コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 科学者に向いてる性格とは?適性や能力を論文で解説

科学者に向いてる性格とは?適性や能力を論文で解説

    科学者の性格

    科学者の性格は、どのような特徴があるのでしょうか。

    私たちにとって、科学者というと、実験や研究に没頭する真面目で固いイメージを持っている人が多いかもしれません。

    しかし、最近の心理学の研究では、科学者の性格には独特の傾向があることが明らかになってきました。

    また、科学者の性格は、研究内容やアプローチにも影響を与えることも分かってきました。

    今回は「The Psychology of Science: Review and Integration of a Nascent Discipline」という論文を解説していきます。

    本記事では、発達心理学、認知心理学、性格心理学、社会心理学の観点から、科学者の性格について、最新の研究成果をていねいに解説します。

    心理学の研究って、意外と身近なところに役立つ知識が隠れているんですよ。

    科学者の性格に関する理解を深めることで、皆さんの科学に対する見方が変わるかもしれません。

    ※科学者を職業として考えると、性格ごとの適職の記事もおすすめです。

    目次

    発達心理学からみた科学者の性格

    若手科学者の高い生産性は将来の生産性を予測する

    若い時期の科学者の高い生産性は、将来の高い生産性を予測することができます。

    つまり、キャリアの初期段階で多くの研究成果を出している科学者は、その後も高い生産性を維持する傾向にあるのです。

    これは、科学者の能力や資質が早い段階から発揮されていることを示唆しています。

    また、若手時代に優れた業績を上げることで、研究費の獲得や昇進などのチャンスが増え、さらなる研究活動を後押しする好循環が生まれるとも考えられます。

    若手科学者の生産性を高めるためには、以下のような取り組みが有効でしょう。

    • 優れた指導者やメンターによる手厚いサポート
    • 自由な研究環境と十分な研究資源の提供
    • 他分野の研究者との交流や共同研究の機会の創出

    若手科学者の生産性を後押しすることは、その後の科学者人生に大きな影響を与えます。

    若い時期の研究活動をいかに充実させるかが、科学者の将来を左右すると言っても過言ではないでしょう。

    年齢と科学的生産性の関係

    科学者の生産性は、30代後半から40代前半にかけてピークを迎えることが知られています。

    この時期は、研究者としての経験やスキルが十分に蓄積され、同時に体力や気力も充実している時期だと言えます。

    ただし、ピーク時の生産性の高さには個人差があり、一概に年齢だけで決まるわけではありません。

    また、分野によってもピークの時期にはばらつきがあります。

    例えば、以下のような傾向が報告されています。

    • 数学や物理学では比較的若い時期にピークを迎える
    • 生物学や地学では少し遅めにピークを迎える傾向にある

    興味深いことに、年齢と生産性の関係は、単純な直線的な減少ではなく、緩やかな曲線を描くことが知られています。

    ピークを過ぎても、すぐに生産性が落ちるわけではなく、緩やかな減少カーブを描きながら、比較的高い生産性を維持し続けるのです。

    人生の後半においても、科学者は豊富な知識と経験を活かして、着実に研究成果を生み出していくことができるのです。

    科学への興味の発達に影響する家庭環境と指導者

    科学に対する興味や関心は、家庭環境や指導者との出会いによって大きく育まれます。

    特に、幼少期から科学に触れる機会が多い家庭で育った子供は、科学者になる確率が高いと言われています。

    家族の中に科学者がいたり、科学的な話題が日常的に話されていたりする環境は、子供の知的好奇心を刺激し、科学への興味を高めるのです。

    また、学校の先生や塾の講師など、熱心な指導者との出会いも科学への関心を高める大きな要因となります。

    指導者から受けた影響として、以下のようなものが挙げられます。

    • 科学の面白さや奥深さを伝えてくれた
    • 研究者として歩むロールモデルになった
    • 実験や観察などの科学的体験の機会を与えてくれた

    科学に対する興味は、単に知識を得るだけでなく、実際に手を動かして試行錯誤することで育まれていきます。
    子供の頃から科学に親しむ環境を整え、優れた指導者との出会いの場を提供することが、将来の科学者を育てる上で重要なポイントとなるでしょう。

    数学的能力の性差と発達

    数学的能力には一定の性差が存在し、男性の方が平均的に高い能力を示す傾向にあります。

    ただし、この差は思春期以降に現れ始め、それ以前の年齢では性差はほとんど見られないことが知られています。

    性差が生じる原因としては、生物学的要因と社会的要因の両方が考えられています。

    生物学的要因としては、以下のようなものが挙げられます。

    • 男女の脳の構造や機能の違い
    • ホルモンバランスの違いによる認知能力への影響

    一方、社会的要因としては、以下のような点が指摘されています。

    • 数学は男性的な学問という固定観念
    • 女子に対する理系進学の促しの少なさ
    • ロールモデルとなる女性数学者の不足

    近年では、数学的能力の性差は徐々に縮小傾向にあります。
    適切な教育的介入と社会的バイアスの除去により、女性の数学的能力が伸びる可能性は十分にあるでしょう。
    性差の原因を明らかにし、男女の能力差を埋めていくための取り組みが求められています。

    認知心理学からみた科学者の性格

    科学者の性格をビッグファイブで見る

    科学者の性格を理解する上で、ビッグファイブは非常に有用な枠組みを提供してくれます。
    以下の5つの次元で捉えるモデルです。

    1. 開放性 (Openness):知的好奇心、創造性、柔軟性など
    2. 誠実性 (Conscientiousness):几帳面さ、勤勉さ、規律性など
    3. 外向性 (Extraversion):社交性、積極性、活発さなど
    4. 協調性 (Agreeableness):親切さ、協力的、寛容性など
    5. 神経症傾向 (Neuroticism):情緒不安定、ストレス耐性の低さなど

    多くの研究で、科学者は高い開放性と誠実性、低い外向性と神経症傾向を示すことが報告されています。

    これは、科学者が知的探求心と几帳面さを持ち、独立して仕事をすることを好み、感情的に安定している傾向にあることを示唆しています。

    また、科学者全般に協調性の低さが見られることがあり、時に傲慢で敵意的な印象を与えることもあるかもしれません。

    特に、創造性の高い科学者は、特に開放性が高く、新しいアイデアを積極的に取り入れる柔軟性を持っているようです。

    ただし、これらの特徴は平均的な傾向であり、個々の科学者の性格はかなり多様であることに注意が必要です。

    ※ビッグファイブの改良版であるHEXACO性格診断はこちらで受けることができます!あなたは科学者向きかな?

    科学者の性格①:仮説検証のプロセス

    優れた科学者は、仮説検証のプロセスにおいて特徴的な行動パターンを示します。
    彼らは、研究の初期段階では仮説を積極的に支持する証拠を集める傾向があります。
    これは、仮説の妥当性を確認し、研究の方向性を定めるために重要な作業だと言えます。
    一方、研究が進んで仮説の妥当性がある程度確認できた段階になると、今度は反証を積極的に探す行動に切り替わります。
    仮説に反するデータを集めることで、仮説の修正や発展につなげていくのです。
    このように、研究の段階に応じて適切に仮説検証のアプローチを切り替えていくことが、科学者に求められる重要なスキルの一つと言えるでしょう。
    また、優れた科学者に見られるその他の特徴として、以下のようなものが挙げられます。

    • 複数の仮説を同時に検討し、比較検討する
    • 実験データを多角的に解釈し、新たな発見を導く
    • 他者の研究成果を適切に評価し、自分の研究に活かす

    科学者には、柔軟な思考力と批判的思考力が求められます。
    仮説検証のプロセスを通じて、これらの能力を磨いていくことが重要だと言えるでしょう。

    科学者の性格②:科学的発見を導く思考法

    科学的発見は、従来の常識にとらわれない自由な発想から生まれることが多いと言われています。

    固定観念や先入観にとらわれず、柔軟な思考でアプローチすることが、イノベーションの種を見つけることにつながります。

    特に、アナロジーの活用が科学的発見の重要な鍵を握っていると言われています。

    アナロジーとは異なる事象の間に類似性を見出し、 知識を転用することです。
    例えば、以下のような事例が知られています。

    • ベンジャミン・フランクリンは、 雷と電気の類似性に着目し、避雷針を発明した
    • ケクレは、 蛇の動きと炎の動きの類似性から、 ベンゼン環の構造を閃いた

    このように、一見関係のなさそうな事象の間に共通点を見出すことで、画期的な発見が生まれることがあるのです。
    また、アナロジーは問題解決の有効な手段としても知られています。
    ある分野で培った知識を別の分野に応用することで、難問に対する糸口が見つかることがあります。
    科学の分野を越えて知識を柔軟に運用する力は、科学者に求められる重要な能力の一つだと言えるでしょう。

    科学者の性格③:科学的思考の複雑性が高い人ほど優れた科学者

    科学的思考の複雑性と科学者としての能力には、密接な関係があることが分かっています。
    科学的思考の複雑性とは

    物事を多角的に捉え、複数の観点から統合的に理解する能力

    を指します。
    この能力が高い人ほど、優れた科学者になる傾向が見られるのです。
    例えば、アメリカ心理学会の歴代会長の中で最も優れた業績を残した人は、科学的思考の複雑性が非常に高いことが明らかになっています。
    また、ノーベル賞受賞者をはじめとするトップ科学者も、複雑性の高い思考パターンを示す傾向にあります。
    科学的思考の複雑性を測定する尺度としては、以下のようなものが知られています。

    • 物事を多面的に捉えているか
    • 異なる観点を統合して理解しているか
    • 問題解決に複数のアプローチを試みるか

    これらの指標が高いほど、科学者としての能力も高くなる傾向があると言えます。
    科学的思考の複雑性を高めるためには、日頃から物事を多角的に見る習慣を身につけることが大切です。
    また、異分野の研究者との交流を通じて、多様な視点を取り入れることも有効でしょう。

    科学者の性格④:新しい理論の受け入れやすさに年齢は関係ない

    科学者が新しい理論を受け入れるかどうかは、年齢とは関係がないことが分かっています。

    一般的に、若い科学者の方が新しいアイデアを受け入れやすく、年配の科学者は既存の理論に固執しがちだと思われています。

    しかし、実際にはそのような傾向は見られないのです。

    例えば、1970年代にプレートテクトニクス理論が発表された際、年配の科学者の方が若手よりも早くこの理論を受け入れたことが報告されています。

    また、1859年にダーウィンが「種の起源」を発表した際も、受け入れ派と反対派の年齢に有意な差は見られませんでした。

    科学者が新理論を受け入れるかどうかは、年齢ではなく、その理論の妥当性や実証性に基づいて判断されると考えられます。

    新理論を評価する際の基準としては、以下のようなものが挙げられます。

    • 実験や観測によって裏付けられているか
    • 既存の理論よりも説明力が高いか
    • 反証可能性が高く、科学的方法論に則っているか

    これらの基準を満たす理論であれば、年配の科学者でも柔軟に受け入れる姿勢を示すと言えるでしょう。
    科学者には、常に新しい発想に対して開かれた姿勢を持つことが求められます。
    年齢に関係なく、優れた科学者は新理論の妥当性を公平に評価する姿勢を持ち合わせているのです。

    性格心理学からみた科学者の性格

    科学者に共通する性格特性

    科学者に共通する性格特性として、几帳面さ、意欲、内向性などが挙げられます。
    几帳面さは、実験や観測において正確なデータを収集するために不可欠な特性です。
    データの取り扱いに細心の注意を払い、ミスを最小限に抑えることが求められます。
    また、研究の遂行には強い意欲と粘り強さが必要不可欠です。
    失敗を恐れずに何度も試行錯誤を繰り返すことが、新たな発見につながることが多いのです。
    さらに、科学者は内向的な性格傾向を示すことが知られています。
    以下のような特徴が見られます。

    • 一人で考えることを好む
    • 社交的ではなく、人付き合いが苦手
    • 集中力が高く、没頭しやすい

    これらの特性は、研究活動に没頭するために必要な資質だと言えるでしょう。
    一方で、科学者は感情的に安定しており、衝動的な行動をとることが少ないことも知られています。
    冷静に物事を判断し、合理的に行動することが求められる職業柄、この特性は重要だと考えられます。
    科学者に求められる性格特性は、研究活動に必要な資質と密接に関係していると言えるでしょう。

    創造的な科学者の性格的特徴

    創造性の高い科学者は、特徴的な性格傾向を示すことが知られています。
    彼らは、同じ分野の他の科学者と比べて、以下のような特性が強い傾向にあります。

    • 支配的で競争心が強い
    • 自信家で、時に傲慢
    • 好奇心が旺盛で冒険心がある
    • 独立心が強く、権威に挑戦的

    これらの特性は、新しいアイデアを生み出し、困難な問題に立ち向かっていくために必要不可欠だと考えられます。

    一方で、創造的な科学者は、内向的で孤独を好む傾向も強いことが知られています。

    彼らは、他者との交流よりも、一人で思索にふけることを好むのです。 また、アイデアを生み出すためには、既存の常識にとらわれない柔軟な思考が求められます。

    創造的な科学者は、以下のような特性を持ち合わせていると言われています。

    • 複数の視点から問題を捉えることができる
    • 従来の枠組みにとらわれない発想力がある
    • 失敗を恐れずに新しいことに挑戦する

    これらの特性は、画期的な発見を導く上で重要な役割を果たすと考えられます。

    創造的な科学者の性格的特徴は、独創的なアイデアを生み出すために必要な資質と言えるでしょう。

    ただし、性格特性だけでなく、豊富な知識や経験、優れた洞察力なども不可欠です。

    科学者の性格が研究内容に与える影響

    科学者の性格は、研究内容や理論的志向性に影響を与えることが知られています。

    例えば、心理学者の場合、性格特性によって、行動主義的になるか、精神分析的になるかが異なると言われています。

    また、研究手法としても、実験を重視するか、調査を重視するかという違いが見られます。 性格と研究内容の関連性は、以下のような点から説明できます。

    • 自分の性格特性と合致する理論に魅力を感じる
    • 性格特性によって、物事の捉え方や関心の向き方が異なる
    • 性格が、研究スタイルや手法の選択に影響する

    このように、科学者の性格は、研究活動のあらゆる側面に影響を及ぼすと考えられます。

    ただし、これらの知見の多くは行動科学の分野で得られたものであり、自然科学の分野でも同様の傾向が見られるかどうかは不明確です。

    今後は、他の科学分野でも性格と研究内容の関連性を検討していく必要があるでしょう。

    科学者の性格が研究内容に与える影響は、科学者の多様性を理解する上で重要な視点だと言えます。

    画一的な科学者像ではなく、一人一人の個性に着目することで、科学のダイナミズムを捉えることができるのです。

    科学者の性格と能力の因果関係は不明確

    科学者の性格特性と科学的能力の因果関係については、明確な結論は出ていません。

    つまり、特定の性格が優れた科学者を生み出すのか、それとも科学者になることで性格が変化するのかは分かっていないのです。

    その理由としては、以下のような点が挙げられます。

    • 科学者の性格と能力の関係を調べる研究が少ない
    • 性格と能力の両方に影響を与える第三の要因が存在する可能性がある
    • 科学者のキャリア段階によって、性格と能力の関係性が変化する可能性がある

    科学者の性格と能力の因果関係を明らかにするためには、長期的な追跡調査が必要不可欠です。

    同じ科学者を長期間にわたって追跡し、性格と能力の変化を時系列で捉えることが求められます。

    また、科学者の能力を測定する際には、単なる研究業績だけでなく、創造性や問題解決能力なども考慮する必要があるでしょう。

    性格と科学的能力の因果関係を解明することは、科学者の育成や選抜において重要な意味を持ちます。

    優れた科学者を輩出するためには、単に性格特性だけに頼るのではなく、多面的な評価が求められると言えるでしょう。

    社会心理学からみた科学者の性格

    実験者や観察者の性格が結果に与える影響

    実験や観察における実験者の性格特性は、結果に大きな影響を与えることが知られています。

    例えば、以下のような現象が報告されています。

    • 実験者の期待が被験者の行動を無意識のうちに誘導する(ピグマリオン効果)
    • 実験者の性格特性によって、被験者の反応が異なる
    • 観察者の先入観が、データの解釈に影響を与える

    このように、科学的研究における人的要因が、結果に大きな影響を与える可能性があるのです。

    特に、実験者と被験者の人間関係や、実験者の無意識のバイアスが問題視されています。

    例えば、魅力的な実験者に対しては、被験者がより協力的になることが知られています。

    また、実験者が特定の結果を期待している場合、無意識のうちにデータの取得や解釈が歪められてしまうことがあります。

    このような問題を回避するためには、以下のような工夫が必要だと考えられます。

    • 実験者と被験者の接触を最小限に抑える
    • 複数の実験者によるブラインド実験を行う
    • 実験者のバイアスを可視化し、意識的にコントロールする

    人的要因が結果に与える影響は、科学の客観性を損なう恐れがあります。 研究者には、自らのバイアスを自覚し、適切にコントロールすることが求められると言えるでしょう。

    科学的創造性を高める環境要因

    科学者の創造性は、環境要因によって大きく左右されることが知られています。 特に、以下のような要因が重要だと考えられています。

    • 自由な研究環境と十分な研究資源
    • 多様な研究者との交流の機会
    • 失敗を恐れない組織風土
    • 適度な競争と協調のバランス

    これらの要因は、科学者の内発的動機づけを高め、新しいアイデアを生み出すことを促進すると考えられます。

    例えば、自由な研究環境では、科学者が自分の興味関心に基づいて研究テーマを選択することができます。

    また、他分野の研究者との交流は、新しい視点や発想を得るための重要な機会となります。

    組織風土も、科学者の創造性に大きな影響を与えます。 失敗を恐れず、チャレンジを奨励する文化がある組織では、科学者が新しいアイデアを積極的に試すことができるでしょう。

    一方で、過度な競争は、科学者のストレスを高め、創造性を阻害する恐れがあります。 適度な競争と協調のバランスが重要だと考えられます。

    科学的創造性を高めるためには、研究環境の整備と組織文化の醸成が不可欠です。

    科学者の内発的動機づけを引き出し、多様な発想を促進する環境づくりが求められると言えるでしょう。

    科学の質の評価と研究者の性格の関わり

    科学研究の質を評価する際には、研究者の性格特性も考慮する必要があると指摘されています。

    従来の科学評価では、専ら研究成果の質や量に基づいて判断されることが多かったのですが、それだけでは不十分だと考えられるようになってきました。

    研究者の性格特性は、以下のような点で研究の質に影響を与える可能性があります。

    • 誠実さと倫理観は、データの捏造や改ざんを防ぐ
    • 協調性は、共同研究を円滑に進める上で重要
    • 開放性は、新しいアイデアを取り入れる柔軟性につながる

    このように、研究者の性格特性は、研究の質を左右する重要な要因の一つだと言えます。

    ただし、性格特性を科学評価に組み込むことには慎重な議論が必要でしょう。 性格特性の測定方法や、評価基準の設定などには、まだ多くの課題が残されています。

    また、性格特性を重視しすぎると、画一的な研究者像を求めることにもつながりかねません。 多様な性格特性を持つ研究者が活躍できる環境づくりが重要だと考えられます。

    科学の質の評価において、研究者の性格特性をどのように考慮するかは、今後の重要な研究課題の一つだと言えるでしょう。

    性格特性と研究の質の関係性を明らかにすることで、より適切な科学評価の在り方が見えてくるはずです。

    少数派の科学者が研究に与えるインパクト

    科学研究において、少数派の意見が重要な役割を果たすことがあります。

    ある研究分野で支配的な理論に疑問を呈し、新しい視点を提供する少数派の科学者は、しばしば革新的な発見をもたらします。

    少数派の科学者が研究に与えるインパクトとしては、以下のようなものが挙げられます。

    • 既存の理論の見直しを迫る
    • 新しい研究の方向性を示唆する
    • 独創的なアイデアを提供する
    • 多様な視点を取り入れることで、研究の質を高める

    例えば、20世紀初頭の物理学界では、ニュートン力学が支配的なパラダイムでした。

    しかし、アインシュタインやボーアなどの少数派の科学者が、相対性理論や量子力学といった革新的な理論を提唱したことで、物理学は大きな転換期を迎えることになったのです。

    このように、少数派の科学者は、既存の枠組みにとらわれない自由な発想で、科学の発展に大きく寄与してきました。

    ただし、少数派の意見が受け入れられるためには、十分な実証データと論理的な説明が必要不可欠です。

    単なる異論ではなく、説得力のある主張でなければならないでしょう。 また、少数派の意見を積極的に取り入れる組織文化や風土づくりも重要だと考えられます。

    多様な意見を尊重し、建設的な議論を促進する環境があってこそ、少数派の科学者が活躍できるのです。

    科学者の性格に関する研究結果のまとめ

    様々な性格要因が複雑に絡み合って科学者の能力発揮に影響

    科学者の性格特性と能力発揮の関係は、非常に複雑で多様な要因が絡み合っています。

    発達段階や研究分野、所属組織の風土など、様々な状況要因が科学者の性格と能力に影響を与えると考えられます。

    また、科学者の能力と業績は、単に性格特性だけでなく、知能や創造性、動機づけなどの他の要因とも密接に関係しています。

    したがって、科学者の性格と能力の関係を理解するためには、多面的な視点からのアプローチが不可欠だと言えるでしょう。

    性格心理学の知見を活用しつつ、他の心理学の分野とも連携しながら、総合的な研究を進めていく必要があります。

    若い頃からの創造的性格や几帳面さが重要

    科学者の性格特性は、若い頃から形成されている可能性が高いと考えられています。

    特に、創造性や几帳面さといった特性は、科学者のキャリア形成に大きな影響を与えると考えられます。

    子供の頃から科学に対する強い興味関心を持ち、自由な発想で探求することを好む傾向が、将来の科学者としての素質につながるのかもしれません。

    また、実験や観測において正確さを追求する几帳面な性格も、科学者に求められる重要な資質の一つです。

    若い頃からの性格特性が、科学者としてのキャリア形成にどのような影響を与えるのか、さらなる研究が期待されます。

    新しいアイデアを受け入れる柔軟性を持つことが求められる

    科学の発展には、新しいアイデアを柔軟に取り入れる姿勢が欠かせません。

    特に、パラダイムシフトを引き起こすような革新的な理論は、当初は少数派の意見として提唱されることが多いのです。

    したがって、科学者には、既存の枠組みにとらわれない柔軟な思考が求められます。 新しいアイデアを積極的に評価し、吟味する姿勢が重要だと言えるでしょう。

    ただし、全ての新しいアイデアを無批判に受け入れるのではなく、科学的な方法論に基づいて慎重に検討することが大切です。

    周囲からの評価にとらわれず自分の信念を貫く強さも必要

    科学者には、周囲からの評価にとらわれない独立心や、自分の信念を貫く強さも求められます。

    特に、革新的な理論を提唱する場合、当初は周囲から懐疑的な目で見られることも少なくありません。

    そのような状況でも、自分の考えを曲げずに研究を続けていくためには、強固な意志と勇気が必要不可欠です。

    また、研究には失敗や挫折が付き物ですが、そこから学び、新しいアプローチを試みることが重要です。

    失敗を恐れずに挑戦し続ける姿勢があってこそ、大きな発見が生まれるのだと言えるでしょう。

    科学者には、周囲の評価に左右されない自立した精神と、困難に立ち向かう強靭な意志が求められているのです。

    以上が、科学者の性格に関する心理学の研究知見をまとめたものです。

    科学者の性格は一様ではなく、多様な特性が絡み合っていることが分かります。

    また、性格と能力の関係も複雑で、様々な要因が影響していると考えられます。

    科学者の性格をより深く理解するためには、今後も多角的な研究が必要だと言えるでしょう。

    心理学の知見を活用しながら、科学者の性格特性と研究活動の関係性を明らかにしていくことが期待されています。

    最後に

    いかがでしたか。科学者の性格について、心理学の研究から見えてきた特徴について理解を深めていただけたでしょうか。

    科学者は、私たちが想像するよりも、ずっと多様で個性的な性格の持ち主だということが分かりました。

    また、周囲の評価にとらわれない独立心や、失敗を恐れない勇気も欠かせません。

    科学者の性格と研究活動の関係は、まだまだ謎に包まれている部分も多いですが、心理学の知見を活用することで、少しずつ明らかになってきています。

    皆さんも、科学者の性格に興味を持ち、様々な側面から科学について考えてみると、新しい発見があるかもしれませんね。

    科学は、私たち一人一人の生活と密接に関わっています。

    身近な視点から科学に触れることで、皆さんの科学に対する興味や理解がさらに深まっていくことを期待しています。

    ※ビッグファイブの改良版であるHEXACO性格診断はこちらで受けることができます!あなたは科学者向きかな?

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。