コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » MBTIと恋愛:全16タイプの傾向・問題点・改善策を公式解説

MBTIと恋愛:全16タイプの傾向・問題点・改善策を公式解説

    MBTIと恋愛

    MBTIと恋愛の関係について知っていますか?

    MBTIとは、性格を16のタイプに分類する心理学の理論のことです。

    自分のタイプを知ることで、自己理解や他者理解が深まると言われています。でも、恋愛にMBTIを活用している人は、まだ少ないかもしれません。

    実は、MBTIのタイプによって、恋愛傾向にも違いがあるんです。例えば、「計画的で決断力のある」タイプと、「自由奔放で柔軟性のある」タイプでは、恋愛のスタイルも変わってきます。

    もちろん、すべてがタイプ通りというわけではありませんが、自分や相手のタイプを知ることで、お互いの特徴を理解し、うまくコミュニケーションを取れるようになるかもしれません。

    この記事では、MBTIの16タイプごとに、恋愛における特徴や傾向を詳しく解説していきます。自分のタイプを見つけて、恋愛に役立ててみてください。

    相手のタイプが分かれば、もっと深い理解につながるはずです。MBTIを通して、楽しく有意義な恋愛生活を送りましょう!

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的で、ビッグファイブに新しく1つの指標を追加した性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!性格のダークさがわかります。

    はじめに

    MBTIの概要

    MBTIは性格を16のタイプに分類する心理学の理論です。
    性格タイプは4つの指標の組み合わせで決まります。
    4つの指標とは以下の通りです。

    • 外向性(E)か内向性(I)
    • 感覚(S)か直感(N)
    • 思考(T)か感情(F)
    • 判断(J)か知覚(P)

    これらを組み合わせると、ENTJやISFPなど16通りの性格タイプができあがります。
    それぞれのタイプには特徴があり、強みと弱みがあるとされています。
    また、タイプによって興味や価値観、行動のパターンに違いがあるとされています。

    MBTIとビッグファイブの相関

    MBTIとビッグファイブには相関関係があることが分かっています。
    The relationship between the revised NEO-Personality Inventory and the Myers-Briggs Type Indicator」という論文で、以下のような関係性が示されました。

    相関表EINSFTJP
    外向性強い正強い負
    開放性強い正強い負
    協調性強い負
    誠実性強い正強い負
    神経症傾向
    MBTIとビッグファイブの相関表

    つまり、MBTIの各指標とビッグファイブの特性には一定の関連性があるということです。
    ただし完全に一致するわけではなく、それぞれ独自の理論体系を持っています。
    両者の関係性を理解することで、性格をより多角的に捉えることができるでしょう。

    MBTIと恋愛の関係

    MBTIのタイプによって恋愛傾向に違いがあるとされています。
    例えば以下のような特徴があります。

    • 外向的なタイプ(E)は社交的で積極的なアプローチを取りやすい
    • 内向的なタイプ(I)は慎重で控えめなアプローチを取りやすい
    • 直感タイプ(N)は可能性や理想を重視しがち
    • 感覚タイプ(S)は現実的で実用的な関係を好む傾向がある
    • 感情タイプ(F)は調和や共感を大切にする
    • 思考タイプ(T)は論理的で客観的な判断を下す
    • 判断タイプ(J)は計画的で決断力がある
    • 知覚タイプ(P)は柔軟で適応力が高い

    もちろんこれらはあくまで傾向であり、個人差は大きいです。
    しかし、自分や相手のMBTIタイプを知ることで、恋愛におけるコミュニケーションや相性を考える手がかりになるかもしれません。
    お互いのタイプの特徴を理解し、受け入れ合うことが、良好な関係づくりに役立つでしょう。

    分析家の恋愛

    MBTIと恋愛:INTJ

    INTJは戦略的に恋愛に臨む傾向があります。
    明確な目標を持ち、それを達成するための計画を立てて実行します。
    INTJにとって理想の相手とは、以下のような特徴を備えた人です。

    • 知性があり、深い会話ができる
    • 独立心が強く、自分の人生の目標を持っている
    • 誠実で正直、裏表がない
    • 感情的すぎず、論理的に物事を考えられる

    一方で、INTJは次のような点に悩むことがあります。

    • 感情表現が苦手で、冷たく見られがち
    • 高すぎる理想を持ち、現実の恋愛に満足できない
    • 相手の感情のニーズに気づきにくい

    INTJが充実した恋愛をするには、頭でっかちにならないよう、感情面にも目を向ける必要があります。
    相手の気持ちを汲み取る努力をし、自分の思いも素直に伝えていくことが大切です。
    理想と現実のバランスを取りながら、パートナーと成長し合える関係を築いていきましょう。

    MBTIと恋愛:INTP

    INTPは知的な刺激を求める恋愛をします。
    単なる楽しみや安らぎだけでなく、パートナーとの深い探求や成長を望みます。
    INTPが相手に求めるのは、以下のような資質です。

    • 豊かな知性と好奇心
    • 独創的なアイデアを持っている
    • 自由奔放で型にはまらない
    • 議論好きで、INTPの意見に挑戦してくれる

    反対に、INTPが恋愛で困難に感じるのは次のような点です。

    • 感情表現が不得意で、気持ちが伝わりにくい
    • 細かいことにこだわり、融通が利きにくい
    • 一人の時間を大切にするあまり、疎遠になりがち

    INTPには、もう少し柔軟になることが求められます。
    相手の立場に立って考え、歩み寄る姿勢を見せましょう。
    時には感情を言葉にして伝えることも必要です。
    そうすることで、理解し合える関係を築くことができるはずです。
    知的な絆で結ばれた、深くて実りある恋愛を実現しましょう。

    MBTIと恋愛:ENTJ

    ENTJは情熱的かつ戦略的に恋愛に臨みます。
    目標達成に向けて大いに盛り上がり、指導力を発揮して関係をリードしていきます。
    ENTJが求める理想の相手像は、次のようなものです。

    • 知的好奇心が旺盛で、議論を楽しめる
    • 目標を持ち、それに向かって努力を惜しまない
    • ENTJの率直さを受け止め、建設的に応答してくれる
    • 自立心があり、ENTJに依存しすぎない

    一方、ENTJが恋愛で直面する課題には、以下のようなものがあります。

    • 感受性が乏しく、相手の感情を踏みにじってしまう
    • 支配的になりすぎて、相手を尊重できなくなる
    • 効率や目標ばかり気にして、楽しむことを忘れる

    ENTJは、相手の立場に立って考えることを心がける必要があります。
    パートナーの感情を受け止め、耳を傾ける姿勢が大切です。
    時には肩の力を抜いて、一緒に楽しむことも忘れずに。
    お互いを思いやり、尊重し合える関係性を築いていきましょう。
    二人三脚で目標に向かって励まし合える、最高のパートナーシップを目指しましょう。

    MBTIと恋愛:ENTP

    ENTPは刺激的で知的な恋愛を求めます。
    好奇心と探究心を携えて、パートナーとともに成長と発見の日々を送りたいと思っています。
    ENTPにとって、理想の相手とは次のような人です。

    • アイデアに富み、知的な会話を楽しめる
    • 自由奔放で、型にはまらない生き方をしている
    • ENTPの皮肉や冗談を理解し、受け流せる
    • 自己成長に前向きで、新しいことに挑戦する姿勢がある

    その一方で、ENTPが恋愛で抱える悩みには、以下のようなものがあります。

    • 飽きっぽく、一つのことに集中し続けるのが苦手
    • 議論が好きすぎて、相手を攻撃しているように見える
    • 自由を求めるあまり、相手を置いてけぼりにしてしまう

    ENTPは、相手の気持ちにもっと寄り添う必要があるかもしれません。
    パートナーの感情を尊重し、時には譲歩することも大切です。
    常に刺激を求めるのではなく、安定した関係性の中で充実感を見出すことも必要でしょう。
    お互いの個性を認め合い、ともに学び高め合える、知的で豊かな恋愛を築いていきましょう。

    外交官の恋愛

    MBTIと恋愛:INFJ

    INFJは深くて意味のある恋愛を求めます。
    精神的な絆を何よりも大切にし、互いに成長し合える関係を理想としています。
    INFJにとって、理想の相手とは次のような人です。

    • 誠実で正直、人間性に深みがある
    • INFJの感受性や直感を理解し、受け入れてくれる
    • 精神的な探求や自己成長に関心がある
    • 思いやりと優しさを持ち、INFJを支えてくれる存在

    反対に、INFJが恋愛で苦手とするのは、以下のような点です。

    • 表面的で浅はかな関係
    • 利己的で他者の気持ちを考えない相手
    • 精神性や感情を軽視する態度
    • 倫理観や価値観の不一致

    INFJは時に、理想が高すぎて現実の恋愛に満足できないことがあります。
    完璧な相手を求めるのではなく、お互いの欠点も受け入れる寛容さが必要です。
    自分の感情に蓋をせず、率直に伝えることも大切でしょう。
    相手の本音にも耳を傾け、理解を深めていくことが、良好な関係の基盤となります。
    魂の触れ合いを感じられる、深くて実りある恋愛を目指しましょう。

    MBTIと恋愛:INFP

    INFPは理想の恋愛を夢見るロマンチストです。
    現実の恋愛に失望しながらも、いつかきっと運命の人に出会えると信じています。
    INFPにとって、パートナーに求める条件は次のようなものです。

    • 感受性豊かで、INFPの繊細な心を理解してくれる
    • 想像力が豊かで、夢を共有できる
    • 誠実で思慮深く、裏表のない人柄
    • 自由を尊重し、INFPの個性を認めてくれる

    一方で、INFPが恋愛で直面する課題には、以下のようなものがあります。

    • 現実の相手に幻滅し、理想との落差に苦しむ
    • 自己犠牲的になりすぎて、自分を見失ってしまう
    • 葛藤を避けるあまり、本音を言えずに溜め込む
    • 現実逃避して、問題に向き合うことを避ける

    INFPは、理想と現実のバランスを取ることが大切です。
    完璧な相手を求めるのではなく、お互いの個性を認め合うことが必要不可欠。
    自分の感情に正直になり、率直に伝えることを恐れないでください。
    時には現実を直視し、問題解決に取り組む勇気も必要です。
    理想を大切にしながらも、現実の中でお互いを高め合える、充実した恋愛を目指しましょう。

    MBTIと恋愛:ENFJ

    ENFJは情熱的で献身的な恋愛をします。
    相手を全力で愛し、支え、成長を促そうとします。
    ENFJが理想とする相手像は、次のようなものです。

    • ENFJの情熱と愛情に心から応えてくれる
    • 思いやりと優しさを持ち、ENFJを支えてくれる存在
    • 自己成長に前向きで、一緒に学び高め合える
    • ENFJの社交性を理解し、活発な交友関係を受け入れる

    その一方で、ENFJが恋愛で苦手とするのは、以下のような点です。

    • 相手への献身が一方的になり、疲弊してしまう
    • 自己犠牲的になりすぎて、自分のニーズを無視する
    • 相手を自分の理想に合わせようとして、押し付けがましくなる
    • 表面的な調和を保とうとするあまり、本音を言えない

    ENFJは、自分自身のニーズにも目を向ける必要があります。
    相手を思うあまり、自分を犠牲にしすぎないよう注意しましょう。
    時には率直に本音を伝え、建設的な議論をすることも大切です。
    相手の個性を尊重し、ありのままを受け入れる寛容さを持つことも必要でしょう。

    お互いを思いやり、支え合える、バランスの取れた関係性を築いていきましょう。 情熱的な愛情と、深い絆で結ばれた、充実した恋愛が実現できるはずです。

    MBTIと恋愛:ENFP

    ENFPは自由奔放でロマンチックな恋愛を楽しみます。 好奇心と探究心を携えて、パートナーとともに人生の冒険に乗り出したいと思っています。 ENFPにとって、理想の相手とは次のような人です。

    • 自由な精神を持ち、束縛しない
    • 創造性豊かで、ENFPの発想力に付いてこられる
    • 感受性が鋭く、ENFPの気持ちを汲み取ってくれる
    • 人生を楽しむことができ、ENFPと一緒に笑える存在

    一方で、ENFPが恋愛で直面する課題には、以下のようなものがあります。

    • 自由を求めるあまり、相手を置いてけぼりにしてしまう
    • 現実的な問題から目を背け、責任から逃避する
    • 感情の起伏が激しく、相手を振り回してしまう
    • 飽きっぽく、一つの関係に集中し続けるのが難しい

    ENFPは、自由と責任のバランスを取ることが大切です。 時には現実的な問題にもしっかり向き合う必要があります。 感情のコントロールにも意識的に取り組みましょう。

    相手の立場に立って考え、思いやりの心を持つことも忘れずに。 お互いの個性を認め合い、刺激し合える、自由で豊かな恋愛を築いていきましょう。

    創造性と情熱に満ちた、一生の冒険を共に歩んでいけるはずです。

    番人の恋愛

    MBTIと恋愛:ISTJ

    ISTJは誠実で献身的な恋愛をします。 責任感が強く、パートナーを支え、守ろうとします。 ISTJにとって、理想の相手とは次のような人です。

    • 信頼できる誠実な人柄
    • 現実的で地に足の着いた考え方ができる
    • 約束を守り、責任感がある
    • ISTJの努力と献身を理解し、感謝してくれる

    一方で、ISTJが恋愛で苦手とするのは、以下のような点です。

    • 感情表現が不得意で、愛情を伝えるのが難しい
    • 融通が利かず、頑固になりがち
    • ルーティンや秩序を乱されると不安になる
    • 相手の感情のニーズに気づきにくい

    ISTJは、もう少し柔軟になることが求められます。 時には決まりごとにとらわれず、臨機応変に対応することも必要でしょう。

    感情面にも目を向け、相手の気持ちを汲み取る努力をしましょう。 自分の思いを言葉にして伝えることも大切です。

    お互いを思いやり、尊重し合える、安定した関係性を築いていきましょう。 誠実さと献身的な愛情で結ばれた、確かな絆を育んでいけるはずです。

    MBTIと恋愛:ISFJ

    ISFJは献身的で思いやり深い恋愛をします。 パートナーのために尽くし、温かく支えようとします。 ISFJが求める理想の相手像は、次のようなものです。

    • 誠実で信頼できる人柄
    • ISFJの献身を理解し、感謝してくれる
    • 家庭的で、安定した関係を求めている
    • 思いやりと優しさを持ち、ISFJを支えてくれる存在

    その一方で、ISFJが恋愛で直面する課題には、以下のようなものがあります。

    • 自己犠牲的になりすぎて、自分のニーズを無視する
    • 相手に合わせすぎて、自分の意見を言えない
    • 変化を恐れ、現状維持にこだわりすぎる
    • 感情を溜め込んで、ストレスを抱えてしまう

    ISFJは、自分自身のニーズにも目を向ける必要があります。 時には自分の意見をはっきりと伝え、主張することも大切です。

    変化を恐れず、新しいことにチャレンジする勇気を持ちましょう。 感情を言葉にして表現することで、ストレス解消にもつながります。

    お互いを思いやり、支え合える、温かく安定した関係性を築いていきましょう。 献身的な愛情と、深い絆で結ばれた、充実した恋愛が実現できるはずです。

    MBTIと恋愛:ESTJ

    ESTJは責任感が強く、安定した恋愛を求めます。 現実的で実務的なアプローチで、関係を着実に築いていこうとします。 ESTJにとって、理想の相手とは次のような人です。

    • 信頼でき、責任感のある人柄
    • 目標を持ち、それに向かって努力する
    • 社会的な常識やルールを守る
    • ESTJの論理的な考え方を理解し、建設的な議論ができる

    一方で、ESTJが恋愛で苦手とするのは、以下のような点です。

    • 感情面での理解や共感が不得意
    • 融通が利かず、頑固になりがち
    • 相手を自分の価値観に合わせようとする
    • 仕事を優先しすぎて、恋愛が二の次になる

    ESTJは、もう少し感情面に目を向ける必要があるかもしれません。 相手の気持ちを汲み取り、共感する努力をしましょう。

    時には柔軟に考え、相手の意見にも耳を傾けることが大切です。 恋愛にも十分な時間とエネルギーを割くことを忘れずに。

    お互いを尊重し、支え合える、安定した関係性を築いていきましょう。 現実的なアプローチと、確かな絆で結ばれた、充実した恋愛が実現できるはずです。

    MBTIと恋愛:ESFJ

    ESFJは献身的で面倒見の良い恋愛をします。 パートナーを大切にし、温かく支えようとします。 ESFJが求める理想の相手像は、次のようなものです。

    • 誠実で信頼できる人柄
    • ESFJの献身と愛情に心から応えてくれる
    • 家庭的で、安定した関係を求めている
    • 社交的で、ESFJの交友関係を理解してくれる

    その一方で、ESFJが恋愛で直面する課題には、以下のようなものがあります。

    • 自己犠牲的になりすぎて、自分を見失ってしまう
    • 相手からの承認や愛情に依存しすぎる
    • 表面的な調和を保とうとするあまり、本音を言えない
    • 相手の気持ちを察しすぎて、勝手に思い込む

    ESFJは、自分自身のニーズにも目を向ける必要があります。 時には自分の意見をはっきりと伝え、主張することも大切です。

    相手の気持ちを察するだけでなく、直接確認することも忘れずに。 お互いの本音を言い合える、オープンなコミュニケーションを心がけましょう。

    思いやりと尊重し合える、温かく安定した関係性を築いていきましょう。 献身的な愛情と、深い絆で結ばれた、充実した恋愛が実現できるはずです。

    探検家の恋愛

    MBTIと恋愛:ISTP

    ISTPは自由奔放で刺激的な恋愛を楽しみます。 束縛されることを嫌い、自分のペースで関係を進めていきます。 ISTPにとって、理想の相手とは次のような人です。

    • 自立心が強く、ISTPの自由を尊重してくれる
    • 新しいことに挑戦する冒険心がある
    • 現実的で実務的なアプローチができる
    • ISTPの率直さを理解し、受け止めてくれる

    一方で、ISTPが恋愛で苦手とするのは、以下のような点です。

    • 感情面での表現や理解が不得意
    • 将来の約束や計画を立てるのが苦手
    • 相手の感情のニーズに気づきにくい
    • 自分の世界に没頭しすぎて、恋愛が二の次になる

    ISTPは、もう少し感情面に目を向ける必要があるかもしれません。 相手の気持ちを汲み取り、共感する努力をしましょう。

    時には将来のことも考え、相手と一緒に計画を立てることも大切です。 恋愛にも十分な時間とエネルギーを割くことを忘れずに。

    お互いの自由を尊重し、刺激し合える、ダイナミックな関係性を築いていきましょう。 現実的なアプローチと、確かな絆で結ばれた、充実した恋愛が実現できるはずです。

    MBTIと恋愛:ISFP

    ISFPは自由で情熱的な恋愛を求めます。 感覚的で芸術的な感性を持ち、パートナーとの心の通い合いを大切にします。 ISFPが理想とする相手像は、次のようなものです。

    • ISFPの感受性や創造性を理解し、認めてくれる
    • 自由な精神を持ち、ISFPの個性を尊重する
    • 思いやりと優しさを持ち、ISFPを支えてくれる存在
    • 一緒に新しい経験や発見を楽しめる人

    その一方で、ISFPが恋愛で直面する課題には、以下のようなものがあります。

    • 感情の起伏が激しく、相手を戸惑わせてしまう
    • 現実的な問題から目を背けがち
    • 自分の価値観にこだわりすぎて、相手を受け入れられない
    • 人間関係の維持に労力を割くのが苦手

    ISFPは、現実的な視点も大切にする必要があります。 時には感情に流されず、冷静に物事を判断することも必要でしょう。

    相手の価値観も尊重し、折り合いをつける柔軟性も求められます。 人間関係の維持にエネルギーを注ぐことも忘れずに。

    お互いの個性を認め合い、感性を刺激し合える、自由で情熱的な恋愛を築いていきましょう。 感受性豊かな絆で結ばれた、深く心揺さぶられる恋愛が実現できるはずです。

    MBTIと恋愛:ESTP

    ESTPは刺激的で情熱的な恋愛を楽しみます。 行動力があり、新しい経験や冒険を求めて突き進みます。 ESTPにとって、理想の相手とは次のような人です。

    • 自立心が強く、ESTPの自由を尊重してくれる
    • 新しいことに挑戦する冒険心がある
    • ESTPのユーモアや皮肉を理解し、楽しめる
    • 行動力があり、ESTPと一緒に刺激的な経験ができる

    一方で、ESTPが恋愛で苦手とするのは、以下のような点です。

    • 感情面での表現や理解が不得意
    • 将来の約束や計画を立てるのが苦手
    • 相手の感情のニーズに気づきにくい
    • 刺激を求めすぎて、恋愛が表面的になりがち

    ESTPは、もう少し感情面に目を向ける必要があるかもしれません。 相手の気持ちを汲み取り、共感する努力をしましょう。

    時には将来のことも考え、相手と一緒に計画を立てることも大切です。 恋愛にも深みを求め、心の絆を大切にすることを忘れずに。

    お互いの自由を尊重し、刺激し合える、ダイナミックな関係性を築いていきましょう。 情熱的なアプローチと、確かな絆で結ばれた、充実した恋愛が実現できるはずです。

    MBTIと恋愛:ESFP

    ESFPは自由奔放で楽天的な恋愛を楽しみます。 明るく社交的な性格で、パートナーとの時間を心から楽しもうとします。 ESFPが求める理想の相手像は、次のようなものです。

    • ESFPの明るさと自発性を好意的に受け止めてくれる
    • 一緒に楽しく時間を過ごせる
    • ESFPの感受性や創造性を理解し、認めてくれる
    • 自由な精神を持ち、ESFPの個性を尊重する

    その一方で、ESFPが恋愛で直面する課題には、以下のようなものがあります。

    • 現実的な問題から目を背けがち
    • 感情の赴くままに行動して、相手を困らせてしまう
    • 一時の楽しさを優先して、将来のことを考えない
    • 人間関係の維持に労力を割くのが苦手

    ESFPは、もう少し現実的な視点を持つ必要があるかもしれません。 時には感情をコントロールし、冷静に判断することも大切です。

    将来のことも考え、相手と一緒に計画を立てることを心がけましょう。 人間関係の維持にエネルギーを注ぐことも忘れずに。

    お互いの個性を認め合い、楽しく刺激し合える、自由で楽天的な恋愛を築いていきましょう。 明るく前向きな絆で結ばれた、喜びに満ちた恋愛が実現できるはずです。

    最後にまとめ

    以上、MBTIの16タイプごとに、恋愛における特徴や傾向について見てきました。

    それぞれのタイプには、恋愛に対する独自のアプローチや価値観、強みと弱みがあることが分かりました。

    自分や相手のタイプを知ることで、恋愛におけるコミュニケーションや相性を考える手がかりが得られるでしょう。

    ただし、これらはあくまで一般的な傾向であり、個人差は大きいということを忘れてはいけません。

    MBTIはあくまで自己理解や相互理解のツールであり、相手を決めつけたり、自分を制限したりするためのものではありません。

    お互いのタイプの特徴を理解しつつ、個人の個性を尊重し合うことが大切です。

    そうすることで、より深い理解と強い絆で結ばれた、充実した恋愛関係を築いていくことができるはずです。

    自分らしさを大切にしながら、相手とともに成長し、喜びを分かち合える素敵な恋愛を見つけてください。

    補足

    16personalitiesの悪いところ「科学的な裏付けが弱い」

    16personalities(16タイプ性格診断)は、科学的根拠の面で課題を抱えていると言えます。

    まず、査読付き論文の数が少なく、学術的な裏付けが不足しています。

    また、統計処理の方法にも疑問が残ります。

    特性を連続的な数値ではなくタイプに分類している点も、科学的な妥当性の観点から問題視されています。

    さらに、性格と学力や収入、脳機能、遺伝的要因などとの関連性についても、十分なエビデンスが提示されていないのが現状です。

    16personalitiesの良いところ「回答数(データ)が多く有名」

    一方で、16personalities(16タイプ性格診断)には大きな利点もあります。

    1つ目は、膨大な回答データを蓄積している点です。 多くの人々が16personalitiesの診断に参加しているため、データの信頼性はもしかしたら高いかもしれません。

    また、韓国のアイドルが回答し広めていたり、恋愛マッチングアプリでも注目されていたりするなど、一般の人々にかなり浸透しています。

    この点は、16personalities性格診断が他の性格診断に比べて有利な点と言えるでしょう。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「MBTI」

    16personalities(16タイプ性格診断)は、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)とビッグファイブをベースにして作られています。

    厳密には16personalitiesとMBTIは別物なのです。

    MBTIは、ユングの心理学的類型論を基に開発された性格診断ツールです。

    16personalitiesはMBTIの4つの指標(E外向-I内向S感覚-N直観T思考-F感情J判断-P知覚)を採用しつつ、アイデンティティ(AとT)という指標の追加、独自の質問項目・評価基準を設けています。

    ただし、二分法の根拠の乏しさなど、16personalities同様の科学的な裏付けの弱さを抱えています。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「ビッグファイブ」

    ビッグファイブ(Big Five)は、性格心理学において最も有力な特性理論の一つです。

    ビッグファイブは、開放性、誠実性、外向性、協調性、神経症傾向の5つの特性を測定します。

    また、ビッグファイブが特性を連続的な数値で評価する(例、外向性3.5)のに対し、16personalitiesやMBTIはタイプ分類(例、外向的か内向的かのどちらか)を用いる点も大きな違いです。

    さらに古くから研究されており、論文数も多く、学力や所得、脳や遺伝など、他の分野でも多くの研究が行われています。ビッグファイブの方が比較的、科学的な裏付けが強いと言えます。

    参考としてビッグファイブの4つの要素とMBTIの相関関係を示した論文も存在します。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「HEXACO」

    HEXACO(HEXACO Personality Inventory)は、ビッグファイブを拡張した6次元の性格モデルです。

    HEXACOは、正直-謙虚さ、情動性、外向性、協調性、誠実性、開放性の6つの特性を測定します。

    ビッグファイブに正直-謙虚さの次元を加えることで、性格のダークさ(と明るさ)など、より広範な性格特性を捉えようとしています。

    こちらもビッグファイブ同様、16personalitiesやMBTIと比べて論文の数が多いなど科学的な裏付けが比較的強いと言えます。

    こちらからHEXACO性格診断を受けることができます!より科学的な方法で自分の性格を知ってみましょう。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。