コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » マキャベリアニズムとは?特徴や付き合い方を論文で解説

マキャベリアニズムとは?特徴や付き合い方を論文で解説

    マキャベリアニズム

    マキャベリアニズムという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

    これは、イタリアの政治思想家ニコロ・マキャベリの名前に由来する性格特性です(画像の人物)。

    この傾向が強い人は、自分の目的のためには手段を選ばず、他者を操作することに長けています。

    一見、強そうに見えるかもしれませんが、実は対人関係でトラブルを起こしやすい特徴でもあります。

    本記事では、マキャベリアニズムの意味や特徴、他の性格特性との関係、そして社会的な影響について詳しく解説します。

    「ダークトライアド」や「HEXACOモデル」といった専門的な概念も、分かりやすく紹介するので安心してください。

    この特性を理解することで、自分や周囲の人の行動を見る目が変わるかもしれません。

    それでは、一緒にマキャベリアニズムの世界を探求していきましょう!

    マキャベリアニズムとは

    マキャベリアニズムの意味と定義

    他者を操作し利用する傾向が強い性格特性のことです。

    自分の目的のためには手段を選ばず、他者の感情や利益を考慮しません。また、冷淡で計算高く、良心の呵責を感じにくいとされています。

    つまり、この傾向が強い人は、以下のような特徴があります。

    • 自己中心的で利己的
    • 共感性に乏しい
    • 道徳的規範を軽視する
    • 他者を操作し利用する

    このように、マキャベリアニズムは対人関係において問題となる性格特性だと言えるでしょう。

    マキャベリアニズムの主な特徴

    マキャベリアニズムの主な特徴は、自己中心性、共感性の欠如、搾取的行動の3つです。 以下で詳しく見ていきましょう。

    • 自己中心的な性格:自分の利益を最優先し、他者の感情や立場を考慮しない
    • 他者への共感性の欠如:相手の気持ちを理解したり、思いやったりすることが苦手
    • 対人関係での搾取的行動:他者を利用し、操作することで自分の目的を達成しようとする

    これらの特徴から、マキャベリアニズムが高い人は、社会的に望ましくない行動をとりがちだと言えます。

    ただし、状況によっては、マキャベリアニズム的な戦略が効果的な場合もあるでしょう。

    マキャベリアニズムの測定方法

    マキャベリアニズムの測定には、質問紙形式の尺度が用いられます。 代表的な尺度には以下のようなものがあります。

    • Mach-IV尺度:20項目から成る質問紙で、マキャベリアニズムの傾向を測定
    • マキャベリアニズム人格尺度(MPS):45項目から成る質問紙で、より詳細な評価が可能
    • Dirty Dozen尺度(DD):12項目の短縮版の質問紙で、手軽に測定できる
    • HEXACO性格診断:60項目の質問で、こちらのオンラインで回答できる

    これらの尺度では、質問項目に対して自分がどの程度当てはまるかを回答します。

    得点が高いほど、マキャベリアニズムの傾向が強いことを示します。

    ただし、自己報告式の尺度であるため、回答の歪みが生じる可能性があります。正確な評価のためには、多面的な測定が必要とされています。

    マキャベリアニズムと他の性格特性の関係

    マキャベリアニズムとダークトライアド

    ナルシシズム、サイコパシーと並んで「ダークトライアド」と呼ばれる性格特性の1つです。 これらの特性には、以下のような共通点があります。

    • 自己中心的な傾向が強い
    • 他者への共感性が乏しい
    • 対人関係において搾取的な行動をとりやすい

    一方で、ナルシシズムは自己愛的で注目を求める傾向が強いのに対し、マキャベリアニズムは戦略的で計算高い特徴があります。

    また、サイコパシーは衝動性や反社会性が高いのに対し、マキャベリアニズムは良心の呵責を感じにくいものの、違法行為に手を染める可能性は低いとされています。

    このように、ダークトライアドの中でもマキャベリアニズムは独自の特徴を持っていると言えるでしょう。

    マキャベリアニズムとHEXACOモデル

    マキャベリアニズムは、HEXACO性格モデルの6つの次元とも関連があります。 特に、以下の次元との関連が強いことが示されています。

    • 正直・謙虚さ(H):低い
    • 外向性(E):やや低い
    • 情緒安定性(E):やや低い(精神的に安定)
    • 協調性(A):低い
    • 開放性(O):やや高い

    つまり、マキャベリアニズムが高い人は、正直で謙虚ではなく、内向的で情緒的に安定している傾向があります。

    また、協調性に乏しく、新しいアイデアに開放的であると言えるでしょう。

    HEXACOモデルを用いることで、マキャベリアニズムをより多面的に理解することができます。

    知能との関係

    マキャベリアニズムは、言語性知能よりも非言語性知能が高い傾向があります。

    言語性知能とは、言葉を用いた理解力や表現力のことを指します

    一方、非言語性知能は、言葉以外の情報を処理する能力を意味します。

    マキャベリアニズムが高い人は、相手の表情や身振りから心理状態を読み取ったり、状況を素早く判断したりすることに長けているのかもしれません。

    ただし、知能とマキャベリアニズムの関係については、まだ十分な研究結果が得られていないのが現状です。 今後の研究の進展が期待されます。

    自己高揚傾向の関連

    マキャベリアニズムは、自己高揚傾向と関連がないことが示されています。

    自己高揚傾向とは、自分を実際よりも良く見せようとする傾向のことを指します。 マキャベリアニズムが高い人は、他者を操作することには熱心ですが、自分を良く見せようとは思わないのかもしれません。

    むしろ、自分の能力や成果を冷静に評価し、必要以上に自己アピールしないのかもしれません。

    この点は、自己愛的なナルシシズムとは異なる特徴だと言えるでしょう。

    マキャベリアニズムと自己高揚傾向の関連性については、さらなる研究が求められています。

    マキャベリアニズムと反社会的行動

    犯罪リスクとの関係

    マキャベリアニズムが高い人は、犯罪行為に手を染めやすい傾向があります。

    特に、詐欺や横領などの経済犯罪との関連が指摘されています。 マキャベリアニズムが高い人は、自分の利益のためには違法行為も辞さない可能性があるのです。

    ただし、サイコパシーほど衝動的で極端な犯罪行動をとるリスクは低いと考えられています。

    むしろ、計画的で巧妙な犯罪を企てる可能性が高いのかもしれません。 犯罪心理学の分野では、マキャベリアニズムと犯罪の関係性が注目されています。

    今後、犯罪防止のためにもマキャベリアニズムの理解が重要になるでしょう。

    非行傾向との関連

    マキャベリアニズムが高い人は、ルールや規範を軽視しがちです。 そのため、非行行動をとるリスクが高くなります。 非行とは、犯罪までには至らないものの、社会的に望ましくない行動のことを指します。 例えば、以下のような行動が非行に含まれます。

    • 学校での怠学や欠席
    • 家庭での反抗的な態度
    • 飲酒や喫煙などの問題行動

    マキャベリアニズムが高い人は、自分の欲求を満たすために非行行動に走りやすいと考えられます。

    ただし、非行の背景には複雑な要因があるため、マキャベリアニズムだけが原因とは言えません。

    非行の予防や対策には、多角的なアプローチが必要とされています。

    マキャベリアニズムの視点を取り入れることで、より効果的な介入が可能になるかもしれません。

    攻撃性との関連

    マキャベリアニズムが高い人は、言葉や行動で他者を攻撃しやすい傾向があります。 特に、自分の目的達成のために他者を攻撃することに躊躇しません。 攻撃性には、以下のようなタイプがあります。

    • 身体的攻撃:暴力などの物理的な攻撃行動
    • 言語的攻撃:悪口や辛辣な言葉による攻撃
    • 関係性攻撃:無視や仲間外れなどの間接的な攻撃

    マキャベリアニズムが高い人は、状況に応じて巧みに攻撃方法を使い分けるのかもしれません。

    ただし、攻撃性が高すぎると、対人関係のトラブルを引き起こす可能性があります。

    攻撃性の制御は、マキャベリアニズムが高い人にとって重要な課題だと言えるでしょう。

    攻撃性の背景にあるマキャベリアニズムの特性を理解することで、適切な対応策を講じることができます。

    搾取性との関連

    マキャベリアニズムが高い人は、他者を利用し、搾取する傾向が強いです。 自分の利益のために、他者の弱みにつけ込んだり、騙したりすることを厭いません。 搾取的行動の例としては、以下のようなものがあります。

    • 他者の労力や成果を横取りする
    • 弱い立場の人を不当に扱う
    • 情報を操作して相手を欺く

    マキャベリアニズムが高い人は、巧妙に他者を操り、自分に有利な状況を作り出すのです。

    ただし、搾取的行動は短期的には利益をもたらすかもしれませんが、長期的には人間関係を損なうリスクがあります。

    搾取された側の人は、マキャベリアニズムが高い人に対して不信感を抱くでしょう。

    マキャベリアニズムと搾取性の関連を知ることで、被害を未然に防ぐことができるかもしれません。

    マキャベリアニズムといじめの関係

    職場でのパワハラ・いじめとマキャベリアニズム

    職場でのパワハラやいじめは、マキャベリアニズムと密接に関連しています。

    マキャベリアニズムが高い人は、自分の権力や立場を利用して、他者を支配しようとします。 その結果、パワハラやいじめにつながる可能性が高くなるのです。

    以下では、パワハラやいじめの具体的な形態とマキャベリアニズムの関係を見ていきましょう。

    職場のパワハラやいじめを防ぐためには、マキャベリアニズムの特徴を理解し、適切な対策を講じることが重要です。

    マキャベリアニズムに起因する問題行動を見逃さないことが、健全な職場環境の維持につながるでしょう。

    言葉による嫌がらせとマキャベリアニズム

    言葉による嫌がらせは、マキャベリアニズムが高い人に多く見られます。 マキャベリアニズム的な人は、言葉巧みに相手を攻撃し、心理的に追い詰めようとします。 例えば、以下のような行為が言葉による嫌がらせに当たります。

    • 相手の能力を否定するような発言
    • プライベートな情報を暴露する脅し
    • 不適切な冗談や中傷的な言動

    こうした言動は、相手の尊厳を傷つけ、精神的な苦痛を与えます。 マキャベリアニズムが高い人は、言葉による嫌がらせを巧妙に行うため、周囲が気づきにくいこともあります。

    言葉による嫌がらせは、表面化しにくい問題だと言えるでしょう。 マキャベリアニズム的な言動に注意を払い、早期に対処することが求められます。

    社会的排除とマキャベリアニズム

    マキャベリアニズムが高い人は、他者を社会的に排除する傾向があります。 社会的排除とは、特定の個人やグループを仲間外れにしたり、無視したりすることを指します。 マキャベリアニズム的な人は、以下のような方法で社会的排除を行います。

    • 重要な情報を伝えない
    • 会議や懇親会に呼ばない
    • 業務上の協力を拒否する
    • 無視するなどの冷たい態度を取る

    このような行為は、対象者を孤立させ、精神的に追い詰めます。 社会的排除は、表面的には分かりにくいため、周囲が気づきにくいのが特徴です。

    マキャベリアニズムが高い人は、巧妙に社会的排除を行うため、被害者は孤立感を深めるでしょう。 社会的排除の問題に対しては、組織全体で取り組む必要があります。

    マキャベリアニズム的な行動を見逃さず、適切に対処することが求められます。

    物理的攻撃とマキャベリアニズム

    マキャベリアニズムが高い人は、物理的な攻撃に及ぶ可能性があります。 物理的攻撃とは、身体的な暴力や器物破損などの行為を指します。 マキャベリアニズム的な人は、自分の目的達成のために、以下のような攻撃行動をとることがあります。

    • 身体的な暴行や傷害
    • 私物の破壊や隠匿
    • 業務に必要な物品の故意の損傷

    これらの行為は、明らかな犯罪行為であり、断じて許されるものではありません。

    ただし、マキャベリアニズムが高い人は、巧妙に証拠を隠滅したり、言い逃れたりするかもしれません。

    物理的攻撃の背景には、マキャベリアニズム的な特性が潜んでいる可能性を考慮する必要があります。

    組織は、物理的攻撃を未然に防ぐための対策を講じるとともに、マキャベリアニズムへの理解を深めることが重要です。

    心理的圧力とマキャベリアニズム

    マキャベリアニズムが高い人は、他者に過度な心理的圧力をかける傾向があります。 心理的圧力とは、相手の精神状態を悪化させるような行為全般を指します。 マキャベリアニズム的な人は、以下のような方法で心理的圧力をかけます。

    • 非現実的な目標や期限の設定
    • 過大な責任の押し付け
    • プライベートな時間の侵害
    • 脅迫めいた言動

    これらの行為は、相手のストレスを増大させ、心身の健康を損ないます。 マキャベリアニズムが高い人は、巧みに心理的圧力をかけるため、被害者は追い詰められていくでしょう。

    心理的圧力の問題に対しては、個人の努力だけでは限界があります。

    組織全体で、マキャベリアニズム的な行動を抑止し、健全な職場環境を整備することが求められます。

    マキャベリアニズムの特性を理解し、適切な対処法を身につけることが重要だと言えるでしょう。

    マキャベリアニズムと思春期のいじめの関係

    思春期のいじめにおいても、マキャベリアニズムが重要な役割を果たしています。

    思春期は、自我の発達と対人関係の拡大が著しい時期です。

    そのため、マキャベリアニズム的な特性が顕在化しやすくなります。

    以下では、思春期のいじめとマキャベリアニズムの関係を詳しく見ていきましょう。

    思春期のいじめ問題に対しては、マキャベリアニズムの視点を取り入れた対策が必要不可欠です。

    子どもたちが健全な対人関係を築けるよう、学校と家庭が連携して取り組むことが求められます。

    マキャベリアニズムが強いといじめ加害?

    この傾向が強い人は、いじめの加害者になりやすいことが分かっています。

    マキャベリアニズム的な子どもは、自分の欲求を満たすために、他者を操作し、いじめ行動に及びます。

    特に、男子の場合、マキャベリアニズムの高さがいじめ加害と強く関連することが示されています。 マキャベリアニズムが高い男子は、巧妙に他者を操ることで、いじめを主導するのかもしれません

    一方、女子の場合、マキャベリアニズムとサイコパシーがいじめ加害にあまり影響しないようです。

    女子のいじめには、別の要因が関与している可能性が考えられます。

    この特性といじめの関係は、性差を考慮しながら理解する必要があるでしょう。

    マキャベリアニズムといじめ被害の関係

    この傾向が強い人は、いじめの被害者になりにくい傾向があります。

    マキャベリアニズム的な子どもは、他者を操作する能力が高いため、いじめのターゲットになりづらいのかもしれません。

    また、マキャベリアニズムが高い子どもは、自分の利益を守るために、加害者側に立つことも考えられます。

    ただし、マキャベリアニズムが高いからといって、いじめ被害のリスクがゼロになるわけではありません。 状況によっては、マキャベリアニズム的な子どもがいじめの標的になることもあるでしょう。

    いじめ被害の背景には、複雑な要因が絡み合っています。この特性の視点を取り入れつつ、個々のケースに応じた対応が求められます。

    マキャベリアニズムの形成要因

    遺伝と環境の影響

    マキャベリアニズムの形成には、遺伝と環境の両方が影響していると考えられています。

    A behavioral genetic investigation of the Dark Triad and the Big 5」という双生児研究によると、マキャベリアニズムの遺伝率は31%程度だと報告されています。

    一方、残りの7割は環境要因の影響を受けていると考えられます。

    共有環境(家庭環境など)の影響は39%、非共有環境(個別の経験など)の影響は30%だと推定されています。

    このように、マキャベリアニズムは遺伝と環境の相互作用で形成されるのです。 ただし、遺伝と環境の影響力は、個人によって異なる可能性があります。

    この特性の発現メカニズムを解明するには、さらなる研究の蓄積が必要でしょう。

    性差とマキャベリアニズム

    多くの研究で、男性は女性よりもマキャベリアニズムの得点が高いことが報告されています。

    この性差は、以下のような要因が関係していると考えられます。

    • 進化の過程で形成された行動傾向の違い
    • 社会的・文化的な性役割の影響
    • ホルモンなどの生物学的な差異

    進化の観点からは、男性は種の存続のために、他者を出し抜く傾向が強まった可能性があります。

    また、社会的には、男性は競争的で支配的であることを求められる傾向があります。

    こうした性役割の影響で、男性のマキャベリアニズムが高くなるのかもしれません。

    さらに、テストステロンなどの男性ホルモンが、マキャベリアニズム的な行動と関連している可能性も指摘されています。

    進化的観点からの性差

    進化の過程で、男性は他者を出し抜く傾向が強まった可能性があります。

    祖先の男性は、限られた資源をめぐって競争する必要がありました。

    そのため、他者を操作し、自分の利益を優先する傾向が適応的だったのかもしれません。

    一方、女性は子育てなどの協力行動が重要だったため、マキャベリアニズム的な特性が抑制された可能性があります。

    このように、進化の過程で形成された行動傾向が、現代のマキャベリアニズムの性差に影響しているのかもしれません。

    ただし、進化的な説明は仮説の域を出ず、検証が難しいという限界があります。

    進化と性差の関係については、慎重に議論する必要があるでしょう。 今後の研究の進展が期待されます。

    社会的・文化的性役割の影響

    社会的・文化的な性役割も、マキャベリアニズムの性差に影響を与えていると考えられます。

    多くの社会では、男性は競争的で支配的であることを求められる傾向があります。 一方、女性は協調的で思いやりがあることを期待されることが多いです。

    このような性役割の影響で、男性はマキャベリアニズム的な行動を取りやすくなるのかもしれません。

    また、社会的な地位や権力の獲得を重視する文化では、マキャベリアニズムが助長される可能性があります。

    ただし、性役割は文化や時代によって変化するため、一概に結論付けることはできません。

    社会的・文化的な文脈を考慮しながら、この特性の性差を理解することが重要です。

    ホルモンなどの生物学的差異

    ホルモンなどの生物学的な差異も、マキャベリアニズムの性差に関与している可能性があります。

    特に、男性ホルモンのテストステロンが注目されています。

    テストステロンは、競争心や支配欲と関連することが知られています。

    そのため、テストステロンの分泌量が多い男性は、マキャベリアニズム的な傾向が強いのかもしれません。 ただし、ホルモンの影響は個人差が大きく、一様ではありません。

    また、ホルモンと性格の関係は双方向的であり、因果関係を特定するのは難しいです。

    ホルモンがマキャベリアニズムに与える影響については、さらなる研究の蓄積が求められます。

    生物学的な性差を考慮することで、マキャベリアニズムの理解が深まるでしょう。

    最後に

    マキャベリアニズムについて理解を深めていただけたでしょうか。

    マキャベリアニズムとは、自分の利益のために他者を操作する性格特性です。

    ダークトライアドの一つとして、ナルシシズムやサイコパシーと共通点がありますが、戦略的で計算高い点が特徴的です。

    マキャベリアニズムが高い人は、言葉巧みに他者を操ったり、時には暴力的な行動に出たりすることがあります。

    ただし、マキャベリアニズムの形成には、遺伝と環境の両方が影響しており、性差も存在します。一概に否定的に捉えるのではなく、個人差を踏まえて理解することが大切です。

    マキャベリアニズムは、対人関係の問題の背景にある重要な要因の一つです。

    自分や周囲の人の行動を観察し、マキャベリアニズム的な特徴に気づくことで、トラブルを未然に防ぐことができるかもしれません。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し「悪者図鑑」を出版。現在も引き続き、社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。