コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 理想の上司とは?部下をサポートすることで会社全体が成長!

理想の上司とは?部下をサポートすることで会社全体が成長!

    理想の上司の性格

    「理想の上司」とはどのような人でしょうか。

    皆さんが社会人になったとき、上司との関係は仕事をする上でとても重要になります。

    上司は、皆さんの仕事ぶりを評価し、時にはアドバイスをくれる存在です。

    しかし、中には部下の成長を十分にサポートできていない上司もいるようです。

    実際、ある調査では、多くの部下が上司からの支援が不足していると感じていることがわかりました。

    一方で、上司の立場からも、部下支援が十分にできていないと認識しているようです。

    では、理想の上司になるためには何が必要なのでしょうか。

    上司には、部下とのコミュニケーションを大切にし、部下の成長を支援する姿勢が求められます。

    また、部下の意見に耳を傾け、努力を認めて称賛することも大切です。

    このような上司のもとで働くことができれば、皆さんは仕事にやりがいを感じられるはずです。

    今回は、理想の上司像について、一緒に考えていきましょう。

    ※理想の上司がどんな性格なのかを調べた研究もこちらに掲載しています。

    目次

    理想の上司とは?部下のサポートが重要

    部下が上司に求めるサポートとは

    上司に部下が最も求めているのは、適切なサポートです。
    部下は、業務を遂行する上で、上司からの支援を必要としています。
    特に、以下のようなサポートが重要だと考えられています。

    • 業務に関する助言やフィードバック
    • キャリア形成や人材育成に関する支援
    • 適切かつ柔軟な業務分担

    また、部下は感情面でのサポートも求めています。
    愚痴を聞いてもらったり、励まされたりすることで、部下はモチベーションを維持することができるのです。
    つまり、部下が求めるサポートには、業務面と感情面の両方が含まれているのです。
    上司は、部下のニーズを的確に把握し、適切なサポートを提供することが求められます。
    そうすることで、部下は安心して働くことができ、パフォーマンスを発揮できるようになるでしょう。

    上司からの支援が不足していると感じる部下が多い

    多くの部下が、上司からの支援が不足していると感じています。
    ある調査によると、部下から見て、上司が十分な行動を取っていないと思う項目として、以下のようなものが挙げられました。

    • 部下のキャリア形成や人材育成に対する支援
    • コスト意識を重視した業務運営や改善・改革
    • 適切かつ柔軟な業務分担

    これらの結果から、部下は上司からの支援が足りていないと感じていることがわかります。
    一方で、上司の立場からはどのように見えているのでしょうか。
    実は、上司自身も部下支援が十分にできていないと認識しているのです。
    つまり、部下と上司の両方が、支援が不足していると感じているという現状があるのです。
    このギャップを埋めていくことが、より良い職場環境を作るために重要だと言えるでしょう。

    上司も部下支援が十分でないと認識している

    上司自身も、部下支援が十分にできていないと感じています。
    ある調査で、上司から見て自分自身が十分な行動を取れていないと思うものを尋ねたところ、「部下のキャリア形成や人材育成に対する支援」という回答が最も多く見られました。
    このことから、上司も部下支援の重要性は認識しているものの、実際には十分なサポートができていないと自覚していることがわかります。
    では、なぜ上司は部下支援が十分にできていないのでしょうか。
    考えられる理由の一つは、上司自身が多忙であるということです。
    自分の業務で手一杯であるため、部下のサポートまで手が回らないというのが実情なのかもしれません。
    しかし、部下支援は上司の重要な役割の一つです。
    業務の優先順位を見直し、部下支援に割く時間を確保することが求められます。

    若手社員ほど上司からの支援を必要としている

    若手社員ほど、上司からの支援を必要としています。
    例えば、入社2年目の社員を対象とした調査では、自分から周囲に支援を求める必要性が増加したと回答した人が多く見られました。
    しかし、上司からの業務上の支援は変わらないと認識しているのです。
    つまり、若手社員は支援を求めているにも関わらず、上司からのサポートが十分ではないと感じているのです。
    この傾向は、若手社員に限ったことではありません。
    キャリアが浅い社員ほど、業務に関する知識や経験が不足しています。
    そのため、上司からの助言やフィードバックを必要としているのです。
    上司は、若手社員の成長を支援するために、積極的にサポートを提供することが求められます。
    そうすることで、若手社員は自信を持って業務に取り組めるようになるでしょう。

    理想の上司が行う「上司サポート」とは?

    上司サポートの定義

    上司サポートとは、上司が部下をどの程度支援しているかについて、部下が抱く認識のことを指します。
    学術的には、「上司がどの程度支援しているかについて部下が抱く知覚」と定義されています。
    つまり、上司が実際にどれだけ支援しているかではなく、部下がどのように感じているかが重要なのです。
    上司サポートには、業務面と感情面の両方が含まれます。
    業務面では、部下が業務を円滑に進められるようにサポートすることが求められます。
    具体的には、助言やフィードバックを与えたり、適切な業務分担を行ったりすることが挙げられます。
    感情面では、部下の悩みに耳を傾けたり、励ましたりすることが大切です。
    上司サポートは、部下の働きやすさやモチベーションに大きな影響を与えると考えられています。

    理想の上司:部下の認識が重要

    上司サポートにおいて重要なのは、部下の認識です。
    上司が実際にどれだけ支援しているかではなく、部下がどのように感じているかが大切なのです。
    例えば、上司が一生懸命に部下をサポートしていても、部下がそれを十分だと感じなければ、上司サポートが高いとは言えません。
    逆に、上司の支援が少なくても、部下が十分だと感じれば、上司サポートは高いと言えるのです。
    つまり、上司サポートを向上させるためには、部下の感じ方に着目する必要があります。
    部下が上司サポートを高く評価するためには、以下のような点が重要だと考えられています。

    • 部下のキャリア目標達成への関心
    • 部下のパフォーマンスに対する有益なフィードバック
    • 部下の成果に対する適切な評価

    上司は、これらの点に注力することで、部下の認識を高めることができるでしょう。

    理想の上司:道具的支援と情緒的支援

    上司サポートは、道具的支援と情緒的支援の2つに分けることができます。
    道具的支援とは、部下が業務を遂行する上で必要な支援のことを指します。
    具体的には、業務に関する助言やフィードバックが挙げられます。
    一方、情緒的支援とは、部下の感情面に対するサポートのことを言います。
    部下の愚痴を聞いたり、励ましたりすることが、情緒的支援に当たります。
    上司は、この2つの支援をバランスよく提供することが求められます。
    道具的支援は、部下の業務遂行能力を高めるために重要です。
    適切な助言やフィードバックを与えることで、部下は効率的に業務を進められるようになります。
    情緒的支援は、部下のモチベーションを維持するために欠かせません。
    部下の悩みに寄り添い、励ますことで、部下は前向きに働くことができるのです。
    上司は、部下のニーズを的確に把握し、状況に応じて適切な支援を提供することが大切です。

    理想の上司:上司サポートが会社満足度や愛着心に与える影響

    上司サポートは、部下の会社満足度や愛着心に大きな影響を与えます。
    部下が上司から十分なサポートを受けていると感じると、上司への印象が良くなるだけでなく、会社からも支援されていると感じるようになります。
    その結果、部下の会社や仕事に対する満足感が高まり、会社への愛着も深まるのです。
    反対に、上司サポートが不足していると、部下は会社からの支援も得られていないと感じてしまいます。
    そうすると、会社に対して負の感情を抱くようになり、離職したいと考えるようになってしまうかもしれません。
    つまり、上司サポートは、部下の会社に対する評価を左右する重要な要因なのです。
    上司は、自身の行動が部下の会社満足度や愛着心に影響を与えることを認識し、適切なサポートを提供することが求められます。
    そうすることで、部下のエンゲージメントを高め、組織の生産性向上につなげることができるでしょう。

    理想の上司:会社の代表者として認識される

    部下は、上司を会社の代表者として認識しています。
    上司サポートが不足していると、部下は会社からの支援も得られていないと感じてしまいます。
    つまり、上司の行動が、部下の会社に対する評価に直結しているのです。
    このことから、上司は会社の代表者として振る舞う必要があると言えるでしょう。
    部下に対して適切なサポートを提供することは、会社の方針や価値観を体現することにつながります。
    逆に、上司サポートが不足していると、会社の評判を下げてしまう可能性があります。
    上司は、自身の行動が会社の印象を左右することを自覚し、部下との関係構築に注力することが大切です。
    部下との信頼関係を築き、適切なサポートを提供することで、部下の会社に対する評価を高めることができるでしょう。
    上司は、会社の顔として、部下との関係性を大切にすることが求められています。
    自身の行動が及ぼす影響を認識し、部下の成長と会社の発展に貢献することが期待されているのです。

    理想の上司になるために必要なこと

    理想の上司:部下との共通点を見出す

    上司が部下を支援するためには、部下との共通点を見出すことが大切です。
    上司と部下が似たような経験を持っていたり、同じような環境に置かれていたりすると、上司は部下のことを身近に感じられるようになります。
    そうすると、上司は部下を支援しようという気持ちが高まるのです。
    共通点を見出すためには、以下のようなことが有効だと考えられています。

    • 部下との雑談の中で、お互いの経験や背景を共有する
    • 部下との共通の趣味や関心事を探る
    • 部下が抱えている問題や悩みに共感する

    上司が部下との共通点を認識することで、部下に対する理解が深まります。
    そうすると、部下のニーズに合ったサポートを提供できるようになるでしょう。
    部下との共通点を見出すことは、上司サポートを促進するために重要な取り組みなのです。
    上司は、部下とのコミュニケーションを大切にし、共通点を探ることが求められます。

    理想の上司:部下と似た経験を共有する

    部下と似たような経験を共有することは、上司サポートを促進するために有効です。
    例えば、上司も部下と同じように、仕事と家庭の両立に悩んでいるとします。
    そうすると、上司は部下の立場に立って考えられるようになり、部下を支援しようという気持ちが高まります。
    部下と似た経験を共有するためには、以下のようなことが大切だと考えられています。

    • 自身の経験を部下と共有する
    • 部下の経験に耳を傾け、共感する
    • 部下が抱えている問題に対して、自身の経験を基に助言する

    上司が部下と似た経験を共有することで、部下との距離が縮まります。
    そうすると、部下は上司に相談しやすくなり、上司からのサポートを受け入れやすくなるでしょう。
    部下と似た経験を共有することは、上司サポートを円滑に進めるために重要なのです。
    上司は、自身の経験を部下と共有し、部下の経験にも耳を傾けることが求められます。
    そうすることで、部下との信頼関係を築き、効果的なサポートを提供できるようになるでしょう。

    理想の上司:会社が上司サポートを評価する仕組みを作る

    会社が上司サポートを評価する仕組みを作ることは、上司サポートを促進するために重要です。
    上司サポートが評価されるような制度があれば、上司は部下を支援しようと努力するようになります。
    例えば、以下のような取り組みが考えられます。

    • 上司サポートを人事評価の項目に加える
    • 部下からの上司サポートに関する評価を定期的に実施する
    • 上司サポートに積極的な上司を表彰する

    このような仕組みを作ることで、上司サポートの重要性が組織全体で認識されるようになります。
    そうすると、上司は部下支援に注力するようになり、部下の働きやすさやモチベーションが向上するでしょう。
    会社が上司サポートを評価する仕組みを作ることは、組織の生産性向上につながる取り組みなのです。
    人事部門は、上司サポートを促進するための制度設計に取り組むことが求められます。
    そうすることで、上司と部下の良好な関係構築を支援し、組織の活性化を図ることができるでしょう。

    理想の上司:上司が部下を支援しやすい環境を整備する

    上司が部下を支援しやすい環境を整備することは、上司サポートを促進するために欠かせません。
    上司サポートを提供するためのインフラが整っていれば、上司は部下支援に積極的になれます。
    具体的には、以下のような取り組みが有効だと考えられています。

    • 部下支援に関する情報を上司に提供する
    • 部下支援のための予算を確保する
    • 部下支援に関する研修を実施する

    このような環境を整備することで、上司は部下支援に必要な知識やスキルを身につけることができます。
    また、部下支援のためのリソースが確保されることで、上司は安心して部下のサポートに専念できるようになるでしょう。
    上司が部下を支援しやすい環境を整備することは、上司サポートの質を高めるために重要なのです。
    人事部門は、上司サポートを促進するための環境整備に取り組むことが求められます。
    そうすることで、上司と部下の協働を支援し、組織のパフォーマンス向上につなげることができるでしょう。

    上司サポートの注意点

    部下が上司の非倫理的行動を隠蔽する可能性

    部下が上司の非倫理的行動を隠蔽してしまう可能性があります。
    上司サポートを受けている部下は、上司に対して恩義を感じるようになります。
    そうすると、「上司の悪い噂を広めてはいけない」と考えるようになってしまうかもしれません。
    具体的には、以下のような行動が考えられます。

    • 上司の非倫理的行動を見て見ぬふりをする
    • 上司の問題点を指摘しない
    • 上司の悪い噂を否定する

    このような行動は、組織にとって大きなリスクとなります。
    上司の非倫理的行動が隠蔽されることで、問題が表面化せず、組織の健全性が損なわれてしまうかもしれません。
    上司は、部下が自身の非倫理的行動を隠蔽する可能性があることを認識し、注意を払う必要があります。
    部下との信頼関係を構築しつつも、適切な距離感を保つことが大切です。
    そうすることで、部下が上司の非倫理的行動を隠蔽するリスクを軽減できるでしょう。

    部下の成長や業務円滑化のための支援が大切

    上司サポートは、部下の成長や業務の円滑化を目的とするべきです。
    部下との良好な関係構築は重要ですが、それが目的化してはいけません。
    あくまでも、部下の成長を支援し、業務を円滑に進めることが上司サポートの目的なのです。
    以下のような点に注意しながら、部下支援に取り組むことが求められます。

    • 部下の自立を促すような支援を心がける
    • 業務の効率化につながる支援を提供する
    • 部下との関係性に流されず、適切な判断を下す

    上司サポートは、部下との信頼関係を基盤としつつも、組織の目標達成に資するものでなければなりません。
    上司は、部下の成長と業務の円滑化を常に意識し、バランスの取れた支援を提供することが大切です。
    そうすることで、部下のパフォーマンスを最大限に引き出し、組織の生産性向上につなげることができるでしょう。

    部下の自尊心や状況に配慮した支援を心がける

    部下の自尊心や状況に配慮した支援を心がけることが大切です。
    上司サポートは、部下の成長を促すためのものですが、時として部下の自尊心を傷つけてしまうことがあります。
    例えば、「もっと頑張りましょう」という言葉は、部下を励ますつもりで発せられることが多いですが、部下によっては「今の自分では不十分だ」と感じてしまうかもしれません。
    上司は、部下の自尊心を尊重しながら、支援を提供することが求められます。
    そのためには、以下のような点に注意することが大切です。

    • 部下の良い点を認め、褒める
    • 部下の成長段階に合わせた支援を提供する
    • 部下の心情に配慮し、適切な言葉を選ぶ

    また、部下の置かれている状況にも目を配る必要があります。
    例えば、プライベートな問題を抱えている部下に対しては、業務面での支援だけでなく、心理的なサポートも必要になるでしょう。
    上司は、部下の状況を把握し、適切な支援を提供することが求められます。

    建設的なフィードバックを心がける

    部下の成長を促すためには、建設的なフィードバックを心がけることが大切です。
    上司サポートの一環として、部下の業務に対してフィードバックを行うことがあります。
    その際、単に問題点を指摘するだけでは、部下のモチベーションを下げてしまうかもしれません。
    建設的なフィードバックを行うためには、以下のような点に注意することが大切です。

    • 良い点と改善点をバランスよく伝える
    • 具体的な行動を示しながら、改善方法を提案する
    • 部下の意見に耳を傾け、双方向のコミュニケーションを心がける

    建設的なフィードバックを行うことで、部下は自分の課題を明確に認識し、改善に向けて行動できるようになります。
    また、上司との対話を通じて、部下の自発性や主体性を引き出すことができるでしょう。
    上司は、部下の成長を支援するために、建設的なフィードバックを心がけることが求められます。
    そうすることで、部下の能力を最大限に引き出し、組織の発展につなげることができるのです。

    理想の上司と部下の良好な関係を築くために

    部下とのコミュニケーションを大切にする

    部下とのコミュニケーションを大切にすることは、良好な関係構築のために欠かせません。
    上司と部下が効果的にコミュニケーションを取ることで、互いの理解が深まり、信頼関係が築かれていきます。
    コミュニケーションを大切にするためには、以下のような取り組みが有効だと考えられています。

    • 定期的に1on1ミーティングを実施する
    • 部下の話に耳を傾け、共感する
    • 部下との雑談の時間を設ける

    上司が部下とのコミュニケーションを大切にすることで、部下は上司に気兼ねなく相談できるようになります。
    そうすると、部下の悩みや課題が早期に発見でき、適切な支援を提供できるようになるでしょう。
    部下とのコミュニケーションを大切にすることは、上司サポートを円滑に進めるための基盤となるのです。
    上司は、部下とのコミュニケーションを積極的に図ることが求められます。
    そうすることで、部下との信頼関係を築き、チームの一体感を高めることができるでしょう。

    部下の成長を支援する姿勢を持つ

    部下の成長を支援する姿勢を持つことは、上司にとって重要な役割です。
    上司は、部下の能力を引き出し、成長を促すことが求められます。
    部下の成長を支援するためには、以下のような取り組みが有効だと考えられています。

    • 部下の強みを見出し、活かす
    • 部下にチャレンジングな機会を与える
    • 部下の成長に合わせて、仕事の難易度を調整する

    上司が部下の成長を支援する姿勢を持つことで、部下は自己効力感を高められます。
    そうすると、部下は自信を持って業務に取り組めるようになり、高いパフォーマンスを発揮できるようになるでしょう。
    部下の成長を支援することは、上司にとってやりがいのある仕事でもあります。
    部下の成長を通じて、上司自身も成長できるからです。
    上司は、部下の成長を支援する姿勢を持ち続けることが大切です。

    部下の意見に耳を傾ける

    部下の意見に耳を傾けることは、上司サポートにおいて重要な要素です。
    上司は、部下の意見を尊重し、真摯に受け止めることが求められます。
    部下の意見に耳を傾けるためには、以下のような点に注意することが大切です。

    • 部下の話を最後まで聞く
    • 部下の意見を否定せず、理解に努める
    • 部下の意見を踏まえて、意思決定を行う

    上司が部下の意見に耳を傾けることで、部下は自分の存在価値を実感できます。
    そうすると、部下はより積極的に業務に取り組むようになり、組織への貢献度が高まるでしょう。
    また、部下の意見を取り入れることで、上司の視野も広がります。
    部下の新しい発想や考え方に触れることで、上司自身の成長にもつながるのです。
    上司は、部下の意見に真摯に耳を傾ける姿勢を持つことが大切です。
    そうすることで、部下との信頼関係を深め、組織の発展につなげることができるでしょう。

    部下の努力を認め、称賛する

    部下の努力を認め、称賛することは、上司サポートにおいて欠かせない取り組みです。
    上司から認められることで、部下はモチベーションを高められます。
    部下の努力を認め、称賛するためには、以下のような点に注意することが大切です。

    • 部下の頑張りを見逃さず、タイムリーに褒める
    • 部下の成果だけでなく、プロセスも評価する
    • 部下の努力を他者にも伝え、称賛する

    上司が部下の努力を認め、称賛することで、部下のエンゲージメントが高まります。
    そうすると、部下は自発的に業務に取り組むようになり、高い成果を生み出せるようになるでしょう。
    また、上司からの称賛は、部下の自信につながります。
    部下が自信を持って業務に臨めるようになることで、更なる成長が期待できます。
    上司は、部下の努力を認め、称賛することを習慣づけることが大切です。
    そうすることで、部下のモチベーションを維持し、組織の活力を高めることができるのです。

    まとめ:理想の上司について

    今回は、理想の上司像について考えてきました。

    上司は、部下の成長を支援し、業務を円滑に進めることが求められる存在です。

    理想の上司になるためには、部下とのコミュニケーションを大切にし、部下の意見に耳を傾けることが重要です。

    また、部下の努力を認め、称賛することも大切です。

    皆さんが社会人になったとき、上司との関係づくりに悩むこともあるかもしれません。

    しかし、理想の上司像を意識しながら、コミュニケーションを図ることで、良好な関係を築いていくことができるはずです。

    上司と部下が互いを尊重し合える職場環境があれば、皆さんはいきいきと働くことができるでしょう。

    将来、皆さんが理想の上司となり、部下の成長を支援する立場になることを期待しています。

    ※本記事は以下の本を参考にしています。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。