コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » INTJ-A(建築家・自信型)を論文20本以上で科学的に解説

INTJ-A(建築家・自信型)を論文20本以上で科学的に解説

    建築家 INTJ-A、建築家 INTJ-T、建築家 Architect

    INTJ-Aタイプって知っていますか?

    これは性格を表す指標の一つで、私たちの行動や考え方に大きな影響を与えています。

    この記事では、INTJ-Aの人がどんな特徴を持っているのか、健康面や仕事、人間関係などについて詳しく解説します。

    自分や周りの人の性格をよく知ることで、より良いコミュニケーションや自己理解につながるかもしれません。

    ぜひ、自分や友達の性格と比べながら読んでみてください。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的で、ビッグファイブに新しく1つの指標を追加した性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!性格のダークさがわかります。

    INTJ-A(建築家・自信型)の科学的な背景

    MBTIの概要

    MBTIは性格を16タイプに分類する心理学の理論です。

    そもそもMBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター(Myers-Briggs Type Indicator)の略称です。

    MBTIでは、以下の4つの指標を組み合わせて性格を16タイプに分類します。

    つまり、MBTIでは自分の性格傾向を「ISTJ」や「ENFP」などの4文字で表現するのです。似ているものとしてとても有名な16personalitiesがありますが、これはMBTIとは違います。

    ビッグファイブの概要

    性格心理学において最も有力な特性理論の一つが「ビッグファイブ(Big Five)」です。

    ビッグファイブは、開放性誠実性外向性協調性神経症傾向の5つの特性を測定します。

    また、16personalitiesやMBTIはタイプ分類(例、外向的か内向的かのどちらか)を用いるのに対して、ビッグファイブが特性を連続的な数値で評価する(例、外向性3.5)点も大きな違いです。

    さらに、古くから研究されており、論文数も多く、学力や所得、脳や遺伝など、他の分野でも多くの研究が行われています。ビッグファイブの方が比較的、科学的な裏付けが強いと言えます。

    MBTI・ビッグファイブ・HEXACOの相関関係

    MBTIの4指標とビッグファイブの5因子には相関関係があります。

    この相関を示した代表的な研究に、「The relationship between the revised NEO-Personality Inventory and the Myers-Briggs Type Indicator」という論文があります。

    この論文によると、MBTIとビッグファイブの相関は以下の通りです。

    また、MBTIとビッグファイブを参考にして作られた16personalitiesでは、ビッグファイブの神経症傾向が「アイデンティティ」と呼ばれており、自信(Assertive)か、慎重(Turbulent)かで分類されています。

    一番右には比較的新しい性格診断である「HEXACO(ヘキサコ)」があります。ビッグファイブに1つ指標「正直・謙虚さ」を加えて改良されています。

    本記事ではこの相関関係に基づいて、16personalitiesの性格タイプを詳細に解説していきます。

    元々はビッグファイブやHEXACOの研究なので、MBTIや16personalitiesよりも科学的に性格を知りたい場合は、こちらのHEXACO性格診断を受けてみてください。

    INTJ-A(建築家・自信型)とは?

    INTJ-Aは、ビッグファイブの低い外向性(I)、高い開放性(N)、低い協調性(T)、高い誠実性(J)、低い神経症傾向(A)を持つタイプです。特徴としては、

    • 戦略的思考と独立心が強い
    • 自信に満ちた決断力
    • 感情よりも論理を重視
    • 長期的なビジョンを持つ
    • ストレス耐性が高い

    彼らは自己効力感が高く、自分の能力を信じています。批判的思考と革新性を組み合わせ、効率的に目標を達成します。対人関係では直接的なコミュニケーションを好み、感情表現は控えめです。変化や挑戦を歓迎し、常に自己改善を目指します。

    INTJ-A(建築家・自信型)を科学的に解説

    身体的健康がいい

    INTJ-Aの人は、誠実性が高く神経症傾向が低い傾向にあります。これは、計画的で自制心があり、ストレスにも強いことを意味します。そのため、健康管理も計画的に行い、ストレスによる体調崩れも少ない傾向があります。

    INTJ-Aの人は、自分の健康に対して論理的にアプローチし、効率的な健康管理を心がけます。定期的な運動やバランスのいい食事など、健康的なライフスタイルを維持しやすいでしょう。

    ただし、完璧主義な面もあるので、健康管理にも過度にこだわりすぎないよう注意が必要かもしれません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    NとTの両方がある人と仲良くなりやすい

    INTJ-Aの人は、開放性と協調性が低い傾向にあります。そのため、同じように論理的思考を好み、新しいアイデアに興味を持つNT型の人々と相性が良いでしょう。

    INTJ-Aは、深い議論や知的な会話を楽しむ傾向があります。NT型の人々とは、互いの考えを刺激し合い、新しい発見や洞察を得られる関係性を築きやすいでしょう。

    ただし、感情面でのコミュニケーションは苦手な場合もあるので、バランスの取れた人間関係を築くには意識的な努力が必要かもしれません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    オンライン学習の効果がでる

    INTJ-Aの人は、開放性が高く誠実性も高い傾向にあります。これは、新しい知識や経験に対して好奇心旺盛で、計画的に学習に取り組む姿勢を持っていることを意味します。

    オンライン学習では、自己管理能力が重要ですが、INTJ-Aはその点で優れています。自分のペースで効率的に学習を進め、新しい情報を論理的に整理し、深く理解することができるでしょう。

    また、インターネットを通じて幅広い情報にアクセスできることも、INTJ-Aの知的好奇心を満たすのに適しています。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    知能IQが高いことが一番多い

    INTJ-Aの人は、開放性が高く外向性が低い傾向にあります。また、神経症傾向も低いです。これらの特徴は、高いIQと関連があるとされています。

    INTJ-Aは、複雑な問題を分析し、論理的に解決策を見出すのが得意です。抽象的な思考や概念理解に長けており、新しい情報を素早く吸収し、それを既存の知識と結びつける能力も高いでしょう。

    ただし、IQは知能の一側面に過ぎず、他の能力も大切です。INTJ-Aの人は、感情面や対人関係のスキルも伸ばすことで、バランスのいい能力を身につけることができるでしょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SNSで積極的に情報収集する可能性あり

    INTJ-Aの人は、開放性が高い傾向にあります。これは、新しい情報や知識に対して強い好奇心を持っていることを意味します。

    SNSは、INTJ-Aにとって効率的に多様な情報を収集できる場所となります。彼らは、興味のある分野について深く掘り下げた情報を探し、専門家の意見を追跡したり、最新のトレンドを把握したりするでしょう。

    ただし、INTJ-Aは外向性が低い傾向もあるため、SNSでの積極的な発信よりも、情報収集や観察に重点を置く可能性が高いです。また、収集した情報を批判的に分析し、信頼性を確認する傾向も強いでしょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    感染対策でソーシャルディスタンスをちゃんととる

    INTJ-Aの人は、外向性が低い傾向にあります。これは、一人の時間を大切にし、他人との物理的な距離を保つことに抵抗が少ないことを意味します。

    感染症対策としてのソーシャルディスタンスは、INTJ-Aにとって比較的自然に実践できるでしょう。彼らは論理的思考を好むため、科学的根拠に基づいた対策の必要性を理解し、適切に実行する傾向があります。

    また、INTJ-Aは計画性が高いので、人混みを避けるための行動計画を立てるのも得意です。ただし、完全に人との接触を避けることではなく、必要な交流は保ちつつ、適切な距離を保つバランスが重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    感染対策で手洗いなどちゃんと行う

    INTJ-Aの人は、誠実性が高い傾向にあります。これは、責任感が強く、ルールや決まりをしっかりと守る傾向があることを意味します。

    感染対策としての手洗いやマスク着用などは、INTJ-Aにとって重要な習慣として認識されるでしょう。彼らは、これらの対策の科学的根拠を理解し、効果的な方法を学び、確実に実践する傾向があります。

    また、INTJ-Aは計画性が高いので、外出時の感染対策グッズの準備や、帰宅後の消毒ルーチンなども行うでしょう。ただし、完璧主義な面もあるので、過度に神経質にならないようバランスを取ることが大切です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    仕事ができる、パフォーマンスが高い

    INTJ-Aの人は、誠実性が高く神経症傾向が低い傾向にあります。これは、計画的で効率的な仕事ぶりと、ストレスに強い性格を意味します。

    INTJ-Aは、論理的思考と分析力に優れており、複雑な問題を解決するのが得意です。また、長期的な視点で戦略を立て、効率的に目標を達成する能力も高いでしょう。

    さらに、完璧主義な面もあるため、高品質な仕事を追求します。ただし、チームワークや感情面でのコミュニケーションには課題があることもあるので、これらのスキルを意識的に伸ばすことで、より高パフォーマンスを発揮できるでしょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    学習目標志向性が高い(仕事で目標をたて学んでいく)

    INTJ-Aの人は、開放性が高く協調性が低い傾向にあります。これは、新しい知識や経験に対する強い好奇心と、独立心の強さを意味します。

    INTJ-Aは、自己成長や能力向上に強い関心を持ち、仕事においても明確な学習目標を設定する傾向があります。彼らは、新しいスキルの習得や知識の拡大を通じて、自分の価値を高めることに喜びを感じます。

    また、長期的な視点で自己の成長を計画し、体系的に学習を進めていく能力も高いでしょう。ただし、他者との協力や感情面での学びにも目を向けることで、よりバランスのいい成長が期待できます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    科学者に多い、その中でも創造性が高い

    INTJ-Aの人は、開放性が高く、協調性が低く、外向性も低い傾向にあります。これらの特性は、科学者としての適性と関連しています。

    INTJ-Aは、論理的思考と分析力に優れており、複雑な問題を解決するのが得意です。また、新しいアイデアや概念に対する強い好奇心を持ち、創造的な解決策を生み出す能力も高いでしょう。

    独立心が強く、一人で深く考え抜くことを好むINTJ-Aは、科学的な発見や革新的な理論の構築に適しています。ただし、チームでの研究活動では、コミュニケーションスキルを意識的に磨くことが重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ライター・編集者、アーティスト・クリエイター、カウンセラー・セラピストに多い

    INTJ-Aの人は、外向性が低い傾向にあります。これは、内面的な思考や創造性を重視し、一人で集中して仕事を行うことを好む傾向があることを意味します。

    ライターや編集者として、INTJ-Aは論理的な文章構成と深い洞察力を活かすことができます。アーティストやクリエイターとしては、独創的なアイデアと完璧主義的な姿勢が作品の質を高めるでしょう。

    カウンセラーやセラピストとしては、客観的な分析力と問題解決能力が活かされます。ただし、これらの職業では感情面でのコミュニケーションも重要なので、INTJ-Aはこのスキルを意識的に磨く必要があるかもしれません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    子どもの場合、ギフテッドの可能性がある

    INTJ-Aの子どもは、開放性が高い傾向にあります。これは、知的好奇心が強く、抽象的な思考や複雑な概念の理解が早い可能性があることを意味します。

    INTJ-Aタイプの子どもは、年齢不相応な語彙や知識を持っていたり、大人びた会話や思考をしたりすることがあります。また、特定の分野に深い興味を示し、その分野で驚くほどの知識や技能を身につけることもあるでしょう。

    ただし、ギフテッドの可能性がある場合でも、感情面や社会性の発達にも注意を払う必要があります。INTJ-Aの特性を理解しつつ、バランスのいい成長を支援することが重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    追求しすぎる完璧主義

    INTJ-Aの人は、誠実性が高い傾向にあります。これは、高い基準を設定し、それを達成しようとする強い意志を持っていることを意味します。

    INTJ-Aは、自分の仕事や生活のあらゆる面で完璧を求める傾向があります。彼らは細部にまでこだわり、最高の結果を出すために努力を惜しみません。この姿勢は、高品質な成果を生み出す原動力となります。

    しかし、完璧主義が行き過ぎると、ストレスや不満、燃え尽き症候群につながる可能性もあります。INTJ-Aは、完璧を追求しつつも、適度な妥協点を見出す柔軟性を身につけることが大切です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    健康に気を付けて野菜、乳製品、ナッツ類を好む

    INTJ-Aの人は、誠実性が高い傾向にあります。これは、自己管理能力が高く、健康的なライフスタイルを維持しようとする傾向があることを意味します。

    INTJ-Aは、健康に関する情報を論理的に分析し、最適な食生活を追求する傾向があります。野菜、乳製品、ナッツ類といった栄養価の高い食品を積極的に取り入れ、バランスの取れた食事を心がけるでしょう。

    また、これらの食品の健康効果や栄養素について深く研究し、自分の体質や目的に合わせて食生活を最適化する可能性も高いです。ただし、完璧主義的な面もあるので、食事に関してストレスを感じすぎないよう注意が必要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    社会的支配志向性SDOの思想を持ちやすい

    INTJ-Aの人は、協調性が低い傾向にあります。これは、個人の能力や実力を重視し、社会的なヒエラルキーを受け入れやすい可能性があることを意味します。

    社会的支配志向性(SDO)は、社会的グループ間の優劣関係を受け入れ、維持しようとする傾向です。INTJ-Aは、論理的思考を好むため、社会の秩序や効率性を重視し、能力主義的な考え方を持ちやすい可能性があります。

    ただし、この傾向は個人差が大きく、全てのINTJ-Aに当てはまるわけではありません。INTJ-Aは、自分の価値観や倫理観に基づいて、社会のあり方を批判的に考察する能力も持っています。

    社会的公平性や他者への配慮も重要であることを認識し、バランスの取れた視点を持つことが大切です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    マキャベリアニズムの可能性あり

    INTJ-Aの人は、開放性が高く、協調性が低く、神経症傾向も低い傾向があります。これらの特性は、マキャベリアニズム(目的のために手段を選ばない傾向)と関連する可能性があります。

    INTJ-Aは、戦略的思考に長け、長期的な目標達成のために効率的な方法を考え出す能力があります。また、感情に左右されにくく、冷静に状況を分析する傾向があります。

    これらの特性は、時として他者を操作したり、自己利益を優先したりする行動につながる可能性があります。ただし、多くのINTJ-Aは高い倫理観も持ち合わせており、マキャベリアニズムの傾向を建設的な方向に向けることができます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    比較的、年収が高くなりやすい

    INTJ-Aの人は、開放性が高く、誠実性も高く、神経症傾向が低い傾向にあります。これらの特性は、キャリアの成功や高収入と関連する可能性があります。

    INTJ-Aは、論理的思考と戦略的計画立案に優れており、複雑な問題を解決する能力が高いです。また、継続的な自己改善と学習への意欲も強いため、専門性を高め、キャリアを着実に積み上げていく傾向があります。

    さらに、リーダーシップ能力や革新的なアイデアを生み出す創造性も、INTJ-Aの強みとなり得ます。ただし、高収入は個人の努力や環境など、様々な要因に左右されることを忘れないでください。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    比較的、自尊感情が高い

    INTJ-Aの人は、神経症傾向が低い傾向にあります。これは、感情的に安定しており、自信を持って行動できることを意味します。

    INTJ-Aは、自分の能力や判断を信頼し、自己効力感が高い傾向があります。また、論理的思考と問題解決能力に自信を持っており、困難な状況でも冷静に対処できると考えています。

    さらに、継続的な自己改善への意欲が強いため、自分の成長を実感しやすく、それが自尊感情の向上につながります。ただし、他者との比較ではなく、自己の成長や価値観に基づいた健全な自尊感情を育むことが重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    リスク失敗しても後悔しずらい、冷静なリスク管理を行う

    INTJ-Aの人は、開放性が高く、誠実性も高く、神経症傾向が低い傾向にあります。これらの特性は、リスク管理と失敗への対応に影響を与えます。

    INTJ-Aは、論理的に状況を分析し、リスクと利益を慎重に検討する傾向があります。彼らは、十分な情報収集と計画立案を行ったうえで決断を下すため、失敗しても後悔しにくい傾向があります。

    また、感情的に安定しているため、失敗を学びの機会として客観的に捉えることができます。リスクを完全に避けるのではなく、冷静に管理し、必要に応じて打算的なリスクを取る能力も持っています。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    日本の北陸に多い

    INTJ-Aの人は、協調性が低い傾向にあります。これは、個人主義的な傾向や独立心の強さを意味します。

    日本の北陸地方に INTJ-A タイプが多いという傾向は興味深い観察です。地域の文化や気候、歴史的背景がパーソナリティ形成に影響を与える可能性があります。北陸の厳しい気候や、伝統的な職人気質などが、INTJ-A の特性と関連しているかもしれません。

    ただし、この傾向は一般化には注意が必要です。個人差は大きく、地域によってパーソナリティタイプの分布が異なる理由については、さらなる研究が必要でしょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    シンプルな服装や、実用的な服装が好み

    INTJ-Aの人は、開放性が高く、外向性が低い傾向にあります。これらの特性は、彼らの服装の好みにも影響を与えます。

    INTJ-Aは、効率性と機能性を重視する傾向があるため、シンプルで実用的な服装を好むことが多いです。彼らにとって、服装は自己表現の手段というよりも、目的を達成するための道具として捉えられることが多いでしょう。

    また、不必要な装飾や流行を追うことよりも、長期的に使える質の高いアイテムを選ぶ傾向があります。ただし、個人の好みや状況によって例外もあり、TPOに応じた適切な服装選びも行います。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    最後に

    INTJ-Aタイプの人は、頭の回転が速く、論理的に考えるのが得意な人たちです。新しいことを学ぶのが大好きで、目標に向かって計画を立てて頑張る傾向があります。

    一人で集中して作業するのが好きで、複雑な問題を解決するのも得意です。

    健康や学習に関しても計画的で、オンライン学習などでも高い効果を発揮しやすいでしょう。ただ、完璧を求めすぎる面もあるので、時には力を抜くことも大切です。

    人間関係では、同じように論理的に考える人と仲良くなりやすい傾向があります。でも、感情面でのコミュニケーションは苦手かもしれません。

    自分の強みを活かしつつ、苦手な面も少しずつ改善していけば、きっと素晴らしい可能性が開けるはずです。

    紹介した傾向は、元々ビッグファイブやHEXACOの研究なので、MBTIや16personalitiesよりも科学的に性格を知りたい場合は、こちらのHEXACO性格診断を受けてみてください。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。