コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » エンターテイナー(ESFP型)恋愛・相性・仕事・改善策など解説

エンターテイナー(ESFP型)恋愛・相性・仕事・改善策など解説

    ESFP-A、ESFP-T、エンターテイナー、Entertainer

    ESFP(エンターテイナー)は、明るく社交的な性格を持つ16personalities(16タイプ性格診断)の一つです。

    彼らは、人と関わることが大好きで、パーティーや集まりでは、いつも中心的な存在になっています。

    ESFPは、「今、この瞬間を楽しむこと」を何よりも大切にするタイプで、自由奔放に生きることを好みます。

    また、感情豊かで、人の気持ちを敏感に察知することができる優れた能力を持っています。

    ESFPは、芸能界やホスピタリティ業界など、人と接する機会が多い職業で活躍することが多いです。

    今回は、そんなESFPの特徴や長所、短所、恋愛傾向、仕事への向き不向きなどを詳しく解説していきます。

    自分がESFPタイプだと思う人も、そうでない人も、ぜひ参考にしてみてください。

    ※この記事は16personalities公式サイトの英語ページの翻訳をもとに書かれています。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的で、ビッグファイブに新しく1つの指標を追加した性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!性格のダークさがわかります。

    目次

    ESFP(エンターテイナー)の長所と短所

    ESFP(エンターテイナー)の長所

    このタイプの最大の長所は、明るく楽観的な性格です。
    彼らは社交的で、人と交流することを楽しみます。
    また、現在の瞬間を大切にし、新しい経験を積極的に求める傾向があります。
    ESFP(エンターテイナー)は、以下のような長所を持っています。

    • 人と交流することが好きで、社交的
    • 明るく前向きな性格
    • 現在の瞬間を大切にする
    • 新しいことに挑戦するのが好き
    • 人の感情を読み取るのが得意

    加えて、ESFP(エンターテイナー)は感受性が高く、他者の感情を敏感に察知します。
    そのため、人の気持ちに寄り添うことができ、良き理解者となることができるでしょう。
    また、彼らは創造性も豊かで、アイデアを次々と生み出す能力に長けています。
    これらの長所を活かせば、ESFP(エンターテイナー)は多くの人から愛される存在になれるはずです。
    明るく前向きな性格と、他者への思いやりの心を大切にしながら、自分らしく生きていきましょう。

    ESFP(エンターテイナー)の短所

    ESFP(エンターテイナー)の最大の短所は、計画性に欠ける点です。
    彼らは現在の瞬間を大切にするあまり、将来のことを考えるのが苦手な傾向があります。
    また、自分の感情に流されやすく、衝動的な行動をとってしまうこともあるでしょう。
    ESFP(エンターテイナー)は、以下のような短所を持っています。

    • 計画性に欠ける
    • 衝動的な行動をとりやすい
    • 自分の感情に流されやすい
    • 批判に敏感で、傷つきやすい
    • 単調な作業が苦手

    さらに、ESFP(エンターテイナー)は批判に敏感で、傷つきやすい面もあります。
    他者からの否定的な意見に過剰に反応してしまい、落ち込んでしまうことがあるかもしれません。
    加えて、彼らは単調な作業を嫌う傾向があり、長期的な目標の達成が難しいことがあります。
    これらの短所を克服するためには、計画性を身につけ、感情をコントロールする力を養う必要があるでしょう。
    また、批判に耐える強さを持ち、地道な努力を続けることも大切です。
    自分の短所を理解し、それを改善していく努力を怠らないようにしましょう。

    ESFP(エンターテイナー)のAとT

    ESFP-A(自信型)

    陽気な芸能人。自信を持って人々の注目を集め、周囲を楽しませます。社交的で、人々と容易に打ち解けることができます。

    現在の瞬間を大切にし、人生を最大限に楽しもうとします。柔軟性があり、変化に素早く適応します。実践的で、具体的な方法で問題を解決します。

    他者に対して寛容で、個性を尊重します。エネルギッシュで、活動的なライフスタイルを好みます。創造性豊かで、独創的なアイデアを生み出します。

    感受性が高く、人々の感情を敏感に察知します。楽観的で、困難な状況でもポジティブな面を見出します。協調性があり、チームワークを重視します。

    詳細はこちらの記事をご覧ください。

    ESFP-T(慎重型)

    陽気な芸能人の素質を持ちますが、自己疑念を抱きやすい傾向があります。人々の注目を集める能力がありますが、他人からの評価を過度に気にすることも。

    社交的ですが、人間関係に不安を感じることもあります。現在の瞬間を楽しもうとしますが、将来への不安に悩まされることがあります。

    柔軟性がある一方で、重要な決断を下すのに苦労することも。実践的ですが、長期的な目標の設定に困難を感じることがあります。

    他者に対して寛容ですが、自己主張が苦手なこともあります。エネルギッシュですが、時に感情的になりすぎることがあります。創造性豊かですが、自分のアイデアに自信が持てないこともあります。

    ESFP(エンターテイナー)の恋愛関係の傾向と改善策

    恋愛の傾向

    ESFP(エンターテイナー)は、情熱的で刺激的な恋愛を好む傾向があります。
    彼らは恋愛において、ときめきや高揚感を大切にします。
    また、パートナーと一緒に新しい経験を積むことを楽しむでしょう。
    ESFP(エンターテイナー)の恋愛の特徴は、以下のようなものがあります。

    • 情熱的で刺激的な恋愛を求める
    • パートナーと一緒に新しいことに挑戦するのが好き
    • 身体的な魅力を重視する
    • 相手の感情を敏感に察知する
    • 自分の感情を表現するのが得意

    その一方で、ESFP(エンターテイナー)は長期的な関係を築くのが苦手な面もあります。
    彼らは刺激的な恋愛を求めるあまり、一人のパートナーとの関係に飽きやすいかもしれません。
    また、自分の感情に正直すぎるあまり、相手を傷つけてしまうこともあるでしょう。
    ESFP(エンターテイナー)が恋愛において幸せになるためには、パートナーとの安定した関係を築くことが大切です。
    一時的な感情に流されるのではなく、相手を思いやる気持ちを忘れないようにしましょう。

    恋愛で問題になる時と改善策

    ESFP(エンターテイナー)が恋愛で問題を抱えるのは、衝動的な行動が原因であることが多いです。
    彼らは感情に任せて行動しがちで、結果的に相手を傷つけてしまうことがあります。
    また、長期的な関係を築くのが苦手なため、パートナーとの関係が安定しないこともあるでしょう。
    ESFP(エンターテイナー)が恋愛で直面する問題には、以下のようなものがあります。

    • 衝動的な行動で相手を傷つけてしまう
    • 長期的な関係を築くのが難しい
    • 自分の感情に流されやすい
    • パートナーとの価値観の違いに悩む
    • 相手の気持ちを理解するのが難しい

    これらの問題を改善するためには、まず自分の感情をコントロールすることが大切です。
    衝動的な行動を控え、相手の気持ちを考えてから行動するように心がけましょう。
    また、パートナーとの価値観の違いを受け入れ、お互いを尊重し合うことも必要です。
    相手の気持ちを理解するためには、コミュニケーションを大切にし、相手の話に耳を傾けることが重要でしょう。
    ESFP(エンターテイナー)が恋愛で幸せになるためには、自分の感情と向き合い、パートナーとの関係を大切にすることが求められます。
    一時的な感情に流されるのではなく、長期的な視点を持って関係を築いていきましょう。

    ESFP(エンターテイナー)の友人関係の傾向と改善策

    友人関係の傾向

    ESFP(エンターテイナー)は、社交的で友達を作るのが得意な性格です。
    彼らは明るく前向きな性格で、周囲の人を楽しませることができます。
    また、新しい人と出会うことを楽しみ、様々な人と交流することを好むでしょう。
    ESFP(エンターテイナー)の友人関係の特徴は、以下のようなものがあります。

    • 社交的で友達を作るのが得意
    • 明るく前向きな性格
    • 新しい人と出会うことが好き
    • 周囲の人を楽しませるのが上手
    • 感情的な絆を大切にする

    その一方で、ESFP(エンターテイナー)は深い関係を築くのが苦手な面もあります。
    彼らは表面的な付き合いを好む傾向があり、真剣な話し合いを避けがちです。
    また、自分の感情に正直すぎるあまり、友人との関係がぎくしゃくすることもあるでしょう。
    ESFP(エンターテイナー)が友人関係を円滑に築くためには、相手の気持ちを理解することが大切です。
    表面的な付き合いだけでなく、真剣な話し合いにも積極的に参加するようにしましょう。

    友人関係で問題になる時と改善策

    ESFP(エンターテイナー)が友人関係で問題を抱えるのは、自分の感情に流されやすいことが原因であることが多いです。
    彼らは感情的になりすぎて、友人との関係がぎくしゃくしてしまうことがあります。
    また、深い関係を築くのが苦手なため、友人との関係が表面的なものにとどまってしまうこともあるでしょう。
    ESFP(エンターテイナー)が友人関係で直面する問題には、以下のようなものがあります。

    • 感情的になりすぎて、友人とぎくしゃくしてしまう
    • 深い関係を築くのが難しい
    • 自分の感情を抑えられない
    • 友人との価値観の違いに悩む
    • 相手の気持ちを理解するのが難しい

    これらの問題を改善するためには、まず自分の感情をコントロールすることが大切です。
    感情的になりすぎないように、冷静に状況を判断するようにしましょう。
    また、友人との価値観の違いを受け入れ、お互いを尊重し合うことも必要です。
    相手の気持ちを理解するためには、コミュニケーションを大切にし、相手の話に耳を傾けることが重要でしょう。
    ESFP(エンターテイナー)が友人関係を円滑に築くためには、自分の感情と向き合い、相手の気持ちを理解することが求められます。
    表面的な付き合いだけでなく、真剣な話し合いにも積極的に参加し、深い関係を築いていきましょう。

    ESFP(エンターテイナー)の子育ての傾向と改善策

    子育ての傾向

    ESFP(エンターテイナー)は、明るく楽観的な性格で、子育てを楽しむ傾向があります。
    彼らは子供と一緒に遊ぶことを好み、子供の好奇心を刺激するような活動を積極的に取り入れるでしょう。
    また、子供の感情を敏感に察知し、共感することができます。
    ESFP(エンターテイナー)の子育ての特徴は、以下のようなものがあります。

    • 子供と一緒に遊ぶことが好き
    • 子供の好奇心を刺激する活動を取り入れる
    • 子供の感情を敏感に察知する
    • 明るく楽観的な雰囲気を作る
    • 子供の自主性を尊重する

    その一方で、ESFP(エンターテイナー)は一貫したしつけが苦手な面もあります。
    彼らは子供の自由を尊重するあまり、ルールを設けることを躊躇してしまうかもしれません。
    また、自分の感情に流されやすいため、感情的になりすぎてしまうこともあるでしょう。
    ESFP(エンターテイナー)が子育てを円滑に進めるためには、一貫したしつけを心がけることが大切です。
    子供の自由を尊重しつつも、必要なルールは設けるようにしましょう。

    子育てで問題になる時と改善策

    ESFP(エンターテイナー)が子育てで問題を抱えるのは、一貫したしつけが難しいことが原因であることが多いです。
    彼らは子供の自由を尊重するあまり、ルールを設けることを躊躇してしまいます。
    また、感情的になりすぎて、子供に適切な指導ができないこともあるでしょう。
    ESFP(エンターテイナー)が子育てで直面する問題には、以下のようなものがあります。

    • 一貫したしつけが難しい
    • 子供の自由を尊重しすぎる
    • 感情的になりすぎて、適切な指導ができない
    • 子供の将来を見据えた教育が苦手
    • 子供との価値観の違いに悩む

    これらの問題を改善するためには、まず一貫したしつけを心がけることが大切です。
    子供の自由を尊重しつつも、必要なルールは設けるようにしましょう。
    また、感情的になりすぎないように、冷静に状況を判断することも重要です。
    子供の将来を見据えた教育については、専門家のアドバイスを参考にすることも有効でしょう。
    ESFP(エンターテイナー)が子育てを円滑に進めるためには、一貫したしつけを心がけ、感情的になりすぎないように注意することが求められます。
    子供の自由を尊重しつつも、必要なルールは設け、子供の将来を見据えた教育を行っていきましょう。

    ESFP(エンターテイナー)のキャリアの傾向と改善策

    キャリアの傾向

    ESFP(エンターテイナー)は、人と接することが好きなため、対人関係を重視するキャリアを選ぶ傾向があります。
    彼らは明るく社交的な性格で、人を楽しませることが得意です。
    そのため、接客業やエンターテインメント業界などで活躍することが多いでしょう。
    ESFP(エンターテイナー)のキャリアの特徴は、以下のようなものがあります。

    • 対人関係を重視するキャリアを選ぶ
    • 接客業やエンターテインメント業界で活躍することが多い
    • 明るく社交的な性格を活かせる仕事が向いている
    • 新しいことに挑戦するのが好き
    • 自分の感性を活かせる仕事が合っている
    • 挑戦するのが好き
    • 自分の感性を活かせる仕事が合っている

    その一方で、ESFP(エンターテイナー)は長期的な目標を立てるのが苦手な面もあります。

    彼らは現在の楽しみを重視するあまり、将来のキャリアプランを立てることを後回しにしてしまうかもしれません。

    また、ルーティンワークや細かい作業が苦手なため、それらが多い仕事は避ける傾向があるでしょう。

    ESFP(エンターテイナー)がキャリアを円滑に進めるためには、長期的な目標を立てることが大切です。

    自分の強みを活かせる仕事を選びつつ、将来のキャリアプランを考えるようにしましょう。

    キャリアで問題になる時と改善策

    ESFP(エンターテイナー)がキャリアで問題を抱えるのは、長期的な目標を立てるのが苦手なことが原因であることが多いです。

    彼らは現在の楽しみを重視するあまり、将来のキャリアプランを考えることを後回しにしてしまいます。

    また、ルーティンワークや細かい作業が苦手なため、それらが多い仕事では満足度が低くなってしまうでしょう。

    ESFP(エンターテイナー)がキャリアで直面する問題には、以下のようなものがあります。

    • 長期的な目標を立てるのが苦手
    • 現在の楽しみを重視しすぎる
    • ルーティンワークや細かい作業が苦手
    • 自分の強みを活かせる仕事が見つからない
    • キャリアアップのための努力が続かない

    これらの問題を改善するためには、まず長期的な目標を立てることが大切です。 自分の強みを活かせる仕事を選びつつ、将来のキャリアプランを考えるようにしましょう。

    また、苦手なルーティンワークや細かい作業も、工夫して効率的に行うことが重要です。

    キャリアアップのための努力は、小さな目標を立てて着実に積み重ねていくことが有効でしょう。

    ESFP(エンターテイナー)がキャリアを円滑に進めるためには、長期的な目標を立て、苦手な作業も工夫して取り組むことが求められます。

    自分の強みを活かせる仕事を選びつつ、将来のキャリアプランを考え、着実に努力を重ねていきましょう。

    ESFP(エンターテイナー)の仕事の傾向と改善策

    仕事の傾向

    ESFP(エンターテイナー)は、チームワークを重視し、明るい雰囲気を作ることが得意です。

    彼らは社交的な性格で、同僚とのコミュニケーションを楽しむ傾向があります。

    また、新しいアイデアを出すことが得意で、チームの創造性を高めることができるでしょう。

    ESFP(エンターテイナー)の仕事の特徴は、以下のようなものがあります。

    • チームワークを重視する
    • 明るい雰囲気を作ることが得意
    • 同僚とのコミュニケーションを楽しむ
    • 新しいアイデアを出すことが得意
    • 柔軟性があり、状況に応じて対応できる

    その一方で、ESFP(エンターテイナー)は計画性に欠ける面もあります。 彼らは目先のことに集中するあまり、長期的な目標を見失ってしまうかもしれません。

    また、ルーティンワークや細かい作業が苦手なため、それらが多い仕事では満足度が低くなってしまうでしょう。

    ESFP(エンターテイナー)が仕事を円滑に進めるためには、計画性を身につけることが大切です。 長期的な目標を立て、それに向かって着実に努力するようにしましょう。

    仕事で問題になる時と改善策

    ESFP(エンターテイナー)が仕事で問題を抱えるのは、計画性に欠けることが原因であることが多いです。

    彼らは目先のことに集中するあまり、長期的な目標を見失ってしまいます。

    また、ルーティンワークや細かい作業が苦手なため、それらが多い仕事では満足度が低くなってしまうでしょう。

    ESFP(エンターテイナー)が仕事で直面する問題には、以下のようなものがあります。

    • 計画性に欠ける
    • 目先のことに集中しすぎる
    • ルーティンワークや細かい作業が苦手
    • 長期的な目標を見失ってしまう
    • 締め切りに追われることが多い

    これらの問題を改善するためには、まず計画性を身につけることが大切です。 長期的な目標を立て、それに向かって着実に努力するようにしましょう。

    また、苦手なルーティンワークや細かい作業も、工夫して効率的に行うことが重要です。 締め切りに追われないよう、早めに取り掛かることを心がけることも有効でしょう。

    ESFP(エンターテイナー)が仕事を円滑に進めるためには、計画性を身につけ、苦手な作業も工夫して取り組むことが求められます。

    長期的な目標を立て、それに向かって着実に努力し、締め切りに追われないよう心がけましょう。

    ESFP(エンターテイナー)の相性のいいタイプ

    相性がいいタイプ、Sが含まれている人

    ESFP(エンターテイナー)と相性がいいのは、同じくSが含まれているISFP(アドベンチャラー)やESFJ(コンサルタント)などのタイプです。

    彼らは現在の瞬間を大切にし、感覚的に物事を捉える傾向があるため、お互いの価値観が合いやすいです。

    また、ISFPは芸術的な感性を持ち、ESFJは対人関係を重視する傾向があるため、ESFPと一緒に楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

    ESFPとSが含まれているタイプの相性の良さは、以下のような点があります。

    • 現在の瞬間を大切にする価値観が合う
    • 感覚的に物事を捉える傾向が似ている
    • 一緒に楽しい時間を過ごすことができる
    • お互いの感情を理解し合える
    • 自然体でいられる関係を築ける

    相性がいいタイプ、Fが含まれている人

    ESFP(エンターテイナー)と相性がいいのは、同じくFが含まれているENFJ(教導者)やINFJ(提唱者)などのタイプです。

    彼らは感情を重視し、人間関係を大切にする傾向があるため、ESFPと価値観が合いやすいです。

    また、ENFJはカリスマ性があり、INFJは洞察力に優れているため、ESFPの成長を助けてくれるでしょう。 ESFPとFが含まれているタイプの相性の良さは、以下のような点があります。

    • 感情を重視し、人間関係を大切にする
    • お互いの気持ちを理解し合える
    • ESFPの成長を助けてくれる
    • 深い絆を築くことができる
    • 感情的なサポートを提供し合える

    Fタイプは、ESFPの感情的な側面を理解し、サポートしてくれます。 ENFJは、ESFPのエネルギッシュな面を引き出し、一緒に楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

    INFJは、ESFPの内面的な成長を助け、深い関係を築くことができるかもしれません。 ESFPは、Fタイプとの関係を通じて、自分の感情をより深く理解し、人間関係をさらに豊かにすることができるでしょう。

    ESFP(エンターテイナー)のまとめ

    ESFP(エンターテイナー)は、明るく社交的な性格で、人と関わることが好きなタイプです。

    彼らは現在の瞬間を大切にし、新しいことに挑戦するのが好きです。

    また、感情豊かで、人の気持ちを敏感に察知することができるでしょう。 ESFPは、以下のような特徴を持っています。

    • 明るく社交的な性格
    • 現在の瞬間を大切にする
    • 新しいことに挑戦するのが好き
    • 感情豊かで、人の気持ちを敏感に察知する
    • 対人関係を重視し、チームワークを大切にする

    その一方で、ESFPは計画性に欠ける面もあります。 彼らは目先のことに集中するあまり、長期的な目標を見失ってしまうかもしれません。

    また、ルーティンワークや細かい作業が苦手なため、それらが多い仕事では満足度が低くなってしまうでしょう。

    ESFPが充実した人生を送るためには、以下のようなことが大切です。

    • 長期的な目標を立て、計画性を身につける
    • 苦手な作業も工夫して取り組む
    • 自分の強みを活かせる仕事を選ぶ
    • 相性の良いタイプと良好な関係を築く
    • 自分らしさを大切にしながら、柔軟に生きる

    ESFPは、明るく社交的な性格を活かし、人と関わることで充実した人生を送ることができるでしょう。

    自分の強みを活かしつつ、苦手なことも工夫して取り組み、相性の良いタイプと良好な関係を築くことが大切です。

    ESFPが自分らしさを大切にしながら、柔軟に生きていくことを願っています。

    補足

    16personalitiesの悪いところ「科学的な裏付けが弱い」

    16personalities(16タイプ性格診断)は、科学的根拠の面で課題を抱えていると言えます。

    まず、査読付き論文の数が少なく、学術的な裏付けが不足しています。

    また、統計処理の方法にも疑問が残ります。

    特性を連続的な数値ではなくタイプに分類している点も、科学的な妥当性の観点から問題視されています。

    さらに、性格と学力や収入、脳機能、遺伝的要因などとの関連性についても、十分なエビデンスが提示されていないのが現状です。

    16personalitiesの良いところ「回答数(データ)が多く有名」

    一方で、16personalities(16タイプ性格診断)には大きな利点もあります。

    1つ目は、膨大な回答データを蓄積している点です。 多くの人々が16personalitiesの診断に参加しているため、データの信頼性はもしかしたら高いかもしれません。

    また、韓国のアイドルが回答し広めていたり、恋愛マッチングアプリでも注目されていたりするなど、一般の人々にかなり浸透しています。

    この点は、16personalities性格診断が他の性格診断に比べて有利な点と言えるでしょう。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「MBTI」

    16personalities(16タイプ性格診断)は、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)とビッグファイブをベースにして作られています。

    厳密には16personalitiesとMBTIは別物なのです。

    MBTIは、ユングの心理学的類型論を基に開発された性格診断ツールです。

    16personalitiesはMBTIの4つの指標(E外向-I内向S感覚-N直観T思考-F感情J判断-P知覚)を採用しつつ、アイデンティティ(AとT)という指標の追加、独自の質問項目・評価基準を設けています。

    ただし、二分法の根拠の乏しさなど、16personalities同様の科学的な裏付けの弱さを抱えています。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「ビッグファイブ」

    ビッグファイブ(Big Five)は、性格心理学において最も有力な特性理論の一つです。

    ビッグファイブは、開放性、誠実性、外向性、協調性、神経症傾向の5つの特性を測定します。

    また、ビッグファイブが特性を連続的な数値で評価する(例、外向性3.5)のに対し、16personalitiesやMBTIはタイプ分類(例、外向的か内向的かのどちらか)を用いる点も大きな違いです。

    さらに古くから研究されており、論文数も多く、学力や所得、脳や遺伝など、他の分野でも多くの研究が行われています。ビッグファイブの方が比較的、科学的な裏付けが強いと言えます。

    参考としてビッグファイブの4つの要素とMBTIの相関関係を示した論文も存在します。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「HEXACO」

    HEXACO(HEXACO Personality Inventory)は、ビッグファイブを拡張した6次元の性格モデルです。

    HEXACOは、正直-謙虚さ、情動性、外向性、協調性、誠実性、開放性の6つの特性を測定します。

    ビッグファイブに正直-謙虚さの次元を加えることで、性格のダークさ(と明るさ)など、より広範な性格特性を捉えようとしています。

    こちらもビッグファイブ同様、16personalitiesやMBTIと比べて論文の数が多いなど科学的な裏付けが比較的強いと言えます。

    こちらからHEXACO性格診断を受けることができます!より科学的な方法で自分の性格を知ってみましょう。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。