コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 喫煙しやすい人、禁煙しやすい人:性格の違いを論文で解説

喫煙しやすい人、禁煙しやすい人:性格の違いを論文で解説

    喫煙

    喫煙は、健康に悪影響を及ぼすことが知られていますが、なぜ多くの人が喫煙をするのでしょうか。

    実は、喫煙と性格には関係があることが、長期にわたる研究で明らかになっています。

    イギリスで約5千人を対象に、喫煙と性格の関係を調べる大規模な研究が行われました。

    この研究は、「Personality and Smoking Status: A Longitudinal Analysis」というタイトルで発表されています。

    性格だけでなく、家庭環境や教育レベル、友人の影響など、様々な要因が関係しています。

    喫煙自体を予防したり、禁煙を成功させたりするためには、個人の性格に合わせたアプローチが重要だと考えられています。

    この記事では、喫煙と性格の関係について、長期的な研究の結果をもとに詳しく解説します。

    喫煙と性格の関係を探る長期研究

    研究の目的と方法

    この研究の目的は、思春期の性格と成人期の喫煙行動の関連を明らかにすることです。
    研究では、1946年に英国で生まれた5,362人を対象に、長期的な追跡調査を行いました。
    具体的には、以下のような方法で調査が行われました。

    • 16歳時に性格検査を実施
    • 成人期(20~53歳)に喫煙状況を調査
    • 統計分析で性格と喫煙の関連を検討

    つまり、思春期の性格が、その後の習慣にどのような影響を与えるのかを探ったのです。
    この研究の特徴は、同じ人を長期間にわたって追跡した点にあります。
    研究の結果は、禁煙支援に役立てられることが期待されています。

    16歳時の性格を測定

    研究では、まず16歳時の性格を測定しました。
    性格の測定には、以下の尺度が用いられました。

    • Maudsley Personality Inventory (MPI)
    • 外向性と神経症傾向の2つの次元を測定

    外向性は、社交的で刺激を求める傾向を表します。
    一方、神経症傾向は、不安やストレスを感じやすい傾向を意味します。
    これらの性格特性は、その人の行動や感情に大きな影響を与えると考えられています。
    16歳という多感な時期の性格が、その後の喫煙行動とどのように関わるのか。
    この研究では、そうした問題に迫ることを目指したのです。

    成人期の喫煙状況を追跡調査

    研究では、16歳時の性格測定に加え、成人期の状況も追跡調査しました。
    具体的には、以下の時点での状況を確認しています。

    • 20歳、25歳、31歳、36歳、43歳、53歳

    各時点で、対象者は以下のいずれかに分類されました。

    • 現在の喫煙者
    • 元喫煙者
    • 非喫煙者

    こうした追跡調査により、思春期の性格が成人期の習慣とどう関連するのかを検討できます。
    また、年齢によってどう変化するのかも明らかになります。

    外向的な人は喫煙者になりやすい?

    外向性と喫煙の関係

    研究の結果、外向的な人は喫煙者になりやすいことが分かりました。
    16歳時に外向性が高かった人は、その後の人生で喫煙者である可能性が高まったのです。
    この結果から、以下のような仮説が考えられます。

    • 社交的な人はたばこに触れる機会が多い
    • 刺激を求める傾向が喫煙につながる

    外向的な人は、パーティーなど人が集まる場に参加することが多いでしょう。
    そうした場では、たばこを吸う人も多く、つられて吸ってしまうことがあるのかもしれません。
    また、外向的な人は刺激を求める傾向が強いと言われています。
    たばこを吸うことによるニコチンの刺激が、外向的な人を引き付けるのかもしれません。
    こうした傾向が、外向性と喫煙の関係を生んでいると推測されます。

    社交的な人は喫煙する機会が多い?

    外向的な人が喫煙者になりやすい理由の一つに、社交的な場面でたばこに触れる機会が多いことが挙げられます。
    外向的な人は、パーティーや飲み会など、人が集まる場に参加することが多いでしょう。
    そうした場では、以下のような状況が見られます。

    • 多くの人がたばこを吸ってる
    • 他の吸ってる人から勧められる
    • 雰囲気に流されて吸ってしまう

    社交的な場面では、喫煙が一種のコミュニケーションツールとなることもあります。
    たばこを勧め合ったり、一緒に吸ったりすることで、仲間意識が生まれるのです。
    外向的な人は、そうした雰囲気に流されやすいのかもしれません。
    また、喫煙者から勧められると、断りづらいと感じる人もいるでしょう。
    こうした社会的な압力が、外向的な人を喫煙へと向かわせているのかもしれません。

    喫煙の快楽を求める傾向が強い?

    外向的な人が喫煙者になりやすいもう一つの理由は、喫煙の快楽を求める傾向が強いことです。
    外向的な人は、刺激を求める傾向が高いと言われています。
    たばこによるニコチンの作用は、まさに脳に刺激を与えるものです。
    具体的には、以下のような効果があります。

    • 多幸感や満足感をもたらす
    • ストレスを緩和する
    • 集中力を高める

    こうしたたばこの快楽的な効果は、外向的な人を引き付けるのかもしれません。
    喫煙によって得られる刺激が、外向的な人にとって魅力的に感じられるのです。
    一方で、たばこの健康リスクについては軽視されがちです。
    目先の快楽を求める余り、長期的な影響が見過ごされてしまうのです。

    神経質な人も喫煙リスクが高い

    神経症傾向と喫煙の関係

    研究の結果、神経症傾向が高い人も喫煙者になりやすいことが明らかになりました。
    16歳時に神経症傾向が強かった人は、その後の人生で喫煙者である可能性が高まったのです。
    この結果から、以下のような仮説が考えられます。

    • ストレスや不安を紛らわすためにたばこを吸う
    • ニコチンの効果を求める傾向が強い

    神経症傾向が高い人は、ストレスや不安を感じやすいと言われています。
    喫煙には、ストレスを緩和する効果があると考えられています。
    また、ニコチンには不安を和らげる作用もあると言われています。
    神経質な人は、ニコチンのそうした効果を無意識のうちに求めているのかもしれません。
    こうした心理的な要因が、神経症傾向と喫煙の関係につながっていると推測されます。

    ストレスや不安を紛らわすために喫煙?

    神経質な人が喫煙者になりやすい理由の一つに、ストレスや不安を紛らわすことが挙げられます。
    神経質な人は、ストレスを感じやすく、不安に陥りやすいと言われています。
    以下のようなストレス緩和効果があると考えられています。

    • 一時的にリラックスできる
    • 気分転換になる
    • ストレスから逃避できる

    神経質な人は、こうした効果を求めて、始めるのかもしれません。
    たばこを吸うことで、一時的にストレスから解放されると感じられるのです。
    ただし、喫煙はストレスの根本的な解決にはなりません。
    一時的な効果しかなく、長期的には健康を損なう可能性があります。

    ニコチンの効果を求める傾向が強い?

    神経質な人が喫煙者になりやすいもう一つの理由は、ニコチンの効果を求める傾向が強いことです。
    ニコチンには、以下のような効果があると言われています。

    • 不安を和らげる
    • 集中力を高める
    • 覚醒度を上げる

    神経質な人は、こうしたニコチンの効果を無意識のうちに求めているのかもしれません。
    不安を感じた時、ニコチンによって不安が和らぐことを期待するのです。
    また、集中力が必要な場面では、ニコチンの効果を頼りにするのかもしれません。
    こうしたニコチンへの依存が、神経質な人を喫煙へと向かわせているのです。
    ただし、ニコチンの効果は一時的なものです。
    長期的に見れば、かえって不安やストレスを増大させる可能性があります。
    神経質な人は、喫煙によって一時的な安らぎを得ようとするあまり、ニコチン依存に陥ってしまうのかもしれません。

    男性と女性で喫煙傾向に違いが

    男性は女性より喫煙者が多い

    研究の結果、男性は女性よりも喫煙者が多いことが明らかになりました。
    この傾向は、以下のような要因によると考えられます。

    • 男性の方が喫煙を始めやすく、続けやすい
    • 社会的な要因が影響している

    従来、喫煙は男性的なイメージがありました。
    そのため、男性の方が始めるハードルが低かったと考えられます。
    また、一旦始めると、男性の方が続けやすい傾向があります。
    これは、ニコチン依存に陥りやすいことが関係しているのかもしれません。
    さらに、職場や社交の場など、社会的な要因も影響していると考えられます。

    加齢とともに喫煙率は低下

    研究では、年齢が上がるにつれて、喫煙率が低下することが明らかになりました。
    この傾向は、以下のような要因によると考えられます。

    • 健康への意識が高まる
    • 禁煙の機会が増える
    • 社会的な喫煙への圧力が弱まる

    年齢が上がるにつれて、健康への意識が高まります。
    健康リスクを認識し、禁煙を決意する人が増えるのです。
    また、結婚や出産、健康診断など、禁煙のきっかけとなる出来事も増えてきます。
    さらに、近年では規制が強化され、社会的な圧力も強まってきています。
    こうした要因が複合的に作用し、加齢とともに喫煙率が低下すると考えられます。
    ただし、喫煙率の低下は一様ではありません。
    個人差も大きく、性格などの要因も影響していると考えられます。

    性別による禁煙成功率の違い

    研究の結果、男性の方が禁煙に成功しやすいことが明らかになりました。
    この傾向は、以下のような要因によると考えられます。

    • ニコチン依存の程度が関係している
    • 禁煙の動機づけが異なる
    • 社会的な支援の差が影響する

    一般的に、男性の方が喫煙量が多く、ニコチン依存の程度が強いと言われています。
    そのため、禁煙の難易度は男性の方が高いと考えられます。
    しかし、禁煙に成功した場合、男性の方が喫煙を再開しにくい傾向があります。
    これは、男性の方が禁煙の動機づけが明確であることが関係しているのかもしれません。
    また、男性の方が禁煙時の社会的な支援を得やすいことも影響していると考えられます。
    こうした要因が、男性の禁煙成功率を高めているのでしょう。
    ただし、性別による差は年々縮小してきています。
    女性の社会進出が進み、喫煙習慣も変化してきているためです。

    ヘビースモーカーになる要因は?

    神経質な人はヘビースモーカーになりやすい

    研究の結果、神経質な人はヘビースモーカーになりやすいことが明らかになりました。
    神経質な人がヘビースモーカーになりやすい理由は、以下のように考えられます。

    • ニコチンの効果を強く求める
    • ストレスや不安を紛らわす
    • 喫煙量をコントロールできない

    神経質な人は、ニコチンの効果を強く求める傾向があります。
    不安を和らげたり、集中力を高めたりするためにニコチンを必要とするのです。
    また、神経質な人は、ストレスや不安を感じやすいと言われています。
    ストレスを紛らわそうとするあまり、たばこを吸う量が増えていくのです。
    こうした複合的な要因が、神経質な人のヘビースモーキングにつながっていると考えられます。
    ただし、喫煙量が多いほど、健康リスクも高まります。
    神経質な人は、喫煙による一時的な安らぎを求めるあまり、健康を損なってしまう可能性があるのです。

    外向的な人の喫煙量は年齢とともに減少

    研究の結果、外向的な人の喫煙量は年齢とともに減少することが明らかになりました。
    この傾向は、以下のような要因によると考えられます。

    • 社交的な場面での喫煙が減る
    • 健康への意識が高まる
    • ニコチンへの依存が弱まる

    外向的な人は、若い頃は社交的な場面での喫煙が多いと考えられます。
    しかし、年齢とともに社交的な場面自体が減っていくため、喫煙量も自然と減少するのです。
    また、年齢とともに健康への意識が高まり、健康リスクを意識するようになります。
    その結果、禁煙を試みたりするのかもしれません。
    こうした複合的な要因が、外向的な人の喫煙量の減少につながっていると考えられます。
    ただし、個人差も大きく、必ずしもすべての外向的な人に当てはまるわけではありません。

    1日のたばこの本数が多いほど禁煙は難しい

    研究の結果、1日のたばこの本数が多いほど、禁煙が難しいことが明らかになりました。
    この傾向は、以下のような要因によると考えられます。

    • ニコチン依存が強い
    • たばこを吸うことが習慣化している
    • 禁煙の離脱症状が強い

    1日のたばこの本数が多いほど、ニコチンへの依存が強いと考えられます。
    ニコチンは、脳の報酬系を刺激し、快感をもたらします。
    また、日常生活に深く組み込まれ、習慣化していることも禁煙を困難にします。
    さらに、禁煙時の離脱症状も、喫煙量が多いほど強くなると考えられます。
    イライラ、集中力の低下、不眠など、離脱症状が禁煙を妨げるのです。
    こうした複合的な要因が、ヘビースモーカーの禁煙を困難にしていると考えられます。
    ただし、禁煙の成功は、本人の意思と適切なサポートにかかっています。
    喫煙量が多くても、禁煙は可能なのです。

    禁煙成功につながる要因とは

    男性のほうが禁煙しやすい

    研究の結果、男性のほうが禁煙に成功しやすいことが明らかになりました。
    この傾向は、以下のような要因によると考えられます。

    • 禁煙の動機づけが明確
    • 社会的な支援を得やすい
    • ニコチン代替療法が効果的

    男性は、健康上の理由など、禁煙の動機づけが明確な場合が多いと考えられます。
    明確な目的意識が、禁煙の成功につながるのです。
    また、男性は仕事や家庭での役割が大きいため、周囲からの禁煙の支援を得やすいのかもしれません。
    家族や同僚からの励ましが、禁煙の原動力になるのです。
    さらに、男性はニコチン代替療法が効果的だと報告されています。
    ニコチンパッチやニコチンガムなどを使うことで、禁煙の離脱症状を和らげることができるのです。
    こうした複合的な要因が、男性の禁煙成功率を高めていると考えられます。
    ただし、禁煙の成功は個人差が大きく、性別だけで決まるわけではありません。
    禁煙の意思と適切なサポートが、誰にとっても重要なのです。

    年齢とともに禁煙成功率は上昇

    研究の結果、年齢とともに禁煙の成功率が上昇することが明らかになりました。
    この傾向は、以下のような要因によると考えられます。

    • 健康への意識が高まる
    • 喫煙の機会が減る
    • ニコチン依存が弱まる

    年齢とともに、健康への意識が高まります。
    健康リスクを実感し、禁煙の必要性を感じるようになるのです。
    また、社会的な喫煙の機会も減ってきます。
    職場での規制や、たばこを吸う人の減少により、喫煙の誘惑が少なくなるのです。
    こうした複合的な要因が、高齢者の禁煙成功率を高めていると考えられます。
    ただし、高齢になるほど、喫煙による健康被害も大きくなります。
    禁煙は早ければ早いほど、健康上の利益が大きいのです。

    外向的な人は禁煙しにくい傾向が

    研究の結果、外向的な人は禁煙に成功しにくい傾向があることが明らかになりました。
    この傾向は、以下のような要因によると考えられます。

    • 社交的な場面での喫煙が多い
    • ニコチンの効果を求める傾向が強い
    • 禁煙の動機づけが弱い

    外向的な人は、社交的な場面での喫煙が多いと考えられます。
    そのため、禁煙しても、再び喫煙してしまう可能性が高くなります。
    さらに、外向的な人は、禁煙の動機づけが弱い場合があります。
    健康リスクよりも、喫煙の快楽を重視してしまうのです。
    こうした複合的な要因が、外向的な人の禁煙を困難にしていると考えられます。
    ただし、外向的な人でも、強い意志と適切なサポートがあれば、禁煙は可能です。

    性格以外の喫煙リスク要因

    家庭環境や教育レベルの影響

    喫煙行動には、家庭環境や教育レベルも影響を与えることが知られています。
    具体的には、以下のような傾向があります。

    • 喫煙者の家庭で育った人は真似しやすい
    • 教育レベルが低い人は喫煙率が高い
    • 社会経済的地位が低い人は喫煙しやすい

    親や兄弟の喫煙を見て育つことで、喫煙が身近なものに感じられるのです。
    また、教育レベルが低い人は、健康リスクに関する知識が少ないと考えられます。
    喫煙の害を十分に理解していないため、始めやすいのです。
    さらに、社会経済的地位が低い人は、ストレスを感じやすく、喫煙で気分転換を図る傾向があります。
    こうした環境要因が、喫煙行動に影響を与えていると考えられます。
    ただし、環境は変えられます。
    適切な教育と支援により、誰もが健康的な生活を送ることができるのです。

    友人や同僚の喫煙状況の影響

    喫煙行動には、友人や同僚の喫煙状況も影響を与えることが知られています。
    具体的には、以下のような傾向があります。

    • 喫煙者の友人が多いと喫煙しやすい
    • 職場に喫煙者が多いと喫煙しやすい
    • 喫煙が許容される環境では喫煙率が高い

    友人の中に喫煙者が多いと、つられて喫煙を始めてしまうことがあります。
    また、喫煙が友人との絆を深めるツールとなることもあるのです。
    職場についても同様で、同僚の喫煙を見ていると、自分も吸いたくなってしまうのかもしれません。
    さらに、喫煙が許容される環境、例えば喫煙室がある職場では、喫煙率が高くなる傾向があります。
    こうした周囲の影響が、個人の喫煙行動を左右していると考えられます。
    ただし、周囲が禁煙になれば、自分も禁煙しやすくなります。
    禁煙外来などを利用して、友人や同僚と一緒に禁煙に取り組むのも一つの方法でしょう。

    ストレスや精神的な問題との関連

    喫煙行動には、ストレスや精神的な問題も関連していることが知られています。
    具体的には、以下のような傾向があります。

    • ストレスを感じやすい人は喫煙しやすい
    • うつ病や不安障害の人は喫煙率が高い
    • 統合失調症の人は喫煙率が非常に高い

    ストレスを感じやすい人は、喫煙によってストレス解消を図ろうとします。
    ニコチンには一時的にストレスを緩和する作用があるため、つい喫煙に頼ってしまうのです。
    また、うつ病や不安障害の人は、喫煙率が高いことが知られています。
    喫煙によって気分が改善されるため、喫煙に依存しやすいのかもしれません。
    特に統合失調症の人は、喫煙率が非常に高いことが報告されています。
    ニコチンが幻覚や妄想を和らげる効果があるためと考えられています。
    こうした精神的な問題と喫煙の関連は、喫煙対策を考える上で重要な視点です。
    ストレスや精神疾患に対するケアを充実させることが、喫煙対策にもつながるのです。

    喫煙防止と禁煙サポートの重要性

    思春期からの喫煙防止教育の必要性

    喫煙防止には、思春期からの教育が重要だと考えられています。
    その理由は、以下のようなことが挙げられます。

    • 喫煙を始めるのは思春期が多い
    • 若い時期の喫煙は依存になりやすい
    • 将来の健康リスクを理解させることが大切

    喫煙を始めるのは、多くの場合思春期です。
    好奇心や仲間意識から、喫煙を試してみることがあるのです。
    また、若い時期の喫煙は、ニコチン依存になりやすいと言われています。
    脳が発達途上にあるため、ニコチンの影響を受けやすいのです。
    そのため、思春期から喫煙の健康リスクを教育することが重要です。
    将来の健康への影響を理解させ、喫煙を防止することが大切なのです。
    また、喫煙の誘惑に負けない方法を教えることも必要でしょう。
    教育の効果は直ちに現れるわけではありませんが、長期的には大きな意味を持つはずです。

    性格に応じた禁煙サポートの提供

    禁煙サポートは、性格に応じて提供することが効果的だと考えられています。
    具体的には、以下のような方法が考えられます。

    • 外向的な人には、グループ療法が効果的
    • 神経質な人には、ストレス管理が重要
    • 個人の性格に合わせたアプローチが大切

    外向的な人は、人との交流を好む傾向があります。
    そのため、グループ療法などの集団での禁煙プログラムが効果的かもしれません。
    仲間と一緒に禁煙に取り組むことで、モチベーションを維持しやすいのです。
    一方、神経質な人は、ストレスを感じやすい傾向があります。
    禁煙時のストレスに対処する方法を学ぶことが重要です。
    ストレス管理の技法を身につけ、禁煙を乗り越えられるようサポートすることが大切でしょう。
    このように、個人の性格に合わせた禁煙サポートを提供することが効果的だと考えられています。
    画一的なアプローチではなく、一人一人に寄り添ったサポートが求められているのです。

    社会全体で取り組む喫煙対策の重要性

    喫煙問題は、個人の問題であると同時に、社会全体の問題でもあります。
    効果的な喫煙対策のためには、以下のような社会全体の取り組みが重要だと考えられています。

    • 法規制による受動喫煙の防止
    • 喫煙の健康リスクに関する啓発活動
    • 禁煙治療に対する保険適用の拡大

    受動喫煙は、非喫煙者の健康を脅かす大きな問題です。
    公共の場所での喫煙を法律で規制することが重要だと考えられています。
    また、喫煙の健康リスクについて、社会全体に広く啓発することが大切です。
    テレビやインターネットなどのメディアを通じて、喫煙の害を伝えていく必要があるでしょう。
    さらに、禁煙治療に対する保険適用を拡大することも重要です。
    禁煙を希望する人が、経済的な理由で治療を受けられないことがあってはならないのです。
    このように、社会全体で喫煙問題に取り組むことが、効果的な喫煙対策につながります。
    個人の努力だけでなく、社会のサポートがあって初めて、喫煙問題の解決が可能になるのです。

    最後に

    今回は、喫煙と性格の関係について、長期的な研究の結果をもとに解説してきました。

    研究では、16歳の時に外向的だった人や、神経質だった人は、その後の人生で喫煙者になる可能性が高いことが明らかになりました。

    しかし、喫煙は性格だけで決まるわけではありません。家庭環境や教育レベル、友人の影響など、様々な要因が関係しています。

    また、この研究では、年齢とともに喫煙率が下がり、禁煙成功率が上がることも明らかになりました。

    つまり、どんなに長く喫煙を続けていても、禁煙は可能だということです。禁煙に成功するためには、自分に合った方法を見つけることが大切です。

    喫煙は、あなたの健康を脅かす大きな問題です。将来の自分のためにも、今から喫煙について考えてみませんか。

    もし、すでに喫煙している人は、禁煙に挑戦してみると良いかもしれません。周りの人に相談したり、禁煙外来を利用したりして、サポートを得ることが大切です。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し「悪者図鑑」を出版。現在も引き続き、社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。