コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 起業家の性格とは?どんな人が成果を出す?論文を解説

起業家の性格とは?どんな人が成果を出す?論文を解説

    起業家の性格

    起業家の性格とは、一体どのようなものなのでしょうか。

    起業家には、独特の性格特性があると言われています。

    例えば、「リスクを恐れない」「新しいことに挑戦する」「先を見据えて行動する」といった特徴です。

    これらの性格特性は、起業家としての成功に大きな影響を与えていると考えられています。

    しかし、起業家の性格を科学的に研究することは、簡単ではありません。

    なぜなら、性格は目に見えないものだからです。

    そのため、起業家の性格を測定するための「尺度」が必要になります。

    そこで、ある研究者たちが、新しい尺度を開発しました。

    その尺度は、「HEXACO-IEO」と呼ばれています。

    HEXACO-IEOは、広く利用されている性格検査である「HEXACO-100」の項目を基に作られました。

    この研究は「Using the HEXACO-100 to measure Individual Entrepreneurial Orientation: Introducing the HEXACO-IEO」というタイトルで発表されました。

    HEXACO-IEOの開発は、起業家の性格研究に新たな選択肢を提供するものです。

    それは、起業家の性格をより深く理解するための重要な一歩となるでしょう。

    こちらからHEXACO性格診断をうけることができます!

    目次

    起業家の性格を理解することの重要性

    起業成果と起業家の性格の関連

    起業家の性格は、その人の起業成果と密接に関係しています。
    多くの研究が、特定の性格特性と起業成果との間に有意な関連があることを示しています。
    例えば、以下のような性格特性が注目されてきました。

    • 達成欲求
    • 統制の所在
    • 独立性

    これらの性格特性が高い人は、起業家としてより成功しやすいことが分かっています。
    一方で、従来の研究アプローチには限界もあります。
    個々の性格特性に着目するだけでは、起業家の性格を包括的に理解することが難しいのです。
    そこで、近年では新たな研究アプローチが注目されています。
    それが、高次の性格特性の多次元概念化です。
    この研究アプローチは、起業家の性格をより総合的に捉えることを目指しています。

    従来の「起業家の性格」研究アプローチとその限界

    従来の研究では、個々の性格特性と起業成果との関連が検討されてきました。
    例えば、以下のような性格特性が取り上げられています。

    • 達成欲求
    • 統制の所在
    • 独立性

    これらの性格特性が高い人は、起業家としてより成功しやすいことが示されています。
    しかし、この研究アプローチには限界もあります。
    個々の性格特性に着目するだけでは、起業家の性格を包括的に理解することが難しいのです。
    なぜなら、起業成果に関連する性格特性は多岐にわたるからです。
    また、性格特性間の相互作用も無視できません。
    従来の研究アプローチでは、これらの点が十分に考慮されていないのが現状です。
    そのため、起業家の性格の全体像を捉えることが困難でした。
    この限界を克服するために、新たな研究アプローチが求められています。

    起業家の性格:起業家指向性(IEO)とは

    起業家の性格の3つの次元

    個人の起業家指向性(IEO)は、リスクテイキング、革新性、先駆性の3つの次元で構成されています。
    これらの次元は、起業成果に関連する重要な性格特性だと考えられています。
    まず、リスクテイキングは以下のような特徴があります。

    • 不確実な状況下での意思決定を厭わない
    • 失敗を恐れずに行動する
    • 高いリターンを求めて挑戦する

    次に、革新性は以下のような特徴があります。

    • 新しいアイデアを生み出す
    • 既存の枠組みにとらわれない
    • 創造的な問題解決を図る

    最後に、先駆性は以下のような特徴があります。

    • 機会を素早く捉える
    • 先を見据えて行動する
    • 変化を先導する

    これらの次元が高い人は、起業家としての素質を備えていると言えるでしょう。

    IEOが起業家の意図や成功を予測する理由

    IEOが高い人は、起業家としての意図を持ちやすく、実際に起業した場合の成功確率も高くなります。
    その理由は、以下の3つの点に集約できます。

    1. リスクテイキング:不確実性の高い起業に踏み出す勇気がある
    2. 革新性:新しい事業アイデアを生み出す創造力がある
    3. 先駆性:事業機会を素早く捉えて行動する積極性がある

    これらの特性は、起業家に必要不可欠な要素だと考えられています。
    IEOが高い人は、起業家としての素質を備えているため、起業に対する意欲が高くなるのです。
    また、実際に起業した場合も、その特性を発揮することで成功確率が高まります。
    例えば、リスクテイキングの高さは、困難な局面での決断力につながります。
    革新性は、差別化された商品・サービスの開発に役立ちます。
    先駆性は、競合他社に先んじて市場を開拓する原動力になります。
    このように、IEOは起業家の意図や成功を予測する上で重要な指標なのです。

    IEOの概念化と操作化が比較的新しい現状

    IEOの概念化と操作化は、比較的新しい研究テーマです。
    この概念自体は、2000年代後半から注目され始めました。
    しかし、その定義や測定方法については、まだ統一的な見解が得られていません。
    研究者によって、IEOの捉え方や尺度の作成方法が異なるのが現状です。
    例えば、以下のような点で違いが見られます。

    • IEOの構成次元の数や内容
    • 次元間の関連性の強さ
    • 尺度項目の表現方法

    このように、IEOの概念化と操作化には、まだ課題が残されています。
    特に、IEOの測定尺度の開発は、重要な研究テーマの1つです。
    信頼性と妥当性の高い尺度を作成することが求められています。
    そのためには、IEOの概念的定義を明確にし、それに基づいて尺度項目を精査する必要があります。
    また、異なる文化圏での適用可能性も検討しなければなりません。
    IEOの概念化と操作化は、まだ発展途上の研究分野なのです。

    既存の性格検査による「起業家の性格」研究

    広く使われている性格検査の活用

    IEOの研究を進める上で、広く使われている性格検査を活用することが有効です。
    性格検査は、個人の性格特性を測定するための標準化された尺度です。
    多くの研究で使用されており、信頼性と妥当性が確認されています。
    例えば、以下のような性格検査があります。

    • ビッグファイブ
    • HEXACO
    • MMPI

    これらの性格検査を用いることで、IEOの研究を効率的に進めることができます。
    なぜなら、既存のデータを再分析することで、新たな知見が得られる可能性があるからです。
    例えば、過去に性格検査を用いた研究で収集されたデータがあるとします。
    そのデータをIEOの観点から再分析することで、IEOと他の性格特性との関連性が明らかになるかもしれません。
    また、性格検査を用いることで、IEOの測定尺度の開発にも役立ちます。
    既存の性格検査の項目の中から、IEOに関連する項目を選定することができます。
    このように、広く使われている性格検査は、IEO研究の発展に寄与すると期待されています。

    HEXACO-100性格検査の特徴と利点

    HEXACO-100性格検査は、IEO研究に活用できる有力な性格検査の1つです。
    この性格検査は、6つの主要次元と25の下位次元で構成された包括的な性格検査です。
    主要次元は以下の6つです。

    1. 正直-謙虚さ
    2. 情緒安定性
    3. 外向性
    4. 協調性
    5. 誠実性
    6. 開放性

    各次元は、さらに4つの下位次元に分かれています。
    HEXACO-100は、非営利の学術目的で自由に使用できるという利点があります。
    そのため、多くの研究者に利用されており、大規模なデータが蓄積されています。
    このデータを活用することで、IEOに関する新たな知見が得られる可能性があります。
    また、HEXACO-100は、文化的な普遍性が高いことも特徴の1つです。
    多くの言語に翻訳されており、異文化間での比較研究にも適しています。

    HEXACO-100とIEOの関連性に着目した研究

    HEXACO-100とIEOの関連性に着目した研究が行われ、新たな知見が得られています。
    この研究では、以下の点が明らかになりました。

    • HEXACO-100の特定の次元とIEOの次元に相関がある
    • HEXACO-100の項目の中には、IEOを測定できるものがある
    • HEXACO-100を用いることで、IEOの理解が深まる可能性がある

    具体的には、HEXACO-100の情緒安定性、外向性、開放性、誠実性の次元が、IEOの次元と関連していることが示されました。
    例えば、情緒安定性と外向性はリスクテイキングと、開放性は革新性と、誠実性は先駆性と関連しています。
    また、HEXACO-100の項目の中には、IEOを直接的に測定できるものがあることも分かりました。
    これらの項目を組み合わせることで、IEOの新たな測定尺度を開発できる可能性があります。
    HEXACO-100とIEOの関連性に着目した研究は、IEO研究の新たな方向性を示唆しています。
    両者の関係性を探ることで、IEOの理解がより深まると期待されます。

    起業家の性格:HEXACO-IEOの開発

    HEXACO-100と「起業家の性格」の関連分析

    HEXACO-100とIEO尺度の関連分析によって、両者の関係性が明らかになりました。
    この分析では、以下のような手順が取られました。

    1. HEXACO-100の各項目とIEO尺度の下位尺度との相関係数を算出
    2. 相関係数の高い項目を選定
    3. 選定された項目の因子分析を実施

    その結果、HEXACO-100の特定の項目が、IEOの下位尺度と強く関連していることが分かりました。
    具体的には、以下のような関連性が見られました。

    • 情緒安定性と外向性の項目:リスクテイキングと関連
    • 開放性の項目:革新性と関連
    • 誠実性の項目:先駆性と関連

    これらの項目は、IEOの各次元の特徴を反映していると考えられます。
    例えば、情緒安定性と外向性の項目は、不確実性への対処や社交性に関連しています。
    開放性の項目は、創造性や新奇性追求に関連しています。
    誠実性の項目は、目標達成への意欲や計画性に関連しています。
    HEXACO-100とIEO尺度の関連分析は、両者の概念的な重なりを示しています。
    この知見は、IEOの測定尺度の開発に役立つと期待されます。

    「起業家の性格」を測定できるHEXACO-100の17項目

    HEXACO-100とIEO尺度の関連分析の結果、IEOを適切に測定できる17項目が特定されました。
    これらの項目は、以下のように分類されています。

    • リスクテイキング:6項目
    • 革新性:6項目
    • 先駆性:5項目

    リスクテイキングの項目は、以下のような内容です。

    • 不確実な状況でも行動する
    • 社会的に大胆な行動をとる
    • 高いリターンを求めて挑戦する

    革新性の項目は、以下のような内容です。

    • 創造的なアイデアを出す
    • 型にはまらない考え方をする
    • 新しいことを追求する

    先駆性の項目は、以下のような内容です。

    • 計画的に行動する
    • 目標達成に向けて努力する
    • 先を見据えて行動する

    これらの項目は、IEOの概念的定義に合致しており、内容的妥当性が高いと考えられます。
    また、項目数も適切であり、回答者の負担が少ないという利点があります。
    HEXACO-100から特定された17項目は、IEOの新たな測定尺度として活用できる可能性があります。
    既存のIEO尺度との比較検討を行うことで、その有用性が確認されると期待されます。

    起業家の性格:リスクテイキング、革新性、先駆性

    HEXACO-100から特定された17項目は、リスクテイキング、革新性、先駆性の3つの下位尺度で構成されています。
    この新しい尺度は、HEXACO-IEOと名付けられました。
    各下位尺度の特徴は、以下の通りです。

    1. リスクテイキング(6項目):不確実性への対処や挑戦的な行動に関する項目
    2. 革新性(6項目):創造性や新奇性追求に関する項目
    3. 先駆性(5項目):目標達成への意欲や計画性に関する項目

    これらの下位尺度は、IEOの概念的定義に基づいて構成されています。
    また、各下位尺度の項目数はバランスが取れており、尺度全体の信頼性と妥当性が確保されていると考えられます。
    HEXACO-IEOは、以下のような利点があります。

    • HEXACO-100という広く使われている性格検査から派生した尺度である
    • 項目数が少なく、回答者の負担が小さい
    • IEOの概念的定義に合致した内容の項目で構成されている

    HEXACO-IEOは、IEO研究の新たな選択肢として期待されています。
    既存のIEO尺度との比較検討を通じて、その有用性が確認される必要があります。
    また、異なる文化圏での適用可能性の検証も求められます。
    HEXACO-IEOの開発は、IEO研究の発展に寄与すると考えられます。

    起業家の性格:HEXACO-IEOの妥当性

    既存の「起業家の性格」の測定との収束的妥当性

    HEXACO-IEOと既存のIEO尺度との間に、高い収束的妥当性が確認されました。
    収束的妥当性とは、同じ概念を測定していると考えられる尺度間で高い相関が見られることを意味します。
    HEXACO-IEOと既存のIEO尺度の関連性を調べるために、以下のような分析が行われました。

    • 相関分析
    • 確認的因子分析

    その結果、HEXACO-IEOの下位尺度と既存のIEO尺度の下位尺度との間に、強い正の相関が見られました。
    具体的には、以下のような相関係数が得られました。

    • リスクテイキング:0.78
    • 革新性:0.84
    • 先駆性:0.90

    また、HEXACO-IEOの合計得点と既存のIEO尺度の合計得点との間にも、非常に高い正の相関(0.97)が見られました。
    これらの結果は、HEXACO-IEOが既存のIEO尺度と同様の概念を測定していることを示しています。
    つまり、HEXACO-IEOは、IEOの測定尺度として妥当性が高いと言えます。
    収束的妥当性の確認は、HEXACO-IEOの有用性を裏付ける重要な証拠となります。
    今後は、他の妥当性指標との関連性を検討することで、HEXACO-IEOの妥当性がさらに確かめられると期待されます。

    起業家の性格:態度や意図との関連性

    HEXACO-IEOは、起業家としての態度や意図と正の関連性を示しました。
    この結果は、HEXACO-IEOが起業家の性格を適切に捉えていることを示唆しています。
    具体的には、以下のような関連性が見られました。

    • HEXACO-IEOの合計得点と起業家としての態度との間に、弱い正の相関(0.20)
    • HEXACO-IEOの合計得点と起業家としての意図との間に、弱い正の相関(0.24)

    これらの相関係数は、既存のIEO尺度と同程度の値でした。
    つまり、HEXACO-IEOは、既存のIEO尺度と同様に、起業家としての態度や意図を予測できると言えます。
    また、HEXACO-IEOの下位尺度別に見ると、以下のような結果が得られました。

    • 革新性は、起業家としての態度と最も強く関連していた(0.27)
    • リスクテイキングは、起業家としての意図と最も強く関連していた(0.25)

    これらの結果は、IEOの各次元が起業家としての態度や意図に異なる影響を与えていることを示唆しています。

    起業家の性格:HEXACO-IEOの基準関連妥当性の確認

    HEXACO-IEOは、起業経験との関連性において、基準関連妥当性が確認されました。
    基準関連妥当性とは、尺度得点と外的基準との関連性の強さを示す指標です。
    この研究では、起業経験の有無が外的基準として用いられました。
    具体的には、以下のような関連性が見られました。

    • HEXACO-IEOの合計得点と起業経験(これまでに起業したことがあるか)との間に、中程度の正の相関(0.31)
    • HEXACO-IEOの合計得点と起業経験(現在起業しているか)との間に、弱い正の相関(0.25)

    これらの相関係数は、既存のIEO尺度と同程度の値でした。
    つまり、HEXACO-IEOは、既存のIEO尺度と同様に、起業経験の有無を弁別できると言えます。
    また、HEXACO-IEOの下位尺度別に見ると、以下のような結果が得られました。

    • 革新性は、起業経験(これまで)と最も強く関連していた(0.32)
    • リスクテイキングと革新性は、起業経験(現在)と同程度に関連していた(0.20-0.21)

    これらの結果は、IEOの各次元が起業経験に異なる影響を与えていることを示唆しています。
    特に、革新性が起業経験と強く関連していたことは注目に値します。
    HEXACO-IEOは、起業経験との関連性において、既存のIEO尺度と同等の基準関連妥当性を有していると考えられます。
    この結果は、HEXACO-IEOの実践的有用性を裏付けるものと言えます。

    起業家の性格:HEXACO-IEOの活用

    過去のHEXACO-100データを用いた「起業家の性格」研究の展開

    HEXACO-IEOの開発によって、過去のHEXACO-100データを用いたIEO研究が可能になりました。
    これまでに蓄積されたHEXACO-100のデータは、IEOの観点から再分析できます。
    例えば、以下のような研究が考えられます。

    • IEOと他の性格特性との関連性の検討
    • IEOの年齢差や性差の検討
    • IEOと職業選択との関連性の検討

    これらの研究を通じて、IEOに関する新たな知見が得られると期待されます。
    特に、大規模なデータを用いることで、頑健な結果が得られるでしょう。
    また、過去のデータを活用することで、研究コストを抑えることができます。
    既存のデータを有効活用することは、研究効率の向上につながります。
    HEXACO-IEOは、過去のHEXACO-100データを活用した研究を促進する役割を果たします。
    今後、様々な研究領域でHEXACO-IEOが活用され、IEOに関する理解が深まっていくと考えられます。
    過去のデータの再分析は、IEO研究の発展に大きく寄与すると期待されます。

    起業家の性格研究に新たな選択肢を提供

    HEXACO-IEOは、起業家の性格研究に新たな選択肢を提供します。
    これまでのIEO研究では、専用の尺度が用いられることが多くありました。
    しかし、HEXACO-IEOの開発によって、広く利用されている性格検査の枠組みの中でIEOを捉えることが可能になりました。
    このことは、以下のような利点をもたらします。

    • 研究結果の一般化可能性が高まる
    • 他の性格特性との関連性を検討しやすくなる
    • 既存のデータを活用した研究が可能になる

    HEXACO-IEOを用いることで、起業家の性格研究がより包括的なものになると考えられます。
    また、HEXACO-IEOは、他の性格検査との比較可能性を高めます。
    これまでに蓄積された性格検査のデータと、IEOのデータを結びつけることができるようになります。
    このことは、起業家の性格研究の発展に大きく寄与すると期待されます。
    HEXACO-IEOは、起業家の性格研究に新たな視点をもたらします。
    今後、HEXACO-IEOを用いた研究が活発に行われることで、起業家の性格に関する理解が深まっていくと考えられます。

    起業家の性格を性格研究の包括的な枠組みの中に位置づける

    HEXACO-IEOの開発によって、IEOが性格の包括的な枠組みの中に位置づけられました。
    HEXACO-IEOは、広く利用されている性格検査であるHEXACO-100の項目から構成されています。
    このことは、IEOが性格の包括的な枠組みの一部であることを示唆しています。
    具体的には、以下のような点が明らかになりました。

    • IEOは、HEXACO-100の特定の次元と関連している
    • IEOは、性格の基本的な構成要素の一部である
    • IEOは、性格の個人差を説明する要因の一つである

    これらの知見は、IEOを性格の包括的な枠組みの中で捉えることの重要性を示しています。
    IEOは、単独で存在するのではなく、性格全体の中で機能していると考えられます。
    HEXACO-IEOを用いることで、IEOと他の性格特性との関連性を体系的に検討することができます。
    このことは、IEOの位置づけをより明確にすることにつながります。
    また、性格の包括的な枠組みの中でIEOを捉えることで、新たな理論的示唆が得られると期待されます。
    IEOを性格の包括的な枠組みの中に位置づけることは、IEO研究の発展に大きく寄与すると考えられます。

    起業家の性格:リスクテイキング次元の内的一貫性の改善

    HEXACO-IEOのリスクテイキング次元の内的一貫性は、他の次元に比べてやや低い値でした。
    この結果は、リスクテイキング次元の項目の改善が必要であることを示唆しています。
    具体的には、以下のような点が考えられます。

    • リスクテイキングの概念的定義を再検討する
    • リスクテイキングの項目内容を見直す
    • リスクテイキングの項目数を増やす

    これらの改善策を通じて、リスクテイキング次元の内的一貫性を高めることが期待されます。
    内的一貫性が高まることで、リスクテイキング次元の信頼性が向上し、測定の精度が高まります。
    また、リスクテイキングの概念的定義を再検討することで、概念的妥当性も高まると考えられます。
    リスクテイキング次元の内的一貫性の改善は、HEXACO-IEOの信頼性と妥当性の向上につながります。
    今後、リスクテイキング次元の改善に向けた研究が行われることが望まれます。
    HEXACO-IEOのリスクテイキング次元の内的一貫性の改善は、IEO研究の発展に寄与すると期待されます。

    起業家の性格:他の文化圏への一般化可能性の検証

    HEXACO-IEOの他の文化圏への一般化可能性を検証することが求められます。
    この研究で用いられたサンプルは、主に米国の大学生でした。
    しかし、IEOは文化的な影響を受ける可能性があります。
    そのため、他の文化圏でもHEXACO-IEOが適用可能かどうかを確認する必要があります。
    具体的には、以下のような点が検討課題として挙げられます。

    • 他の文化圏でのHEXACO-IEOの信頼性と妥当性の検証
    • 他の文化圏でのHEXACO-IEOの因子構造の検証
    • 他の文化圏でのHEXACO-IEOの得点分布の検証

    これらの検討を通じて、HEXACO-IEOの文化的な普遍性が確認されると期待されます。
    また、文化的な特殊性が見られる場合には、その要因を探ることも重要です。
    文化的な要因がIEOに与える影響を明らかにすることで、IEOの理解がより深まると考えられます。
    HEXACO-IEOの他の文化圏への一般化可能性の検証は、IEO研究の国際的な発展に寄与します。
    今後、様々な文化圏でHEXACO-IEOを用いた研究が行われることが期待されます。
    他の文化圏への一般化可能性の検証は、HEXACO-IEOの実用性を高めるために不可欠な課題と言えます。

    起業家の性格:今後の課題と展望

    起業家の性格研究の更なる発展に向けて

    HEXACO-IEOの開発は、起業家の性格研究の更なる発展に向けた重要な一歩となります。
    HEXACO-IEOは、IEOの測定に新たな選択肢を提供するだけでなく、様々な研究の可能性を広げます。
    今後、以下のような研究の発展が期待されます。

    • IEOと他の性格特性との関連性の解明
    • IEOの形成要因の探索
    • IEOと起業成果との関連性の検討

    これらの研究を通じて、起業家の性格に関する理解が大きく前進すると考えられます。
    特に、IEOと他の性格特性との関連性を明らかにすることは、起業家の性格の全体像を捉える上で重要な意味を持ちます。
    また、IEOの形成要因を探ることで、起業家教育のあり方についての示唆が得られるでしょう。
    IEOと起業成果との関連性を検討することは、IEOの実践的意義を明確にすることにつながります。
    HEXACO-IEOを用いた研究は、起業家の性格研究の可能性を大きく広げるものと言えます。
    今後、様々な研究領域でHEXACO-IEOが活用され、起業家の性格に関する知見が蓄積されていくことが期待されます。
    HEXACO-IEOの開発は、起業家の性格研究の更なる発展のための重要な基盤となるでしょう。

    最後に起業家の性格のまとめ

    まとめとして、HEXACO-IEOの開発は、起業家の性格研究に新たな可能性をもたらすものだと言えます。

    これまで、起業家の性格を測定する尺度はいくつか存在していましたが、それらには改善の余地がありました。

    HEXACO-IEOは、そうした既存の尺度の問題点を克服し、より信頼性と妥当性の高い測定を可能にします。

    HEXACO-IEOの大きな特徴は、既存の性格検査である「HEXACO-100」の枠組みの中で、IEOを測定できるようにしたことです。

    これにより、HEXACO-100を用いた過去の研究データを、IEOの観点から再分析することが可能になります。

    起業家の性格は、起業家教育を考える上でも重要なテーマです。

    起業家に必要な性格特性を明らかにすることで、より効果的な起業家教育のあり方を探ることができます。

    なお、こちらからHEXACO性格診断をうけることができます!

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し「悪者図鑑」を出版。現在も引き続き、社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。