられます。

    • 誠実性の高い投資家には、リスクを抑えた堅実なポートフォリオを提案する
    • 開放性の高い投資家には、新しい投資商品を組み込んだポートフォリオを提案する
    • 外向性の高い投資家には、社会的責任投資(SRI)を組み込んだポートフォリオを提案する

    このように、投資家の性格特性に合わせてポートフォリオを提案することで、投資家の満足度を高め、長期的な投資成果につなげることができるでしょう。 ただし、ポートフォリオ提案を行う際には、以下のような点に注意が必要です。

    • 投資家の財務状況やライフプランを考慮する
    • 投資家の理解度に合わせて、説明を行う
    • 定期的にポートフォリオの見直しを行う

    投資家の性格特性に合わせたポートフォリオ提案は、投資家のニーズに応えるための有力な手段となるでしょう。

    ファイナンシャルアドバイザーは、性格分析の結果を活用しながら、投資家に最適なポートフォリオを提案していくことが求められます。

    リスク許容度評価の精度向上による投資家満足度の向上

    本研究の結果は、リスク許容度評価の精度向上が、投資家満足度の向上につながる可能性を示唆しています。

    投資家のリスク許容度を正確に評価することは、適切な投資アドバイスを提供する上で不可欠です。

    本研究では、性格特性を考慮することで、リスク許容度評価の精度を高められる可能性が示されました。 リスク許容度評価の精度が向上することで、以下のようなメリットが期待できます。

    • 投資家のニーズに合った投資アドバイスを提供できる
    • 投資家の期待とのギャップを減らせる
    • 投資家との長期的な信頼関係を構築できる

    つまり、リスク許容度評価の精度向上は、投資家満足度の向上につながると考えられます。 投資家が自分のニーズに合った投資アドバイスを受けられることで、投資に対する満足度が高まるでしょう。

    また、投資家の期待とのギャップが減ることで、投資の失敗に対する不満も減らせるかもしれません。 さらに、適切なアドバイスを継続的に提供することで、投資家との長期的な信頼関係を構築することができるでしょう。

    ファイナンシャルアドバイザーは、リスク許容度評価の精度向上に努め、投資家満足度の向上を目指すことが求められます。

    本研究の知見を活用しながら、性格特性を考慮したリスク許容度評価を行っていくことが重要だと言えるでしょう。

    性格特性とリスク許容度の関係性についてのさらなる研究の必要性

    本研究は、性格特性とリスク許容度の関係性について、新たな知見を提供しましたが、さらなる研究の必要性も示唆しています。

    今回の研究では、大学生を対象とした調査が行われましたが、より幅広い年齢層を対象とした研究も必要だと考えられます。

    また、性格特性とリスク許容度の関係性が、文化的背景によって異なる可能性についても検討が必要でしょう。 さらに、以下のような点についても、さらなる研究が求められます。

    • 性格特性とリスク許容度の関係性の因果関係
    • 性格特性以外の要因とリスク許容度の関係性
    • リスク許容度の変化と性格特性の変化の関係性

    これらの点について明らかにすることで、より効果的な投資アドバイスを提供できるようになるかもしれません。

    例えば、性格特性とリスク許容度の関係性の因果関係が明らかになれば、性格特性を変化させることでリスク許容度を調整できる可能性があります。

    また、性格特性以外の要因とリスク許容度の関係性が明らかになれば、より多面的な視点から投資家のニーズを捉えることができるでしょう。

    本研究は、性格特性とリスク許容度の関係性について、重要な知見を提供しましたが、さらなる研究の積み重ねが求められています。 今後の研究の進展に期待したいと思います。

    若年層と成人での性格特性とリスク許容度の関係性の違いの探求

    本研究では、若年層を対象とした調査が行われましたが、成人との違いについても探求する必要があります。

    性格特性とリスク許容度の関係性は、若年層と成人で異なる可能性があるためです。 例えば、以下のような違いが考えられます。

    • 若年層は、経験不足からリスクを過小評価する傾向がある
    • 成人は、ライフステージの変化に伴ってリスク許容度が変化する
    • 若年層は、ピア・プレッシャーの影響を受けやすい

    このような違いを明らかにすることで、年齢層に応じたより効果的な投資アドバイスを提供できるようになるかもしれません。

    若年層に対しては、リスクについての教育を重視し、過度なリスクテイクを防ぐことが重要だと考えられます。

    一方、成人に対しては、ライフステージの変化を考慮しながら、リスク許容度の変化に合わせたアドバイスを提供することが求められるでしょう。

    また、若年層に対しては、ピア・プレッシャーの影響を考慮し、適切な投資行動を促すことが重要かもしれません。

    若年層と成人での性格特性とリスク許容度の関係性の違いを探求することは、ライフステージに応じた効果的な投資アドバイスを提供する上で重要な意味を持つと考えられます。

    今後の研究の進展に期待したいと思います。

    文化的背景による性格特性とリスク許容度の関係性の違いの研究

    本研究は、欧米の大学生を対象とした調査に基づいていますが、文化的背景が異なる国や地域での研究も必要だと考えられます。

    性格特性とリスク許容度の関係性は、文化的背景によって異なる可能性があるためです。 例えば、以下のような違いが考えられます。

    • 集団主義的な文化では、リスクテイクが抑制される傾向がある
    • 不確実性の回避傾向が強い文化では、リスク許容度が低くなる傾向がある
    • 長期志向の文化では、短期的なリスクよりも長期的なリターンを重視する傾向がある

    このような文化的背景による違いを明らかにすることで、グローバルな投資アドバイスを提供する上での示唆が得られるかもしれません。

    例えば、集団主義的な文化圏の投資家に対しては、社会的規範を考慮したアドバイスが必要になるかもしれません。

    また、不確実性の回避傾向が強い文化圏の投資家に対しては、リスクについての丁寧な説明が求められるでしょう。

    さらに、長期志向の文化圏の投資家に対しては、短期的な市場の変動に惑わされない長期的な投資戦略を提案することが重要かもしれません。

    文化的背景による性格特性とリスク許容度の関係性の違いを研究することは、グローバルな投資アドバイスを提供する上で重要な意味を持つと考えられます。

    今後の研究の進展に期待したいと思います。 文化的背景を考慮することで、より多様な投資家のニーズに応えることができるでしょう。

    最後に

    以上、性格特性とリスク許容度の関係性について、アメリカの研究チームの発見をご紹介しました。

    これらの発見は、私たちの投資行動を考える上で、重要な示唆を与えてくれます。自分の性格特性を理解することで、リスクに対する自分の傾向を知ることができるでしょう。

    そして、その傾向を踏まえて、自分に合った投資方法を選択することが可能になります。

    ただし、性格特性はあくまでも一つの要因に過ぎません。

    投資を行う際には、自分の財務状況やライフプランなども十分に考慮する必要があります。また、専門家のアドバイスを求めることも大切です。

    この研究は、まだ発展途上の分野ではありますが、今後の研究の進展によって、さらに効果的な投資アドバイスが可能になるかもしれません

    みなさんも、自分の性格特性を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。賢明な投資家への第一歩になるはずです。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。