コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 自然の好みは性格で変わる?山派?海派?科学的に解説

自然の好みは性格で変わる?山派?海派?科学的に解説

    自然、ビーチ、海

    自然の中で過ごすと、心が落ち着いたり元気になったりしますよね。

    実は、この感覚には科学的な根拠があるんです。最近の研究で、人の性格と好きな自然環境には関係があることが分かってきました。

    Personality and Geography: Introverts Prefer Mountains」という論文では、内向的な人は山を好み、外向的な人は海を好む傾向があると報告されています。

    でも、なぜそんな違いがあるのでしょうか?

    この記事では、性格と自然環境の関係について、最新の研究結果をもとに詳しく解説します。

    自分に合った自然環境を知ることで、もっと効果的にリフレッシュする方法が見つかるかもしれません。

    さあ、一緒に自然の不思議な力について学んでいきましょう!

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的で、ビッグファイブに新しく1つの指標を追加した性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!性格のダークさがわかります。

    性格と自然の好みの関係性

    研究の背景

    性格と自然の好みには深い関係があります。
    これは、最近の研究で明らかになりました。
    人々は自分の性格に合った環境を選びます。
    その理由は、心地よさを感じるためです。

    例えば、以下のような傾向があります:

    • 内向的な人は静かな場所を好む
    • 外向的な人は賑やかな場所を好む
    • 誠実性が高い人は整然とした環境を好む

    この研究は、自然環境にも当てはまります。
    山や海といった場所の好みにも影響します。
    研究者たちは、この関係に注目しました。
    なぜ人々は特定の自然を好むのでしょうか。
    その答えを探るため、調査が行われました。

    また、環境が人に与える影響も調べました。
    自然は人の気分や行動を変えるのでしょうか。
    この点についても研究が進められました。

    さらに、幸福感との関連も注目されました。
    好みの環境で過ごすと幸せになれるのか。
    これらの疑問に答えるため、様々な実験や調査が行われました。

    このように、性格と自然の好みの関係を探る研究が進められています。その結果、私たちの性格が自然環境の選択に影響を与えていることが分かってきました。

    内向的な人と外向的な人の自然の好み

    内向的な人と外向的な人では、好む自然環境が異なります。
    この違いは、研究によって明らかになりました。

    内向的な人の特徴は以下の通りです:

    • 静かな環境を好む
    • 一人の時間を大切にする
    • 深く考えることを好む

    そのため、内向的な人は山や森を好みます。
    山や森は静かで落ち着ける場所だからです。
    一人でゆっくり過ごせる環境が魅力的です。

    一方、外向的な人の特徴は次の通りです:

    • 賑やかな環境を好む
    • 人との交流を楽しむ
    • 刺激的な体験を求める

    そのため、外向的な人は海や開けた場所を好みます。
    海辺は人が集まり、活動的に過ごせます。
    新しい出会いや体験が期待できる環境です。

    このような違いは、性格検査でも確認されました。
    山好きの人は、海好きの人より内向的でした。
    逆に、海好きの人は外向的な傾向がありました。

    また、目的によっても好みが変わります。
    人と楽しく過ごしたい時は海を選びます。
    一人でリラックスしたい時は山を選びます。

    このように、内向的な人と外向的な人では自然の好みが異なります。それぞれの性格に合った環境を選ぶことで、心地よく過ごせる可能性が高くなります。

    山と海の環境が与える印象

    山と海は、人々に異なる印象を与えます。
    これらの環境は、独特の特徴を持っています。
    その特徴が、人々の感じ方に影響するのです。

    山の環境が与える印象は以下の通りです:

    • 静かで落ち着いた雰囲気
    • 閉鎖的で安心できる空間
    • 自然との一体感

    一方、海の環境が与える印象は次の通りです:

    • 開放的で広々とした空間
    • 活動的で賑やかな雰囲気
    • 新鮮さや自由さ

    研究では、これらの印象を確認しました。
    参加者に山と海の写真を見せたのです。
    そして、それぞれの印象を評価してもらいました。

    結果、山は「静か」「穏やか」と評価されました。
    「人に会いにくい」という印象もありました。
    反対に海は「開放的」「社交的」と感じられました。

    また、山は「到達が難しい」と思われました。
    「楽しむのに労力が必要」という印象です。
    海は「簡単に楽しめる」と評価されました。

    これらの印象は、性格との関連がありました。
    内向的な人は山の印象に魅力を感じます。
    外向的な人は海の印象に惹かれるのです。

    このように、山と海は異なる印象を人々に与えます。その印象が、それぞれの性格タイプの人々を引き付ける要因になっているのです。

    性格に合った環境で過ごすメリット

    性格に合った自然環境で過ごすと、幸福感が高まることが分かりました。
    これは、実験によって確認されています。

    具体的には、以下のような結果が出ました:

    • 内向的な人は森で幸福感が上昇
    • 外向的な人は開けた場所で幸福感が上昇
    • 性格と環境の不一致で幸福感が低下

    この結果から、いくつかのメリットが考えられます。

    まず、ストレス解消に効果があります。
    自分に合った環境でリラックスできるのです。
    心身のリフレッシュにつながります。

    次に、創造性が高まる可能性があります。
    心地よい環境で新しいアイデアが生まれやすくなります。
    問題解決能力も向上するかもしれません。

    さらに、自己理解が深まるでしょう。
    自分に合う環境を知ることで、性格の理解につながります。
    これは、自己成長の機会にもなります。

    また、人間関係の改善にも役立ちます。
    自分に合った環境で過ごすことで、精神的に安定します。
    その結果、周囲との関係もスムーズになるのです。

    このように、性格に合った環境で過ごすことには多くのメリットがあります。自分に合う自然環境を見つけ、積極的に活用することで、より豊かな生活を送れる可能性が高まります。

    内向的な人が好む自然環境

    山や森の魅力

    内向的な人にとって、山や森は魅力的です。
    静かで落ち着ける環境だからです。
    研究でも、この傾向が確認されています。

    山や森の魅力は以下の点にあります:

    • 静寂な雰囲気
    • 自然との一体感
    • プライバシーの確保

    まず、静けさが大きな魅力です。
    街の喧騒から離れ、心を落ち着かせられます。
    鳥のさえずりや風の音だけを聞くことができます。

    次に、自然との一体感があります。
    木々に囲まれ、大地を感じることができます。
    この感覚が、心を癒してくれるのです。

    また、プライバシーが確保できます。
    人目を気にせず、自分の時間を過ごせます。
    これは、内向的な人にとって重要な点です。

    さらに、景色の美しさも魅力の一つです。
    山頂からの眺めは、心を開放してくれます。
    森の中の光景も、心を和ませてくれます。

    加えて、運動の機会も得られます。
    ハイキングやトレッキングを楽しめます。
    体を動かすことで、心身ともにリフレッシュできます。

    このように、山や森は内向的な人に多くの魅力を提供します。静かで自然豊かな環境で過ごすことで、心の安らぎを得られる場所なのです。

    静かで落ち着ける場所の重要性

    内向的な人にとって、
    静かで落ち着ける場所は非常に大切です。
    そのような環境が、心の安定をもたらすのです。

    静かな場所の重要性は以下の通りです:

    • ストレス解消
    • 集中力の向上
    • 自己内省の機会

    まず、ストレス解消に効果があります。
    騒がしい環境は内向的な人を疲れさせます。
    静かな場所で過ごすと、心が落ち着きます。

    次に、集中力が高まります。
    外部の刺激が少ない環境だからです。
    仕事や勉強の効率が上がるでしょう。

    また、自己内省の機会が得られます。
    静かな環境で自分と向き合えるのです。
    これは、自己成長につながります。

    さらに、創造性が刺激されます。
    落ち着いた環境で新しいアイデアが生まれやすくなります。
    アーティストや作家が静かな場所を好むのも、そのためです。

    加えて、質の高い睡眠が得られます。
    静かな環境は、良質な睡眠を促進します。
    心身の回復に役立つでしょう。

    このように、静かで落ち着ける場所は内向的な人にとって重要です。そのような環境で過ごすことで、心身のバランスを整え、より充実した生活を送ることができるのです。

    一人の時間を楽しむ方法

    内向的な人は、一人の時間を大切にします。
    それは、エネルギーを補充する大切な時間です。
    上手に過ごすことで、心が満たされるのです。

    一人の時間を楽しむ方法は以下の通りです:

    • 読書
    • 趣味の時間
    • 自然散策
    • 瞑想やヨガ
    • 創作活動

    まず、読書は素晴らしい選択肢です。
    本の世界に没頭することで、心が落ち着きます。
    新しい知識も得られ、一石二鳥です。

    次に、趣味の時間を持つことをおすすめします。
    好きなことに打ち込むことで、充実感が得られます。
    音楽を聴いたり、絵を描いたりするのもいいでしょう。

    また、自然散策も効果的です。
    静かな森や公園を歩くことで、心が癒されます。
    季節の変化を感じることもできます。

    さらに、瞑想やヨガも良い方法です。
    心と体を整える効果があります。
    深い呼吸を意識することで、ストレスが軽減されます。

    加えて、創作活動も楽しめます。
    日記を書いたり、何かを作ったりするのです。
    自己表現の機会にもなります。

    内向的な人におすすめの自然スポット

    内向的な人には、静かな自然スポットがおすすめです。
    心を落ち着かせ、エネルギーを回復できる場所です。
    日本には、そんな素敵なスポットがたくさんあります。

    おすすめの自然スポットは以下の通りです:

    • 高尾山(東京都)
    • 上高地(長野県)
    • 屋久島(鹿児島県)
    • 軽井沢(長野県)
    • 大台ヶ原(奈良県)

    高尾山は、東京近郊にある人気の山です。
    静かな登山道で、森林浴を楽しめます。
    頂上からの眺めも素晴らしいです。

    上高地は、北アルプスの玄関口として知られています。
    清流と山々の景色が、心を癒してくれます。
    ゆっくりと散策を楽しむことができます。

    屋久島は、世界自然遺産に登録された島です。
    樹齢何千年もの屋久杉の森が広がっています。
    神秘的な雰囲気に包まれた場所です。

    軽井沢は、避暑地として有名な高原の町です。
    静かな別荘地や森林が広がっています。
    季節ごとに異なる自然の美しさを楽しめます。

    大台ヶ原は、奈良県にある高原です。
    原生林が広がり、静寂に包まれた場所です。
    トレッキングを楽しみながら、自然を満喫できます。

    外向的な人が好む自然環境

    海や開けた場所の魅力

    外向的な人は、海や開けた場所に魅力を感じます。
    そこには、活動的で刺激的な要素がたくさんあるからです。
    研究でも、この傾向が確認されています。

    海や開けた場所の魅力は以下の通りです:

    • 広々とした空間
    • 活動的な雰囲気
    • 人との交流機会
    • 様々なアクティビティ
    • 開放感

    まず、広々とした空間が魅力です。
    視界が開け、自由な感覚を味わえます。
    これは、外向的な人の性格と合致します。

    次に、活動的な雰囲気があります。
    海辺では、様々な人が楽しそうに過ごしています。

    その活気が、外向的な人を引き付けるのです。

    人との交流機会も豊富です。 ビーチでは自然と会話が生まれやすいです。 新しい出会いを楽しめる環境です。

    様々なアクティビティも魅力の一つです。 水泳、サーフィン、ビーチバレーなどが楽しめます。 体を動かすことで、エネルギーを発散できます。

    また、開放感が心地よいです。 大空と海が広がる景色は、心を解放してくれます。 ストレス解消にも効果があります。

    人と交流できる環境の重要性

    外向的な人にとって、 人と交流できる環境はとても大切です。 そのような場所で、彼らは活力を得るのです。

    人と交流できる環境の重要性は以下の通りです:

    • エネルギーの充電
    • 新しい刺激
    • 自己表現の機会
    • ストレス解消
    • 社会的スキルの向上

    まず、エネルギーの充電ができます。 外向的な人は、人との交流でパワーを得ます。 会話や活動を通じて、元気になれるのです。

    次に、新しい刺激を受けられます。 様々な人との出会いが、新鮮な体験をもたらします。 これは、外向的な人の好奇心を満たします。

    また、自己表現の機会が得られます。 自分の考えや感情を他者と共有できます。 これは、外向的な人の欲求を満たします。

    さらに、ストレス解消にも効果があります。 楽しい交流は、気分転換になります。 悩みを共有することで、心が軽くなることもあります。

    加えて、社会的スキルが向上します。 様々な人と関わることで、コミュニケーション能力が磨かれます。 これは、日常生活や仕事にも役立ちます。

    グループで楽しむアクティビティ

    外向的な人は、グループで楽しむアクティビティが好きです。 みんなで一緒に活動することで、より楽しさが増すのです。 自然の中でも、様々な楽しみ方があります。

    おすすめのアクティビティは以下の通りです:

    • ビーチバレー
    • バーベキュー
    • ハイキング
    • カヤック
    • キャンプ

    まず、ビーチバレーは人気のアクティビティです。 チームで協力し、体を動かすことができます。 海辺の開放的な雰囲気も楽しめます。

    次に、バーベキューもおすすめです。 食事を通じて、会話を楽しむことができます。 自然の中で食べる料理は格別です。

    また、ハイキングも楽しいグループ活動です。 一緒に山道を歩きながら、会話を楽しめます。 達成感も味わえる、良いアクティビティです。

    さらに、カヤックも人気があります。 協力して川や海を進むことで、絆が深まります。 自然の景色を楽しみながら、冒険心も満たせます。

    加えて、キャンプも素晴らしい選択肢です。 テント設営や食事準備を一緒に行うことで、チームワークが育ちます。 夜には焚き火を囲んで、楽しい時間を過ごせます。

    外向的な人におすすめの自然スポット

    外向的な人には、活動的な自然スポットがおすすめです。

    人との交流や様々な体験ができる場所が適しています。 日本には、そんな魅力的なスポットがたくさんあります。

    おすすめの自然スポットは以下の通りです:

    • 沖縄のビーチ
    • 富士五湖
    • 妙高高原(新潟県)
    • 小笠原諸島
    • 知床半島(北海道)

    沖縄のビーチは、外向的な人の天国です。 マリンスポーツや、ビーチパーティーが楽しめます。 透明な海と白い砂浜が、心を解放してくれます。

    富士五湖は、アクティビティの宝庫です。 キャンプやハイキング、水上スポーツなどが楽しめます。 富士山の絶景も、みんなで楽しむことができます。

    妙高高原は、四季を通じて楽しめる場所です。 冬はスキー、夏はトレッキングが人気です。 温泉もあり、仲間と一緒にリラックスできます。

    小笠原諸島は、自然を満喫できる島々です。 ホエールウォッチングやシュノーケリングが楽しめます。 仲間と一緒に、冒険心を満たせる場所です。

    知床半島は、大自然を体感できる場所です。 クルーズやトレッキングを通じて、野生動物に出会えます。 仲間と感動を共有できる、素晴らしいスポットです。

    自然環境が性格に与える影響

    環境と性格の相互作用

    自然環境と性格は、お互いに影響し合っています。 この関係は、研究によって明らかになってきました。 人は環境を選び、環境は人を形作るのです。

    環境と性格の相互作用は以下の通りです:

    • 環境選択
    • 環境適応
    • 長期的な性格形成
    • 短期的な気分変化
    • 価値観への影響

    まず、人は自分の性格に合う環境を選びます。 内向的な人は静かな場所を、外向的な人は賑やかな場所を好みます。 これは、心地よさを求める本能的な行動です。

    次に、選んだ環境に適応していきます。 山での生活に慣れると、静かな環境を好むようになるかもしれません。 これは、環境が人の好みを変える例です。

    また、長期的には性格形成に影響します。 自然豊かな環境で育つと、自然を大切にする性格になりやすいです。 都会で育つと、刺激を求める性格になる傾向があります。

    さらに、短期的な気分変化も起こります。 海辺で過ごすと、開放的な気分になりやすいです。 森林浴をすると、落ち着いた気分になります。

    加えて、価値観にも影響を与えます。 自然と触れ合うことで、環境保護の意識が高まることがあります。 これは、環境が人の考え方を変える例です。

    短期的な環境変化の効果

    短期的な環境変化は、人の気分や行動に影響します。 自然の中で過ごすことで、心と体に変化が現れるのです。 この効果は、科学的にも証明されています。

    短期的な環境変化の効果は以下の通りです:

    • ストレス軽減
    • 気分向上
    • 集中力アップ
    • 創造性の刺激
    • 身体活動の増加

    まず、ストレスが軽減されます。 自然の中にいると、心拍数や血圧が下がります。 これは、リラックス効果の表れです。

    次に、気分が向上します。 緑や青の景色を見ると、ポジティブな感情が増します。 自然の美しさが、心を明るくするのです。

    また、集中力がアップします。 自然の中では、注意力が回復すると言われています。 静かな環境が、集中を助けるのでしょう。

    さらに、創造性が刺激されます。 新しい環境に触れることで、発想が豊かになります。 自然の中でひらめきを得る人も多いです。

    加えて、身体活動が増加します。 自然の中では、つい体を動かしたくなります。 ウォーキングやハイキングなどを楽しめます。

    長期的な環境の影響

    長期的に自然環境で過ごすことは、 人の性格や価値観に大きな影響を与えます。 これは、研究によって明らかになってきました。

    長期的な環境の影響は以下の通りです:

    • 性格特性の変化
    • 価値観の形成
    • 生活習慣の変化
    • 健康状態の改善
    • 社会性の発達

    まず、性格特性が変化する可能性があります。 自然豊かな環境で育つと、落ち着いた性格になりやすいです。 逆に、都会で育つと、活動的な性格になる傾向があります。

    次に、価値観が形成されます。 自然と共に生きる中で、環境保護の意識が高まります。 持続可能な生活への関心も強くなるでしょう。

    また、生活習慣も変わります。 自然の中では、早寝早起きの習慣が身につきやすいです。 季節の変化に敏感になり、自然のリズムで生活するようになります。

    さらに、健康状態が改善されることがあります。 自然の中で過ごすことで、免疫力が上がると言われています。 ストレスも軽減され、心身ともに健康になりやすいです。

    加えて、社会性も発達します。 自然の中での活動は、often他者との協力が必要です。 これにより、コミュニケーション能力が育つのです。

    自然環境を活用したストレス解消法

    自然環境は、効果的なストレス解消法となります。 心と体を癒す力が、自然にはあるのです。 日々の生活に、自然との触れ合いを取り入れましょう。

    おすすめのストレス解消法は以下の通りです:

    • 森林浴
    • ガーデニング
    • 自然音の聴取
    • 自然の中での瞑想
    • アウトドアスポーツ

    まず、森林浴がおすすめです。 木々に囲まれて過ごすだけで、ストレスホルモンが減少します。 深呼吸をしながら、ゆっくり歩くのが効果的です。

    次に、ガーデニングも良い方法です。 植物を育てることで、達成感が得られます。 土に触れることで、心が落ち着きます。

    また、自然音を聴くのも効果があります。 波の音や鳥のさえずりは、心を落ち着かせます。 家でも、音源を使って自然音を楽しめます。

    さらに、自然の中で瞑想するのも良いでしょう。 静かな環境で、自分の内面と向き合えます。 心の奥底にある不安やストレスを解放できます。

    加えて、アウトドアスポーツも効果的です。 自然の中で体を動かすことで、ストレスを発散できます。 ハイキングやサイクリングなどが人気です。

    自然と幸福感の関係

    性格に合った環境で過ごすことの重要性

    性格に合った自然環境で過ごすことは、 幸福感を高める効果があります。 これは、研究によって明らかになっています。

    その重要性は以下の点にあります:

    • ストレス軽減
    • 自己実現の機会
    • エネルギー回復
    • 心地よさの実感
    • 生活の質向上

    まず、ストレスが軽減されます。 自分に合った環境では、リラックスしやすいです。 心身の緊張が解け、ストレスが和らぎます。

    次に、自己実現の機会が増えます。

    自分に合った環境で、得意なことを発揮しやすくなります。

    これにより、自信や充実感が高まります。

    また、エネルギーの回復が早まります。 性格に合った環境では、自然とパワーがチャージされます。 疲れが取れやすく、活力が湧いてきます。

    さらに、心地よさを実感しやすくなります。 自分に合った場所にいると、「ここが居場所だ」と感じられます。 この感覚が、幸福感につながるのです。

    加えて、生活の質が向上します。 性格に合った環境で過ごすことで、日々の満足度が上がります。 長期的には、人生の質の向上にもつながるでしょう。

    自然が与える心理的効果

    自然には、様々な心理的効果があります。 人間の心と体に、良い影響を与えるのです。 これらの効果は、科学的にも証明されています。

    自然が与える心理的効果は以下の通りです:

    • ストレス軽減
    • 気分向上
    • 集中力アップ
    • 自尊心の向上
    • 共感性の増加

    まず、ストレスが軽減されます。 自然の中にいると、ストレスホルモンが減少します。 心拍数や血圧も安定し、リラックスできます。

    次に、気分が向上します。 緑や青の自然色を見ると、ポジティブな感情が増します。 不安や落ち込みが和らぎ、前向きな気持ちになれます。

    また、集中力がアップします。 自然の中では、注意力が回復すると言われています。 仕事や学習の効率が上がる可能性があります。

    さらに、自尊心が向上します。 自然の中での体験は、自信につながることがあります。 山登りの達成感などが、自己評価を高めます。

    加えて、共感性が増加します。 自然の中で他者と過ごすことで、人間関係が深まります。 自然への畏敬の念が、他者への思いやりを育てるのです。

    幸福感を高める自然との接し方

    自然との適切な接し方で、幸福感を高められます。 ただ自然の中にいるだけでなく、積極的に関わることが大切です。 効果的な方法を知り、実践することが重要です。

    幸福感を高める自然との接し方は以下の通りです:

    • 定期的な自然散策
    • 自然観察
    • アウトドア活動
    • 自然保護活動への参加
    • 自然の中でのマインドフルネス

    まず、定期的な自然散策がおすすめです。 週に一度でも、公園や森を歩いてみましょう。 ゆっくりとした歩調で、自然を感じることが大切です。

    次に、自然観察を楽しんでみましょう。 植物や動物、昆虫などを観察します。 生き物の不思議さに触れ、感動を味わえます。

    また、アウトドア活動も効果的です。 キャンプやハイキングなどを楽しみましょう。 自然の中で体を動かすことで、心身ともにリフレッシュできます。

    さらに、自然保護活動への参加も良いでしょう。 地域の清掃活動や植樹活動などに参加します。 自然に貢献する喜びが、幸福感につながります。

    加えて、自然の中でのマインドフルネスも効果的です。 自然の音や匂い、触感に意識を向けます。 「今、ここ」の瞬間を味わうことで、心が落ち着きます。

    日常生活に自然を取り入れる方法

    日常生活に自然を取り入れることで、 心身の健康を保つことができます。 忙しい毎日でも、工夫次第で自然と触れ合えるのです。

    おすすめの方法は以下の通りです:

    • 観葉植物の育成
    • 自然音の活用
    • 窓からの景色を楽しむ
    • 自然素材の活用
    • 通勤・通学路の工夫

    まず、観葉植物を育ててみましょう。 家や職場に緑を置くだけで、心が癒されます。 植物の世話をすることで、自然とのつながりを感じられます。

    次に、自然音を活用してみましょう。 波の音や鳥のさえずりの音源を聴きます。 仕事の合間や就寝前に聴くと、リラックスできます。

    また、窓からの景色を意識的に楽しみましょう。 空や雲、木々の様子に注目します。 季節の変化を感じることで、自然を身近に感じられます。

    さらに、自然素材を生活に取り入れましょう。 木や石、草花などを使った雑貨を活用します。 自然の温もりを感じられ、心が落ち着きます。

    加えて、通勤・通学路を工夫してみましょう。 少し遠回りでも、公園を通る道を選びます。 短時間でも自然に触れることで、気分転換になります。

    最後に

    さて、ここまで性格と自然環境の関係について見てきました。内向的な人は山や森を好み、外向的な人は海や開けた場所を好む傾向があることが分かりましたね。

    これは、それぞれの性格に合った環境が、心地よさや幸福感をもたらすからなんです。大切なのは、自分に合った自然環境を見つけることです。

    でも、普段から自然と触れ合うのは難しいと思う人もいるでしょう。そんな時は、日常生活に小さな工夫を加えてみてください。

    観葉植物を育てたり、自然の音を聴いたり、週末に近くの公園を散歩したりするだけでも効果があります。

    自然には、ストレスを軽減し、気分を向上させる力があります。自分に合った方法で自然と触れ合うことで、より健康で幸せな毎日を過ごせるはずです。

    さあ、明日から自然との新しい関わり方を始めてみましょう!

    ※この記事は以下の「性格とは何か-より良く生きるための心理学」で紹介された論文をもとに書いています。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。