コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » ナルシストはどんな人?特徴や付き合い方を論文で解説!

ナルシストはどんな人?特徴や付き合い方を論文で解説!

    ナルシストCEO

    ナルシストという言葉を聞いたことがありますか?

    自分が特別で優れていると信じ込み、他人を見下す傾向がある人のことを指します。

    ナルシストは自己中心的で、共感性に欠け、人間関係で問題を起こしやすいのが特徴です。

    でも、ナルシストはどうして生まれるのでしょうか?性格なのか、それとも育った環境が関係しているのでしょうか?

    この記事では、ナルシストの特徴や心理、行動傾向について詳しく解説します。

    また、ナルシシズムの測定方法や、遺伝と環境の影響についても触れていきます。

    ナルシストについて理解を深めることで、自分や周囲の人との関わり方のヒントが見つかるかもしれません。

    ナルシストの特徴と心理

    自己中心的な傾向が強い

    ナルシストは自分自身を中心に物事を考える傾向が強いです。

    自分の利益や欲求を優先し、他者の気持ちを考慮しません。

    また、自分の意見や価値観を絶対視する傾向があります。

    そのため、他者との意見の相違を受け入れることが難しいのです。

    ナルシストは自分の優位性を示すために、以下のような行動をとることがあります。

    • 自分の成功体験を誇張して語る
    • 他者の意見を無視したり、否定したりする
    • 自分の外見や能力を過剰にアピールする

    このような自己中心的な態度は、周囲との関係性を悪化させる原因となります。

    ナルシストは自分の利益を最優先し、他者の気持ちを考慮しません。そのため、対人関係において問題が生じやすいのです。

    他者への共感性が乏しい

    ナルシストは他者の感情や立場に共感することが苦手です。

    相手の気持ちを理解したり、寄り添ったりすることが難しいのです。

    ナルシストは自分の感情や欲求に集中するあまり、他者への配慮が欠けてしまいます。

    また、他者の悩みや苦しみに対して無関心であることが多いのです。

    ナルシストが他者への共感性に乏しい理由として、以下のような点が挙げられます。

    • 自分の感情や欲求に過度に集中している
    • 他者の気持ちを理解する能力が低い
    • 他者への関心や興味が薄い

    共感性の欠如は、対人関係において大きな障壁となります。

    ナルシストは他者の感情を理解したり、寄り添ったりすることが苦手です。そのため、円滑なコミュニケーションを図ることが難しいのです。

    自分自身に酔っていて、他者からの賞賛を常に求める

    ナルシストは自分自身に酔っていて、自己愛が非常に強いです。

    自分を特別な存在だと考え、他者からの賞賛や称賛を常に求めます。

    ナルシストは自分の優れた点を誇示し、他者からの注目を集めようとします。

    また、自分の成功体験や業績を自慢したり、他者との比較で優位に立とうとしたりします。

    ナルシストが自分自身に酔っている具体例として、以下のような点が挙げられます。

    • 自分の外見や能力を過剰にアピールする
    • 他者からの賞賛や称賛を常に求める
    • 自分の意見や価値観を絶対視する

    このような自己愛的な態度は、周囲から反感を買う原因となります。

    ナルシストは自分自身に酔っていて、他者からの賞賛を常に求めます。そのため、対人関係において問題が生じやすいのです。

    ナルシストの測定方法

    ナルシストの測定には、質問紙形式の尺度が用いられます。 代表的な尺度には以下のようなものがあります。

    • Narcissistic Personality Inventory (NPI):40項目の質問で構成
    • Pathological Narcissism Inventory (PNI):52項目の質問で構成
    • Five Factor Narcissism Inventory (FFNI):60項目の質問で構成
    • HEXACO性格診断:60項目の質問で、こちらのオンラインで回答できる

    これらの尺度では、質問項目に対して自分がどの程度当てはまるかを回答します。

    得点が高いほど、ナルシストの傾向が強いことを示します。

    ただし、自己報告式の尺度であるため、回答の歪みが生じる可能性があります。正確な評価のためには、多面的な測定が必要とされています。

    ナルシストの行動傾向

    反社会的行動との関連

    ナルシストは反社会的な行動をとる傾向があります。

    自分の利益や欲求を優先するあまり、社会的なルールや規範を無視することがあるのです。

    また、他者への共感性が乏しいため、非道徳的な行動をとることもあります。

    ナルシストの反社会的行動は、以下のような形で現れることがあります。

    • 法律や規則を軽視する
    • 他者の権利や尊厳を無視する
    • 社会的な責任を果たさない

    このような反社会的な行動は、社会生活において大きな問題を引き起こします。

    さらに、ナルシストの反社会的行動は、犯罪行為に発展する可能性もあるのです。

    ナルシストは自分の利益や欲求を優先するあまり、反社会的な行動をとる傾向があります。そのため、社会生活において問題が生じやすいのです。

    犯罪行為に手を染めやすい

    ナルシストは自分の欲求を満たすために、犯罪行為に手を染めやすい傾向があります。

    他者への共感性が乏しく、社会的なルールを軽視するため、犯罪への抵抗感が薄いのです。

    また、自分の優越感を満たすために、違法な手段を用いることもあります。

    ナルシストが犯罪行為に手を染める具体例として、以下のような点が挙げられます。

    • 詐欺や窃盗などの経済犯罪
    • 暴力や脅迫などの粗暴犯罪
    • ストーカーやハラスメントなどの迷惑行為

    このような犯罪行為は、社会的な制裁を受ける可能性が高いです。

    さらに、犯罪による被害者も生み出してしまうのです。

    ナルシストは自分の欲求を満たすために、犯罪行為に手を染めやすい傾向があります。そのため、社会的なリスクが高くなるのです。

    ルールや規範を軽視しがち

    ナルシストは自分の利益や欲求を優先するあまり、ルールや規範を軽視する傾向があります。

    社会的な規則や慣習を無視し、自分の行動を正当化することがあるのです。

    また、他者からの指摘や注意に対して、反発や抵抗を示すこともあります。

    ナルシストがルールや規範を軽視する具体例として、以下のような点が挙げられます。

    • 約束や期限を守らない
    • 公共のマナーを無視する
    • 組織内のルールを軽視する

    このようなルール軽視の態度は、周囲との関係性を悪化させる原因となります。

    さらに、社会生活において不利益を被る可能性も高いのです。

    ナルシストは自分の利益や欲求を優先するあまり、ルールや規範を軽視する傾向があります。そのため、対人関係や社会生活において問題が生じやすいのです。

    言葉や行動で他者を攻撃しやすい

    ナルシストは自分の優越感を維持するために、言葉や行動で他者を攻撃しやすい傾向があります。

    自分への批判や異議に対して、過剰に反応し、相手を貶めることがあるのです。

    また、自分の意見を押し通すために、相手を威圧したり、脅したりすることもあります。

    ナルシストが言葉や行動で他者を攻撃する具体例として、以下のような点が挙げられます。

    • 相手の欠点や弱点を指摘する
    • 相手を侮辱したり、馬鹿にしたりする
    • 相手を脅迫したり、威圧したりする

    このような攻撃的な態度は、相手との関係性を悪化させる原因となります。

    さらに、ハラスメントや暴力などの問題行動に発展する可能性もあるのです。

    ナルシストは自分の優越感を維持するために、言葉や行動で他者を攻撃しやすい傾向があります。そのため、対人関係において問題が生じやすいのです。

    他者を利用し、出し抜く傾向が強い

    ナルシストは自分の利益や欲求を満たすために、他者を利用したり、出し抜いたりする傾向が強いです。

    相手の弱みにつけ込んだり、機会を見計らって自分に有利な状況を作り出したりします。

    また、他者への配慮や感謝の気持ちが薄く、利用価値がなくなれば簡単に切り捨てることもあります。

    ナルシストが他者を利用し、出し抜く具体例として、以下のような点が挙げられます。

    • 相手の弱みを利用して、自分の要求を通す
    • 他者の功績を横取りして、自分の手柄にする
    • 利用価値がなくなった相手を平気で切り捨てる

    このような利己的な行動は、周囲からの信頼を失う原因となります。

    さらに、人間関係において孤立する可能性も高いのです。

    ナルシストは自分の利益や欲求を満たすために、他者を利用したり、出し抜いたりする傾向が強いです。そのため、対人関係において問題が生じやすいのです。

    質問紙形式で回答者のナルシシズム傾向を評価

    ナルシシズムの測定には、質問紙形式の尺度が広く用いられています。

    質問紙法は、回答者の自己報告に基づいてナルシシズム傾向を評価する方法です。

    質問紙では、ナルシシズムに関連する様々な質問項目が用意されています。

    回答者は、各項目について自分に当てはまる程度を選択肢から選択します。

    選択肢は、「全く当てはまらない」から「非常に当てはまる」までの5段階や6段階で評価することが一般的です。

    質問紙法の利点は、以下のような点が挙げられます。

    • 簡便に実施できる
    • 大規模な調査が可能
    • 客観的な評価ができる

    一方で、質問紙法の限界として、以下のような点があります。

    • 回答の歪みが生じる可能性がある
    • 深層的な心理の評価が難しい
    • 臨床的な判断には限界がある

    質問紙法は、ナルシシズム傾向を手軽に評価することができる方法です。しかし、質問紙の結果だけでナルシシズムを診断することは適切ではありません。総合的な評価が必要不可欠なのです。

    ナルシストの性格特性

    ナルシストとHEXACO性格診断との関連

    HEXACO性格モデルは、ナルシシズム傾向との関連が指摘されています。

    HEXACOモデルは、6つの性格特性から人格を理解するための枠組みです。

    ナルシシズムは、以下のようなHEXACOの特性と関連があるとされています。

    • 正直・謙虚さが低い
    • 外向性が高い
    • 協調性が低い
    • 開放性がやや高い

    これらの特性は、ナルシシズムの中核的な性質を反映していると考えられます。

    HEXACOモデルは、ナルシシズムの性格的な基盤を理解する上で有用な視点を提供してくれます。

    ナルシストと正直・謙虚さが低い

    ナルシストは、正直さや謙虚さに欠ける傾向があります。

    自分の優れた点を誇張したり、他者を見下したりする態度が目立ちます。

    また、自分の欠点や失敗を認めることを嫌い、責任を他者に転嫁することもあります。

    正直・謙虚さが低い具体例として、以下のような点が挙げられます。

    • 自分の能力を過大に評価する
    • 他者の功績を自分の手柄にする
    • 自分の非を認めず、言い訳を重ねる

    このような態度は、周囲からの信頼を失う原因となります。

    謙虚さは、人間関係を円滑に保つ上で重要な性質です。

    ナルシストは、正直さや謙虚さに欠ける傾向があります。そのため、対人関係において問題が生じやすいのです。

    外向性が高い

    ナルシストは、外向性が高い傾向があります。

    社交的で、人前で自分を良く見せようとする態度が目立ちます。

    また、注目を集めることを好み、自分の優れた点を積極的にアピールします。

    外向性が高い具体例として、以下のような点が挙げられます。

    • パーティーや会合で目立とうとする
    • SNSで自分の活躍を頻繁に投稿する
    • 他者を巻き込んで、自分の活動を広げる

    外向性の高さは、ナルシストの自己顕示欲の強さを反映していると考えられます。

    ただし、過度な外向性は、周囲への配慮を欠く原因ともなるのです。

    ナルシストは、外向性が高い傾向があります。そのため、自己主張が強く、他者への配慮に欠ける面があるのです。

    協調性が低い

    ナルシストは、協調性が低い傾向があります。

    自分の意見や要求を押し通すことを優先し、他者との調和を乱すことがあります。

    また、他者への共感性に乏しく、チームワークを乱す原因ともなるのです。

    協調性が低い具体例として、以下のような点が挙げられます。

    • 自分の意見を強く主張し、他者の意見を聞こうとしない
    • チームの方針に反して、自分のやり方を押し通す
    • 他者の感情や立場を考慮せず、自分の欲求を優先する

    協調性の低さは、ナルシストの自己中心的な性質を反映していると考えられます。

    対人関係を円滑に保つためには、協調性が不可欠です。

    ナルシストは、協調性が低い傾向があります。そのため、人間関係において軋轢を生む原因となるのです。

    開放性がやや高い

    ナルシストは、開放性がやや高い傾向があります。

    新しいアイデアや経験に対して好奇心を示し、積極的に挑戦しようとする態度が見られます。

    また、自分の能力を試すために、難易度の高い課題に取り組むこともあります。

    開放性がやや高い具体例として、以下のような点が挙げられます。

    • 新しい趣味やスキルの習得に意欲的である
    • 未知の分野に挑戦し、自分の可能性を広げようとする
    • 独自の発想で問題解決を図る

    開放性の高さは、ナルシストの自己拡張的な性質を反映していると考えられます。

    ただし、過度な開放性は、現実との乖離を生む原因ともなるのです。

    ナルシストは、開放性がやや高い傾向があります。そのため、新しいことへの挑戦意欲は旺盛ですが、現実との折り合いをつけることが難しいこともあるのです。

    ナルシストと能力・行動の関係

    知的能力と弱い正の相関

    ナルシシズムは、知的能力と弱い正の相関があることが示されています。

    つまり、ナルシシズム傾向が高い人は、知的能力もやや高い傾向があるというのです。

    ただし、この関連性は強いものではなく、個人差が大きいことに留意が必要です。

    ナルシシズムと知的能力の関連性については、以下のような説明が考えられます。

    • ナルシストは自己高揚的な認知の歪みがある
    • ナルシストは知的な課題に積極的に取り組む
    • ナルシストは自分の能力を過大評価しやすい

    ただし、ナルシシズムと知的能力の関連性は限定的であり、他の要因の影響も大きいと考えられます。

    知的能力の高さは、ナルシシズムの形成要因の一つに過ぎないのです。

    ナルシシズムは知的能力と弱い正の相関があるとされていますが、この関連性は限定的なものです。ナルシシズムの形成には、知的能力以外の要因も関与しているのです。

    自己高揚傾向と強い正の相関

    ナルシシズムは、自己高揚傾向と強い正の相関があることが示されています。

    つまり、ナルシシズム傾向が高い人は、自分を過大に評価し、他者より優れていると考える傾向が強いのです。

    自己高揚傾向は、以下のような態度や行動に表れます。

    • 自分の能力や業績を誇張する
    • 他者との比較で自分を優位に捉える
    • 自分の欠点や失敗を認めようとしない

    ナルシシズムと自己高揚傾向の関連性は、ナルシシズムの中核的な特徴を反映していると考えられます。

    自己高揚は、ナルシストの自己評価を維持するための重要な心理的機制なのです。

    ただし、過度な自己高揚は、現実との乖離を生み、対人関係を損なう原因ともなります。

    ナルシシズムは自己高揚傾向と強い正の相関があることが示されています。自己高揚は、ナルシストの自己評価を維持するための重要な心理的機制ですが、過度な自己高揚は問題を引き起こすことがあるのです。

    CEOのナルシシズムと組織の大胆な戦略や買収件数の関連

    CEOのナルシシズム傾向は、組織の大胆な戦略や買収件数と関連があることが示されています。

    ナルシシズム傾向の高いCEOは、以下のような特徴を持つ傾向があります。

    • リスクを恐れず、大胆な決断を下す
    • 自社の優位性を示すために、積極的に買収を行う
    • 自分のビジョンを実現するために、組織を動かす

    これらの特徴は、CEOのナルシシズム傾向が組織の戦略に影響を与えていることを示唆しています。

    ナルシシズム傾向の高いCEOは、自分のビジョンを実現するために、大胆な戦略を採用しやすいのです。

    ただし、過度なナルシシズム傾向は、リスクを過小評価し、組織を危険にさらす可能性もあるのです。

    ナルシシズム傾向の高いCEOは、自分のビジョンの実現や自社の優位性の誇示のために、大胆な決断を下す傾向があるのです。

    ナルシストといじめの関係

    ナルシストはいじめ被害者になりやすい

    ナルシシズム傾向の高い人は、いじめの被害者になりやすいことが分かっています。

    ナルシストは、自己愛が傷つきやすく、他者からの否定的な評価に過敏に反応する傾向があります。

    また、自分の優越感を維持するために、他者を見下したり、攻撃的な態度をとったりすることがあります。

    このような特徴は、いじめの標的になる要因となる可能性があるのです。

    ナルシストがいじめの被害者になりやすい理由として、以下のような点が考えられます。

    • 自己愛が傷つきやすく、攻撃の的になりやすい
    • 他者を見下す態度が、反発を招きやすい
    • 自分の優越感を維持するために、他者との衝突を招きやすい

    ナルシストは、自己愛が傷つきやすく、他者からの否定的な評価に過敏に反応する傾向があります。

    また、他者を見下す態度や、自分の優越感を維持するための行動が、いじめの標的になる要因となる可能性があるのです。

    ナルシストはいじめ加害者にもなり得る

    ナルシシズム傾向の高い人は、いじめの加害者になる可能性もあります。

    ナルシストは、自分の優越感を維持するために、他者を攻撃したり、支配したりすることがあります。

    また、共感性に乏しく、他者の気持ちを考慮しない傾向があります。

    このような特徴は、いじめの加害者となる要因になり得るのです。

    ナルシストがいじめの加害者になる具体例として、以下のような行動が挙げられます。

    • 自分の優位性を示すために、他者を侮辱したり、威圧したりする
    • 他者の弱みにつけ込んで、支配的な態度をとる
    • 他者の気持ちを考慮せず、自分の欲求を優先する

    ただし、すべてのナルシストがいじめの加害者になるわけではありません。

    ナルシシズム傾向の程度や、他の性格特性との組み合わせによって、個人差があるのです。

    ナルシシズム傾向の高い人は、自分の優越感を維持するために、他者を攻撃したり、支配したりすることがあります。

    また、共感性の欠如も、いじめの加害者となる要因になり得るのです。

    男子のナルシシズムはいじめ加害行動にあまり影響しない

    男子のナルシシズム傾向は、いじめの加害行動にあまり影響しないことが示されています。

    ナルシシズム以外の要因が関与している可能性が高いのです。

    例えば、男子のいじめ加害行動には、以下のような要因が関係していると考えられています。

    • 攻撃性の高さ
    • 共感性の欠如
    • 仲間集団からの影響

    これらの要因は、ナルシシズムとは独立した形で、いじめ加害行動に影響を与えている可能性があります。

    男子のいじめ加害行動を理解するためには、ナルシシズム以外の要因にも注目する必要があるのです。

    男子のいじめ加害行動には、攻撃性の高さや共感性の欠如、仲間集団からの影響など、ナルシシズム以外の要因が関与している可能性が高いのです。

    ナルシシズムの高い女子はいじめの標的になりやすい

    ナルシシズム傾向の高い女子は、いじめの標的になりやすいことが示されています。

    女子のナルシシズムは、自己愛が傷つきやすく、他者からの否定的な評価に過敏に反応する特徴があります。

    また、自分の優越感を維持するために、他者を見下したり、攻撃的な態度をとったりすることがあります。

    このような特徴は、いじめの標的になる要因となる可能性が高いのです。

    ナルシシズムの高い女子がいじめの標的になりやすい理由として、以下のような点が考えられます。

    • 自己愛が傷つきやすく、攻撃の的になりやすい
    • 他者を見下す態度が、反発を招きやすい
    • 自分の優越感を維持するために、他者との衝突を招きやすい

    女子のナルシシズムは、男子とは異なる形で、いじめとの関連性が示唆されているのです。

    ナルシシズム傾向の高い女子は、自己愛の傷つきやすさや、他者を見下す態度などから、いじめの標的になるリスクが高いと考えられます。

    ナルシシズム傾向の高い女子は、自己愛が傷つきやすく、他者からの否定的な評価に過敏に反応する傾向があります。

    また、他者を見下す態度や、自分の優越感を維持するための行動が、いじめの標的になる要因となる可能性が高いのです。

    ナルシシズムの遺伝と環境要因

    ナルシシズムの遺伝率は59%

    A behavioral genetic investigation of the Dark Triad and the Big 5」という双生児研究によると、ナルシシズムの個人差の59%は、遺伝的な要因によって説明できるというのです。

    この結果は、ナルシシズムが遺伝的な影響を受けることを示唆しています。

    ただし、遺伝率が59%であるということは、残りの41%は環境要因によって説明されるということでもあります。

    ナルシシズムの形成には、遺伝と環境の両方が関与しているのです。

    遺伝的な要因としては、以下のような点が考えられています。

    • 気質的な特徴(例:外向性、情動性)
    • 生物学的な基盤(例:ホルモン、神経伝達物質)

    ただし、遺伝的な要因だけでナルシシズムが決定されるわけではありません。

    環境要因との相互作用によって、ナルシシズムの表現型が形成されるのです。

    ナルシシズムの遺伝率は59%であることが示されています。つまり、ナルシシズムの個人差の59%は遺伝的な要因によって説明できるのです。ただし、残りの41%は環境要因の影響を受けており、ナルシシズムの形成には遺伝と環境の両方が関与しているのです。

    非共有環境の影響は41%

    ナルシシズムの個人差の41%は、非共有環境の影響によって説明されることが示されています。

    非共有環境とは、家族内でも個人ごとに異なる環境のことを指します。

    例えば、兄弟であっても、受ける教育や経験は異なります。

    このような非共有環境の影響が、ナルシシズムの個人差の41%を説明するというのです。

    非共有環境の具体例としては、以下のような点が考えられています。

    • 親の養育態度の違い
    • 仲間集団からの影響
    • 個人的な経験(例:成功体験、挫折体験)

    これらの環境要因は、個人ごとに異なるため、ナルシシズムの表現型に個人差をもたらすのです。

    ただし、非共有環境の影響は、遺伝的な要因と独立しているわけではありません。

    遺伝と環境の相互作用によって、ナルシシズムの表現型が形成されると考えられています。

    ナルシシズムの個人差の41%は、非共有環境の影響によって説明されることが示されています。非共有環境とは、家族内でも個人ごとに異なる環境のことを指し、親の養育態度の違いや仲間集団からの影響、個人的な経験などが含まれます。これらの環境要因は、遺伝的な要因と相互作用しながら、ナルシシズムの表現型に個人差をもたらすのです。

    最後に

    ナルシストについて理解を深めるために、この記事ではナルシストの特徴や行動傾向、ナルシシズムの測定方法、遺伝と環境の影響について詳しく解説してきました。

    ナルシストは自己中心的で共感性に乏しく、人間関係で問題を起こしやすいことが分かりました。

    また、ナルシシズムには遺伝的な要因と環境的な要因の両方が関与していることも明らかになりました。

    ただし、ナルシストだからといって、必ずしも悪い人間というわけではありません。

    ナルシシズムの程度や表れ方には個人差があり、他の性格特性とのバランスも大切です。

    大切なのは、自分のナルシシズム傾向を理解し、他者への配慮を忘れないことです。

    もし身近にナルシストがいるなら、あなたができることは限られているかもしれません。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し「悪者図鑑」を出版。現在も引き続き、社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。