コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » ENFJ-T(主人公・慎重型)を論文30本以上で科学的に解説

ENFJ-T(主人公・慎重型)を論文30本以上で科学的に解説

    ENFJ-A、ENFJ-T、主人公、Protagonist

    ENFJ-Tタイプって知っていますか?

    これは性格を表す指標の一つで、私たちの行動や考え方に大きな影響を与えています。

    この記事では、ENFJ-Tの人がどんな特徴を持っているのか、健康面や仕事、人間関係などについて詳しく解説します。

    自分や周りの人の性格をよく知ることで、より良いコミュニケーションや自己理解につながるかもしれません。

    ぜひ、自分や友達の性格と比べながら読んでみてください。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    目次

    ENFJ-T(主人公・慎重型)の科学的な背景

    MBTIの概要

    MBTIは性格を16タイプに分類する心理学の理論です。

    そもそもMBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター(Myers-Briggs Type Indicator)の略称です。

    MBTIでは、以下の4つの指標を組み合わせて性格を16タイプに分類します。

    つまり、MBTIでは自分の性格傾向を「ISTJ」や「ENFP」などの4文字で表現するのです。似ているものとしてとても有名な16personalitiesがありますが、これはMBTIとは違います。

    ビッグファイブの概要

    性格心理学において最も有力な特性理論の一つが「ビッグファイブ(Big Five)」です。

    ビッグファイブは、開放性誠実性外向性協調性神経症傾向の5つの特性を測定します。

    また、16personalitiesやMBTIはタイプ分類(例、外向的か内向的かのどちらか)を用いるのに対して、ビッグファイブが特性を連続的な数値で評価する(例、外向性3.5)点も大きな違いです。

    さらに、古くから研究されており、論文数も多く、学力や所得、脳や遺伝など、他の分野でも多くの研究が行われています。ビッグファイブの方が比較的、科学的な裏付けが強いと言えます。

    MBTI・ビッグファイブ・HEXACOの相関関係

    MBTIの4指標とビッグファイブの5因子には相関関係があります。

    この相関を示した代表的な研究に、「The relationship between the revised NEO-Personality Inventory and the Myers-Briggs Type Indicator」という論文があります。

    この論文によると、MBTIとビッグファイブの相関は以下の通りです。

    また、MBTIとビッグファイブを参考にして作られた16personalitiesでは、ビッグファイブの神経症傾向が「アイデンティティ」と呼ばれており、自信(Assertive)か、慎重(Turbulent)かで分類されています。

    一番右には比較的新しい性格診断である「HEXACO(ヘキサコ)」があります。ビッグファイブに1つ指標「正直・謙虚さ」を加えて改良されています。

    本記事ではこの相関関係に基づいて、16personalitiesの性格タイプを詳細に解説していきます。

    元々はビッグファイブやHEXACOの研究なので、MBTIや16personalitiesよりも科学的に性格を知りたい場合は、こちらのHEXACO性格診断を受けてみてください。

    ENFJ-T(主人公・慎重型)とは?

    ENFJ-Tは、ビッグファイブの高い外向性(E)、高い開放性(N)、高い協調性(F)、高い誠実性(J)、高い神経症傾向(T)を持つタイプです。特徴:

    • 強い社会的責任感と理想主義
    • 他者の期待への敏感さ
    • 共感力と洞察力の高さ
    • リーダーシップへの不安
    • 継続的な自己改善欲求

    彼らは人々を導き、支援することに強い使命感を感じます。しかし、自分の能力や決定に対して疑問を持つことも多いです。

    対人関係では、深い繋がりと調和を重視しますが、他者の批判や失望に過敏に反応することがあります。変化や不確実性にストレスを感じやすいですが、それが成長と他者支援のスキル向上の原動力にもなります。

    ENFJ-T(主人公・慎重型)を科学的に解説

    健康行動をする

    ENFJ-T型の人は、協調性(F)と誠実性(J)が高い傾向にあります。これは健康的な生活習慣を維持しやすい性格特性につながります。ENFJ-Tの人は、自分の健康だけでなく、周囲の人の健康も気にかける傾向があります。

    定期的な運動やバランスの取れた食事、十分な睡眠など、健康的な習慣を意識的に取り入れようとします。ただし、神経症傾向(-T)が高いため、健康に対して過度に心配しすぎる可能性もあります。

    健康維持のためには、適度なリラックスも大切だということを忘れないようにしましょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    NとFの両方がある人と仲良くなりやすい

    ENFJ-T型の人は、直感(N)と感情(F)の特性を持ち合わせています。このため、同じようにNとFの特性を持つ人々と自然に引かれ合い、深い友情を築きやすい傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、想像力豊かで感受性が強く、他者の感情を理解することに長けています。同じような特性を持つ人とは、価値観や興味が共通していることが多く、お互いを理解し合える関係性を築きやすいのです。

    ただし、多様な人々と交流することも大切です。異なる性格タイプの人々との交流は、新しい視点や考え方を学ぶ良い機会となります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    新しい友達を作る

    ENFJ-T型の人は、外向性(E)が高いため、新しい人々と出会い、友達を作ることが得意です。社交的で人当たりが良く、他者とのコミュニケーションを楽しむ傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、自然と人々の輪の中心にいることが多く、その温かい人柄と共感力で周囲の人を引き付けます。新しい環境や状況にも適応しやすく、初対面の人とも打ち解けやすいのが特徴です。

    ただし、神経症傾向(-T)が高いため、人間関係に対して不安を感じることもあります。自分のペースを大切にしながら、新しい出会いを楽しむことが大切です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    学力が高い

    ENFJ-T型の人は、直感(N)、感情(F)、判断(J)の特性を持ち合わせており、これらの特性が学習能力の高さにつながる可能性があります。

    ENFJ-Tの人は、物事の本質を理解することに長け、創造的な思考が得意です。また、感情面での理解力も高いため、人文科学や社会科学の分野で力を発揮しやすいでしょう。

    計画性があり、目標に向かって着実に努力を積み重ねる能力も持ち合わせています。ただし、完璧主義な面もあるため、時には柔軟性を持つことも大切です。

    学びに対する熱意と努力が、高い学力につながっていると言えるでしょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    オンライン学習の効果がでる

    ENFJ-T型の人は、直感(N)と判断(J)の特性を持ち合わせており、これらの特性がオンライン学習において効果を発揮しやすい傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、新しい概念や抽象的な考えを理解することが得意で、自己学習能力が高い傾向にあります。また、計画性があり、自己管理能力も高いため、オンライン学習の自由度の高い環境でも効率よく学習を進められます。

    ただし、人との交流を好む外向性(E)の特性から、オンラインでのグループワークやディスカッションなどを取り入れることで、さらに学習効果が高まる可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    知能IQが高い可能性が比較的ある

    ENFJ-T型の人は、直感(N)の特性を持っており、これが高いIQと関連している可能性があります。直感的な思考は、複雑な問題解決や抽象的な概念の理解に役立ちます。

    ENFJ-Tの人は、パターンを認識し、大局的な視点で物事を捉える能力に優れています。また、創造的な思考や新しいアイデアの創出も得意としています。

    ただし、IQは知能の一側面に過ぎず、ENFJ-Tの人々が持つ感情的知性(EQ)や社会的知性も、総合的な知能の重要な要素です。

    知的好奇心を持ち続け、様々な分野の学習に取り組むことで、さらに能力を伸ばすことができるでしょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    スピリチュアリティ

    ENFJ-T型の人は、直感(N)と感情(F)の特性を持ち、これらがスピリチュアルな傾向と結びつきやすい傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、人生の意味や目的を深く考え、自分を超えた何かとのつながりを求める傾向があります。想像力豊かで感受性が強いため、精神的な経験や直感的な洞察を大切にします。

    また、他者との深い絆や調和を重視し、人類全体の幸福に関心を持つことも多いです。この傾向は、より大きな存在とのつながりを感じることにつながります。

    ただし、現実世界とのバランスを保つことも大切です。スピリチュアルな探求と日常生活のバランスを取ることで、より充実した人生を送ることができるでしょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    心理療法を受けると神経症傾向が低くなる可能性がある

    ENFJ-T型の人は、神経症傾向(-T)が高い「慎重型」に分類されます。このタイプの人が心理療法を受けることで、神経症傾向が低下する可能性があります。

    ENFJ-Tの人は、感受性が強く、ストレスや不安を感じやすい傾向があります。心理療法を通じて、自己理解を深め、ストレス管理技術を学ぶことができます。

    また、ENFJ-Tの人は、他者のニーズに敏感で自己犠牲的になりがちですが、心理療法によって健全な境界線の設定方法を学ぶことができます。

    感情(F)の特性を活かし、自己洞察力を高めることで、より安定した精神状態を獲得できる可能性が高いでしょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SNSの友人が多い

    ENFJ-T型の人は、外向性(E)が高いため、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)上でも活発に交流し、多くの友人を持つ傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、コミュニケーション能力が高く、オンライン上でも魅力的な人柄を発揮します。また、他者への関心が強いため、SNS上でも積極的に交流を持とうとします。

    感情(F)の特性から、オンライン上でも深い人間関係を築く能力があります。ただし、神経症傾向(-T)が高いため、SNS上での人間関係に過度にストレスを感じる可能性もあります。

    適度な距離感を保ちながら、SNSを楽しむことが大切です。リアルな人間関係とのバランスも忘れずに。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SNSで近況や写真など投稿、特に感情的な投稿が多い

    ENFJ-T型の人は、外向性(E)と神経症傾向(-T)が高いため、SNSでの投稿活動が活発で、特に感情的な内容の投稿が多い傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、自己表現欲求が強く、自分の経験や感情を他者と共有することを好みます。SNS上で近況や写真を頻繁に投稿し、自分の日常生活や感情状態を積極的に発信します。

    感情(F)の特性から、喜びや悲しみなど、感情的な内容の投稿が多くなりがちです。また、神経症傾向(-T)の高さから、時にはストレスや不安に関する投稿も見られます。

    ただし、プライバシーの保護や投稿内容の適切さには注意が必要です。感情的な投稿が及ぼす影響を考慮し、時には冷静に判断することも大切です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SNSをやる場合、でいいねや励ましのコメントなどでコミュニケーションをする

    ENFJ-T型の人は、外向性(E)と感情(F)の特性が強いため、SNSを利用する際には積極的かつ温かみのあるコミュニケーションを取る傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、他者の投稿に対して頻繁に「いいね」をつけたり、励ましのコメントを残したりすることを好みます。彼らの共感力と他者への配慮が、このような行動に表れます。

    特に、友人や知人が困難な状況にあるときや、喜ばしい出来事を報告しているときには、すぐにサポーティブな反応を示します。

    ただし、神経症傾向(-T)が高いため、時には他者の反応に過敏になることもあります。自分のペースを保ちながら、ポジティブなコミュニケーションを楽しむことが大切です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SNSで積極的に情報収集する可能性あり

    ENFJ-T型の人は、直感(N)の特性が強いため、SNSを通じて積極的に情報収集を行う傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、新しい知識や視点に対する好奇心が強く、SNSを情報源として活用することを好みます。トレンドや社会問題、文化的な話題など、幅広い分野の情報に興味を持ちます。

    また、他者の意見や経験談を通じて学ぶことも多く、SNS上のディスカッションやシェアされた記事から積極的に知識を吸収します。

    ただし、情報の信頼性を確認することも重要です。批判的思考を忘れず、多角的な視点から情報を評価する習慣を身につけることで、より効果的な情報収集が可能になります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ボランティアなど利他的な活動を行う

    ENFJ-T型の人は、外向性(E)と感情(F)の特性が強いため、ボランティアなどの利他的な活動に積極的に参加する傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、他者への共感力が高く、社会貢献に強い関心を持っています。彼らは、自分の能力や時間を使って他者や社会のために何かをすることに喜びを感じます。

    ボランティア活動を通じて、新しい人々と出会い、有意義な関係を築くことも彼らにとっては魅力的です。また、具体的な形で社会に貢献できることに充実感を覚えます。

    ただし、時には自己犠牲的になりすぎる傾向もあるため、自分自身のニーズとのバランスを取ることも大切です。適度に休息を取りながら、持続可能な形で社会貢献を続けることが重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    感染対策で手洗いなどちゃんと行う

    ENFJ-T型の人は、誠実性(J)が高いため、感染対策として手洗いなどの予防行動をしっかりと行う傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、責任感が強く、自分と周囲の人々の健康を守ることを重要視します。感染予防のガイドラインを真摯に受け止め、手洗い、マスク着用、ソーシャルディスタンスの確保など、推奨される対策を確実に実践します。

    また、他者への配慮から、自分が感染源にならないよう細心の注意を払います。神経症傾向(-T)の高さから、時には過度に心配しすぎる傾向もありますが、これが結果として徹底した感染対策につながることもあります。

    ただし、適度なリラックスも大切です。正確な情報に基づいて、バランスの取れた対策を心がけましょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    一定数チームにいるとチームのバランスが良くなる、内向的な人と一緒にいるとなおよし

    ENFJ-T型の人は、感情(F)と判断(J)の特性が強いため、チームの中で重要な役割を果たし、全体のバランスを良くする傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、優れたコミュニケーション能力と共感力を持ち、チームメンバー間の調和を促進します。彼らは他者の感情を敏感に察知し、対立を和らげる役割を果たすことができます。

    また、計画性と組織力があるため、チームの目標達成に向けて効果的に貢献します。特に内向的な人と協力すると、ENFJ-Tの外向性(E)と内向的な人の深い思考力が相互補完的に作用し、さらに良いバランスが生まれます。

    ただし、時には自己主張を控えすぎることもあるため、自分の意見も適切に表現することを心がけましょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    スポーツ選手に多い、特にチャンピオン級で多いが神経症傾向が低いとさらに多い

    ENFJ-T型の人は、外向性(E)、感情(F)、判断(J)の特性を持ち、これらの特性がスポーツ選手、特にチャンピオン級の選手に多く見られる傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、チームワークに優れ、リーダーシップを発揮しやすい特性を持っています。また、目標に向かって計画的に努力を積み重ねる能力も高いです。これらの特性は、スポーツ界で成功を収めるのに有利に働きます。

    特に、神経症傾向(-T)が低い場合、プレッシャーに強く、メンタル面での安定性が高いため、チャンピオン級の選手により多く見られます。

    ただし、完璧主義な面もあるため、時には柔軟性を持つことも大切です。適度なリラックスと集中のバランスを取ることで、より良いパフォーマンスを発揮できるでしょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    子どもの場合、ギフテッドの可能性がある

    ENFJ-T型の子どもは、直感(N)の特性が強いため、ギフテッド(知的才能児)である可能性が比較的高いと言えます。

    ENFJ-Tの子どもは、抽象的な思考力や創造性に優れており、複雑な概念を理解する能力が高い傾向があります。また、感情(F)の特性から、高い共感性や情緒的知性を持っていることも多く、これらもギフテッドの特徴の一つです。

    さらに、判断(J)の特性から、目標に向かって計画的に行動する能力も高く、早熟な組織力を示すこともあります。

    ただし、ギフテッドであるかどうかは、専門家による適切な評価が必要です。また、ギフテッドであっても、それぞれの子どもに個性があることを忘れずに、個々のニーズに合わせた支援を行うことが重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    HSPに多い

    ENFJ-T型の人は、直感(N)と神経症傾向(-T)が高いため、HSP(Highly Sensitive Person:高度敏感者)である可能性が比較的高いと言えます。

    ENFJ-Tの人は、環境からの刺激に対して敏感で、細かな変化や微妙なニュアンスを察知する能力が高い傾向があります。これは、HSPの特徴と重なる部分が多いです。

    また、感情(F)の特性から、他者の感情や雰囲気を敏感に感じ取る能力も高く、これもHSPの特徴の一つです。

    ただし、HSPであることは必ずしも神経症傾向が高いことを意味するわけではありません。HSPの特性を理解し、適切に自己管理することで、この特性を強みとして活かすことができます。

    自分のペースを大切にし、適度な休息を取ることで、より良い状態を保つことができるでしょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    追求しすぎる完璧主義

    ENFJ-T型の人は、誠実性(J)が高いため、完璧主義的な傾向が強く現れることがあります。特に、神経症傾向(-T)も高いことから、この完璧主義がさらに強まる可能性があります。

    ENFJ-Tの人は、高い目標を設定し、それを達成するために懸命に努力します。しかし、時にはその基準が非現実的に高くなることがあり、自分や他者に対して厳しすぎる要求をしてしまうことがあります。

    この完璧主義は、仕事や学業での高い成果につながる一方で、過度のストレスや不安、燃え尽き症候群のリスクも高めます。

    バランスを取ることが重要です。自分の限界を認識し、「十分に良い」という考え方を受け入れることで、より健康的で持続可能な生活を送ることができます。時には完璧を求めすぎないことも大切だと心に留めておきましょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ストレスから塩分・酸味・脂っこい食べ物を好む

    ENFJ-T型の人は、神経症傾向(-T)が高い「慎重型」に分類されるため、ストレス下では塩分・酸味・脂っこい食べ物を好む傾向がある可能性があります。

    ENFJ-Tの人は、感受性が強く、ストレスを感じやすい特性があります。ストレス状態では、身体が comfort food(慰めの食べ物)を求める傾向があり、特に塩分、酸味、脂肪分の多い食品に惹かれやすくなります。

    これらの食品は一時的に気分を向上させる効果がありますが、長期的には健康上の問題につながる可能性があります。

    ストレス管理の方法として、健康的な代替手段を見つけることが重要です。例えば、運動やリラックス法の実践、趣味の時間を持つなどが効果的かもしれません。

    また、バランスの取れた食生活を心がけ、ストレス時でも健康的な食品選択ができるよう意識することが大切です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ファストフード、アイス、チョコ、ココア、肉類、ビスケット、ケーキ、クッキーを好む

    ENFJ-T型の人は、外向性(E)と直感(N)の特性から、ファストフードやスイーツなどの刺激的で味わい深い食べ物を好む傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、新しい経験や刺激を求める傾向があり、これが食の好みにも反映されます。ファストフードの手軽さや、アイス、チョコ、ケーキなどのスイーツがもたらす即時的な満足感に惹かれやすいです。

    また、社交的な性格から、友人や家族と一緒に楽しむ機会が多い食事やおやつを好む傾向もあります。

    ただし、健康面への配慮も忘れないようにしましょう。これらの食品を楽しみつつ、バランスの取れた食生活を心がけることが大切です。時には健康的な代替品を選ぶなど、工夫を凝らすことで、味わいと健康のバランスを取ることができます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    健康に気を付けて野菜、乳製品、ナッツ類を好む、神経症傾向が低いとさらに健康に気を付ける

    ENFJ-T型の人は、誠実性(J)が高いため、健康に気を配り、野菜、乳製品、ナッツ類などの栄養価の高い食品を好む傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、自己管理能力が高く、長期的な健康維持のために食生活に注意を払います。野菜の豊富な栄養素、乳製品のカルシウム、ナッツ類の良質な脂肪と蛋白質など、体に良い食品を意識的に取り入れようとします。

    特に、神経症傾向(-T)が低い場合、さらに健康に気を付ける傾向が強まります。ストレスや不安が少ないため、より冷静に健康的な選択ができるからです。

    ただし、時には柔軟性を持つことも大切です。完璧な食生活を追求しすぎず、時には好きな食べ物を楽しむなど、バランスを取ることが重要です。

    健康的な食生活は、身体だけでなく精神的な健康にも良い影響を与えます。継続的に実践することで、より充実した生活を送ることができるでしょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    喫煙をしやすい

    ENFJ-T型の人は、外向性(E)と神経症傾向(-T)が高いため、喫煙をしやすい傾向がある可能性があります。

    ENFJ-Tの人は、社交的な場面でのストレス解消や、他者とのつながりを求めて喫煙を始める可能性があります。また、神経症傾向が高いことから、ストレスや不安を和らげる手段として喫煙に頼りやすいかもしれません。

    外向的な性格から、喫煙を通じて他者とコミュニケーションを取ることに魅力を感じる場合もあります。

    ただし、喫煙が健康に及ぼす悪影響は広く知られています。ENFJ-Tの人の健康意識の高さを活かし、喫煙の代わりに健康的なストレス解消法を見つけることが重要です。

    例えば、運動、瞑想、趣味の時間など、より健康的な方法でストレス解消やリラックスを図ることをお勧めします。また、禁煙を考えている場合は、専門家のサポートを受けることも効果的です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    男性の場合、浮気される夫になりやすい

    ENFJ-T型の男性は、神経症傾向(-T)が高い「慎重型」に分類されるため、特定の状況下では浮気される可能性が高くなる傾向があるかもしれません。

    ENFJ-Tの男性は、感受性が強く、時に過度に相手の気持ちを気にしすぎることがあります。これが、パートナーに対して過剰に依存的になったり、逆に距離を置きすぎたりする原因になることがあります。

    また、完璧主義的な傾向から、自分やパートナーに対して高すぎる期待を抱くことも関係に影響を与える可能性があります。

    ただし、これは一般的な傾向に過ぎず、個人の行動や関係性は多くの要因に左右されます。健全な関係を築くためには、オープンなコミュニケーション、相互理解、信頼の構築が重要です。

    自己認識を深め、パートナーとの対話を大切にすることで、より強く安定した関係を築くことができるでしょう。必要に応じて、カウンセリングなどの専門的なサポートを受けることも有効かもしれません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    買い占めをしやすい

    ENFJ-T型の人は、直感(N)と神経症傾向(-T)が高いため、特定の状況下で買い占め行動をとりやすい傾向がある可能性があります。

    ENFJ-Tの人は、将来の可能性や潜在的なリスクを敏感に察知する能力があります。これが、危機的状況や不確実性の高い環境下で、必要以上に物資を確保しようとする行動につながることがあります。

    また、神経症傾向の高さから、不安やストレスを感じやすく、それを物資の確保によって解消しようとする可能性もあります。

    ただし、このような行動は社会全体に悪影響を及ぼす可能性があります。冷静に状況を分析し、必要以上の買い占めを避けることが重要です。

    代わりに、適切な情報収集と準備、コミュニティとの協力関係の構築など、より建設的な対処法を見つけることをお勧めします。自己の不安に向き合い、それを健全な方法で管理する技術を身につけることも有効でしょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ネットいじめ被害者に多い

    ENFJ-T型の人は、直感(N)、感情(F)、判断(J)の特性と神経症傾向(-T)の高さから、ネットいじめの被害者になりやすい可能性があります。

    ENFJ-Tの人は、感受性が強く、他者の言動に敏感に反応する傾向があります。オンライン上の否定的なコメントや批判を深刻に受け止めやすく、それによって強い心理的ダメージを受ける可能性があります。

    また、他者との調和を重視する傾向から、自己主張が弱くなり、いじめに対して適切に対処できない場合もあります。

    完璧主義的な面もあるため、些細な批判でも自尊心が傷つきやすいかもしれません。

    ネットいじめから身を守るためには、以下のような対策が有効です:

    1. プライバシー設定を適切に管理する
    2. 不適切なコメントやメッセージをブロックする
    3. 信頼できる人に相談する
    4. 必要に応じて専門家のサポートを受ける

    また、自己肯定感を高め、ストレス管理技術を身につけることも重要です。オンライン上の否定的な言動に過度に影響されないよう、心理的な抵抗力を養うことが大切です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    マインドフルネスを行うと神経症傾向が低くなる

    ENFJ-T型の人は、神経症傾向(-T)が高い「慎重型」に分類されますが、マインドフルネスの実践によって、この傾向を軽減できる可能性があります。

    ENFJ-Tの人は、感受性が強く、ストレスや不安を感じやすい特性があります。マインドフルネスは、現在の瞬間に意識を向け、判断を控えて受容的な態度を培う実践です。これにより、過度な心配や不安から距離を置くことができます。

    特に、ENFJ-Tの直感(N)と感情(F)の特性は、マインドフルネスの実践と相性が良いでしょう。内省的な性質を活かし、自己理解を深めることができます。

    定期的なマインドフルネス瞑想や、日常生活での意識的な気づきの実践により、ストレス耐性が向上し、全体的な心の健康が改善される可能性があります。

    ただし、効果は個人差があり、継続的な実践が重要です。必要に応じて、専門家のガイダンスを受けることも検討してください。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    情動焦点型コーピングを行う

    ENFJ-T型の人は、感情(F)の特性と神経症傾向(-T)の高さから、ストレス対処法として情動焦点型コーピングを用いる傾向があります。

    情動焦点型コーピングとは、ストレスフルな状況に対して、その状況自体を変えるのではなく、それによって生じる感情に焦点を当てて対処する方法です。

    ENFJ-Tの人は、感情的な理解力が高く、自他の感情を重視する傾向があります。そのため、ストレス状況下では、感情を表現したり、他者からの情緒的サポートを求めたりすることで対処しようとします。

    例えば:

    1. 友人や家族に悩みを打ち明ける
    2. 日記を書いて感情を整理する
    3. 瞑想やリラクゼーション法を実践する
    4. 芸術活動を通じて感情を表現する

    この方法は、特に変更が困難な状況に対して効果的です。ただし、問題解決型のコーピングとのバランスも重要です。状況に応じて適切な対処法を選択できるよう、両方のスキルを磨くことをお勧めします。

    比較的、冷静なリスク管理を行おうとするが、神経症傾向の高さからリスクへのバイアスを持ってしまう

    ENFJ-T型の人は、誠実性(J)の高さから、比較的冷静にリスク管理を行おうとする傾向がありますが、同時に神経症傾向(-T)の高さから、リスクに対して過敏になってしまう可能性もあります。

    ENFJ-Tの人は、計画性があり、先を見据えた行動を取ろうとします。これは、リスク管理において有利に働く特性です。また、直感(N)の特性により、潜在的なリスクを察知する能力も高いでしょう。

    しかし、神経症傾向の高さから、リスクを過大評価したり、不必要に心配したりする傾向があります。これにより、リスク評価にバイアスがかかってしまう可能性があります。

    バランスの取れたリスク管理のためには:

    1. 客観的なデータや事実に基づいて判断する
    2. 他者の意見を積極的に求める
    3. 過去の経験から学び、適切なリスク許容度を設定する
    4. ストレス管理技術を身につけ、冷静な判断力を保つ

    これらの方法を意識的に実践することで、より効果的なリスク管理が可能になるでしょう。必要に応じて、専門家のアドバイスを受けることも検討してください。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    日本の九州や首都圏に多い

    ENFJ-T型の人は、外向性(E)、直感(N)、感情(F)の特性を持つことから、日本の九州や首都圏といった特定の地域に多く見られる傾向があるようです。

    この傾向は、地域の文化や社会環境と性格特性の相互作用によって生じている可能性があります。例えば:

    1. 九州:温かい人間関係や情の深さを重視する文化が、ENFJ-Tの共感性や他者への関心と合致しやすい。
    2. 首都圏:多様性と変化に富む環境が、ENFJ-Tの新しい経験への開放性(N)や適応力の高さと相性が良い。

    ただし、これは一般的な傾向であり、個人差や他の要因も大きく影響します。また、地域によって性格特性の分布が異なる理由については、文化、歴史、経済など、様々な要因が複雑に絡み合っていると考えられます。

    このような地域性と性格特性の関連性について興味がある方は、心理学や社会学の研究をさらに探ってみるのも面白いかもしれません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    シュワルツの価値観:刺激、自立、普遍、博愛

    ENFJ-T型の人は、シュワルツの価値観理論において、「刺激」「自立」「普遍」「博愛」の価値観を重視する傾向があります。

    1. 刺激:外向性(E)と直感(N)の特性から、新しい経験や挑戦を求める傾向があります。
    2. 自立:判断(J)の特性から、自己決定や独立性を重視します。
    3. 普遍:直感(N)の特性により、大局的な視点や普遍的な真理を追求する傾向があります。
    4. 博愛:感情(F)の特性から、他者への思いやりや社会全体の福祉を重視します。

    これらの価値観は、ENFJ-Tの人の行動や決断に大きな影響を与えます。例えば、新しいプロジェクトに挑戦したり(刺激)、自分の信念に基づいて行動したり(自立)、社会問題に取り組んだり(普遍)、他者を助けたり(博愛)することに喜びを感じるでしょう。

    ただし、個人の経験や環境によって、これらの価値観の優先順位は変わる可能性があります。自己理解を深め、自分にとって本当に大切な価値観を見極めることが重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    服装にこだわりがある

    ENFJ-T型の人は、外向性(E)と直感(N)の特性から、服装にこだわりを持つ傾向があります。

    ENFJ-Tの人は、自己表現の手段として服装を重視することが多いです。彼らの創造性と美的センスが、ファッションの選択に反映されます。また、社交的な性質から、他者からの印象を意識し、場面に応じた適切な服装を選ぶ傾向があります。

    具体的には:

    1. トレンドに敏感で、新しいスタイルを積極的に取り入れる
    2. 色使いや小物使いにこだわり、個性を表現する
    3. TPOを意識し、状況に合わせたコーディネートを心がける
    4. 自分らしさを表現しつつ、他者への配慮も忘れない

    ただし、神経症傾向(-T)の高さから、服装の選択に過度にストレスを感じることもあります。自分らしさを大切にしながら、適度なリラックス感を持つことが重要です。

    服装は自己表現の一つの形ですが、それが全てではありません。内面の魅力や人間性がより重要であることを忘れずに、ファッションを楽しむことをお勧めします。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    投資行動:群衆行動(他の人の言動に流されやすい)

    ENFJ-T型の人は、外向性(E)と神経症傾向(-T)の高さから、投資行動において群衆行動(他の人の言動に流されやすい傾向)を取りやすい可能性があります。

    ENFJ-Tの特徴:

    1. 社交的で他者の意見に敏感
    2. 感情的な判断をしやすい
    3. 不安や心配が高まりやすい

    これらの特性が投資行動に影響を与え、以下のような傾向が見られることがあります:

    1. 周囲の投資動向に影響されやすい
    2. 市場の雰囲気や噂に敏感に反応する
    3. FOMO(Fear of Missing Out:取り残される恐怖)を感じやすい
    4. 短期的な市場変動に過敏に反応する

    このような傾向は、時として非合理的な投資決定につながる可能性があります。

    対策として:

    1. 投資の基本原則や自身の投資戦略を明確にする
    2. 感情に左右されない、客観的な分析を心がける
    3. 長期的な視点を持つ
    4. 分散投資の重要性を理解する
    5. 必要に応じて専門家のアドバイスを受ける

    これらの点に注意を払うことで、より安定した投資行動を取ることができるでしょう。自己認識を深め、自分の性格特性が投資判断にどのように影響するかを理解することが重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    最後に

    ENFJ-T型の人は、外向的で共感力が高く、想像力豊かな性格です。みんなと仲良く過ごすのが得意で、リーダーシップを発揮することも多いでしょう。

    新しいことに挑戦するのが好きで、人の気持ちをよく理解できます。

    ただ、完璧を求めすぎたり、ストレスを感じやすかったりする面もあります。

    健康に気を使う一方で、時々お菓子に走ることも。SNSが好きで、友達とのつながりを大切にします。

    紹介した傾向は、元々ビッグファイブやHEXACOの研究なので、MBTIや16personalitiesよりも科学的に性格を知りたい場合は、こちらのHEXACO性格診断を受けてみてください。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。