コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » チームビルディングの方法を16Personalitiesタイプごとに紹介

チームビルディングの方法を16Personalitiesタイプごとに紹介

    チームビルディング

    チームビルディングは、チームメンバーの協力関係を築き、パフォーマンスを高めるために欠かせません。

    そこで注目されているのが、性格タイプ理論を活用したチームビルディングです。

    性格タイプ理論の一つに、16Personalitiesがあります。これは、性格を4つの側面から分類し、16の性格タイプに分けるというものです。

    しかし、16Personalitiesは学術的に信頼されているわけではなく、あくまで一つの目安として捉えることが大切です。

    とはいえ、16Personalitiesを参考にすることで、メンバーの個性や行動特性を理解しやすくなります。

    内向的か外向的か、論理的か感情的か、計画的か即興的かなど、メンバーの傾向を把握することができるのです。

    これを踏まえて、それぞれの性格タイプに合ったチームビルディング活動を選ぶことで、メンバーの興味や能力を引き出すことができます。

    今回は、16personalitiesの公式サイト(英語)にある「32 Team-Building Activities: Games for Every Personality Type」を紹介します。

    さあ、性格タイプを手がかりに、あなたのチームの可能性を広げてみましょう。

    目次

    チームビルディングに性格タイプを活用する意義

    性格タイプを知ることでチームの理解が深まる

    性格タイプを知ることは、チームメンバーの理解を深めるために非常に重要です。
    それぞれの性格タイプには、次のような特徴があります。

    • 物事への向き合い方
    • 情報の処理方法
    • 意思決定のプロセス
    • 仕事や計画へのアプローチ

    これらの特徴を理解することで、メンバーの行動や思考パターンを把握できるようになります。
    その結果、コミュニケーションがスムーズになり、互いの強みを活かした協力体制が築けるでしょう。
    さらに、性格タイプを知ることで、メンバー間の誤解や対立を防ぐことにもつながります。
    個々の性格を尊重し、多様性を受け入れる環境を作ることが大切です。
    性格タイプを理解することは、チームの一体感を高め、パフォーマンスを向上させる第一歩となるのです。

    メンバーの個性に合わせたチームビルディングが可能に

    性格タイプを理解することで、メンバーの個性に合わせたチームビルディングが可能になります。
    画一的な活動ではなく、それぞれの性格タイプに適したアプローチを取ることが重要です。
    例えば、以下のような工夫が考えられます。

    • 内向的なメンバーには、小グループでの活動を取り入れる
    • 直感的なメンバーには、創造性を発揮できる機会を提供する
    • 論理的なメンバーには、戦略的思考を要するゲームを用意する
    • 計画的なメンバーには、明確な目的と手順を示す

    このように、性格タイプに合わせてチームビルディングをカスタマイズすることで、メンバーのエンゲージメントを高められます。
    また、個々の強みを活かしたアプローチにより、チームの相乗効果を引き出すことができるでしょう。
    メンバーの個性を尊重し、多様性を受け入れるチームビルディングが、チームの成長と発展につながるのです。

    性格タイプ理論の概要と16の性格タイプ

    性格タイプ理論は、人の性格を4つの側面から分類し、16の性格タイプに分けるものです。
    この理論では、以下の4つの側面から性格を捉えます。

    1. 内向的(I)か外向的(E)か
    2. 直感的(N)か現実的(S)か
    3. 論理的(T)か感情的(F)か
    4. 計画的(J)か即興的(P)か

    これらの組み合わせにより、16の性格タイプが導き出されます。
    さらに、16の性格タイプは、4つのグループに分類されます。

    • 分析家:INTJ、INTP、ENTJ、ENTP
    • 外交官:INFJ、INFP、ENFJ、ENFP
    • 番人:ISTJ、ISFJ、ESTJ、ESFJ
    • 探検家:ISTP、ISFP、ESTP、ESFP

    性格タイプ理論は、自己理解や他者理解を深めるための有用なツールです。
    自分や周囲の人の性格タイプを知ることで、個々の特徴や傾向を把握できます。
    この理論を活用することで、チームメンバーの多様性を理解し、より良い協力関係を築くことができるでしょう。

    分析家の性格タイプに適したチームビルディング

    建築家(INTJ)に適した戦略的なボードゲーム

    建築家(INTJ)の性格タイプには、戦略的思考を要するボードゲームがおすすめです。
    このタイプの人は、論理的で分析的な思考を得意としており、複雑な問題解決に長けています。
    以下のようなボードゲームが適しているでしょう。

    • チェス:戦略と先を読む力が問われるゲーム
    • 囲碁:石の配置によって陣地を取り合うゲーム
    • カタン:資源管理と交渉力が鍵となるゲーム

    これらのゲームでは、戦略的思考と計画性が求められます。
    建築家タイプのメンバーは、ゲームを通じて自分の強みを発揮できるでしょう。
    また、他のメンバーとの対戦を通じて、コミュニケーション能力も磨くことができます。
    ゲームの勝敗よりも、戦略を練る過程を楽しむことが大切です。
    建築家タイプのメンバーが活躍できる環境を作ることで、チームの問題解決能力を高められます。
    戦略的なボードゲームは、建築家タイプのメンバーの能力を引き出し、チームの成長につながるチームビルディング活動といえるでしょう。

    論理学者(INTP)に適した創造的な卵落としゲーム

    論理学者(INTP)の性格タイプには、創造的思考を刺激する卵落としゲームがおすすめです。
    このゲームでは、チームで協力して生卵を守る装置を作ります。
    限られた材料と時間の中で、以下のような工夫が求められます。

    • 衝撃を吸収する構造の設計
    • 軽量化と強度のバランス調整
    • アイデアの組み合わせと改良

    論理学者タイプのメンバーは、独創的なアイデアを生み出すことが期待できます。
    他のメンバーとのブレインストーミングを通じて、新たな発想が生まれるかもしれません。
    試行錯誤を重ねながら、最適な解決策を探るプロセスを楽しめるでしょう。
    このゲームは、論理的思考と創造性を融合させる絶好の機会となります。
    チームで一丸となって課題に取り組むことで、メンバー間の結束も深まります。
    卵落としゲームは、論理学者タイプのメンバーの強みを活かしつつ、チームの創造性と協調性を育むチームビルディング活動といえます。

    指揮官(ENTJ)に適した人間知恵の輪

    指揮官(ENTJ)の性格タイプには、リーダーシップを発揮できる人間知恵の輪がおすすめです。
    このゲームでは、チームメンバーが輪になって手をつなぎ、絡まった状態から解けるように協力します。
    指揮官タイプのメンバーには、以下のような役割が期待できます。

    • ゲームの進行状況を把握する
    • メンバーに的確な指示を出す
    • 全体の調整役を務める

    このゲームでは、コミュニケーション能力とリーダーシップが問われます。
    指揮官タイプのメンバーは、チームを導く立場として活躍できるでしょう。
    メンバーの意見に耳を傾けながら、最適な解決策を見出すことが求められます。
    試行錯誤の中で、チームワークの大切さを実感できるはずです。
    ゲームを通じて、指揮官タイプのメンバーはリーダーとしての資質を磨くことができます。
    人間知恵の輪は、指揮官タイプのメンバーがリーダーシップを発揮し、チームの団結力を高めるチームビルディング活動といえるでしょう。

    討論者(ENTP)に適したディベートゲーム

    討論者(ENTP)の性格タイプには、論理的思考と表現力を磨けるディベートゲームがおすすめです。
    このゲームでは、与えられたテーマについて賛成派と反対派に分かれて議論します。
    討論者タイプのメンバーは、以下のような強みを発揮できるでしょう。

    • 多角的な視点から論点を整理する
    • 論理的な主張を展開する
    • 相手の主張の弱点を見抜く

    ディベートを通じて、討論者タイプのメンバーは論理的思考力を鍛えることができます。
    また、説得力のある表現方法を身につけることもできるでしょう。
    他のメンバーとの議論を通じて、コミュニケーション能力も向上します。
    ゲームの勝敗よりも、建設的な議論を重ねるプロセスを大切にすることが求められます。
    ディベートゲームは、討論者タイプのメンバーの能力を伸ばし、チームの意見交換を活性化するチームビルディング活動といえます。
    論理的な議論を重ねることで、チームの問題解決能力も高まるでしょう。

    外交官の性格タイプに適したチームビルディング

    提唱者(INFJ)に適したコミュニティサービス活動

    提唱者(INFJ)の性格タイプには、共感性と奉仕の精神を発揮できるコミュニティサービス活動がおすすめです。
    このタイプのメンバーは、他者の感情に敏感で、社会貢献に関心が高い傾向があります。
    以下のような活動が適しているでしょう。

    • 地域の清掃活動に参加する
    • 福祉施設でボランティアを行う
    • チャリティーイベントを企画する

    これらの活動を通じて、提唱者タイプのメンバーは自分の価値観を実践できます。
    また、チームメンバーとの協働を通じて、人間関係の深化も期待できるでしょう。
    社会に貢献する喜びを分かち合うことで、チームの一体感が高まります。
    コミュニティサービス活動は、提唱者タイプのメンバーの共感性を活かしつつ、チーム全体の社会的責任感を育むチームビルディング活動といえます。
    奉仕の精神を通じて、チームの価値観と絆を強めることができるでしょう。

    仲介者(INFP)に適したオフィスアート制作

    仲介者(INFP)の性格タイプには、創造性と自己表現を楽しめるオフィスアート制作がおすすめです。
    このタイプのメンバーは、豊かな感受性と想像力を持ち、アートに親和性が高い傾向があります。
    以下のような活動が適しているでしょう。

    • チームで共同制作する壁画の製作
    • メンバーそれぞれが描いた絵の展示会
    • アート作品を通じた感想の共有

    これらの活動を通じて、仲介者タイプのメンバーは自分の内面を表現できます。
    また、他のメンバーの作品に触れることで、互いの理解が深まるでしょう。
    アートを介したコミュニケーションは、言葉だけでは伝えきれない思いを共有する機会となります。
    オフィスアート制作は、仲介者タイプのメンバーの感性を活かしつつ、チームの多様性と創造性を育むチームビルディング活動といえます。
    芸術的な表現を通じて、メンバー間の絆を深めることができるでしょう。

    主人公(ENFJ)に適した「絵文字で誰だか当てよう」ゲーム

    主人公(ENFJ)の性格タイプには、共感力とコミュニケーション能力を活かせる「絵文字で誰だか当てよう」ゲームがおすすめです。
    このゲームでは、メンバーが互いに最近使った絵文字を共有し、誰のものかを当てます。
    主人公タイプのメンバーは、以下のような強みを発揮できるでしょう。

    • メンバーの特徴を把握している
    • 絵文字から感情を読み取れる
    • ゲームを盛り上げるファシリテーター役

    このゲームを通じて、主人公タイプのメンバーは人間関係の理解を深められます。
    また、メンバー同士の交流を促進する役割も期待できるでしょう。
    絵文字を手がかりに、メンバーの新たな一面を発見できるかもしれません。
    ゲームの勝敗よりも、メンバー間のコミュニケーションを楽しむことが大切です。
    「絵文字で誰だか当てよう」ゲームは、主人公タイプのメンバーの共感力を活かしつつ、チームの親睦を深めるチームビルディング活動といえます。
    絵文字を通じたコミュニケーションで、メンバーの多様性を認め合うことができるでしょう。

    広報運動家(ENFP)に適したブレインストーミングセッション

    広報運動家(ENFP)の性格タイプには、創造性と発想力を発揮できるブレインストーミングセッションがおすすめです。
    このタイプのメンバーは、自由な発想とエネルギッシュなコミュニケーション

    を得意としています。
    以下のようなセッションが適しているでしょう。

    • 新商品のアイデア出しセッション
    • 業務改善案のブレインストーミング
    • イベント企画のアイデア会議

    これらのセッションでは、広報運動家タイプのメンバーのアイデア生成力が発揮されます。
    自由な雰囲気の中で、斬新な発想が次々と生まれるかもしれません。
    他のメンバーとのディスカッションを通じて、アイデアをさらに洗練させることができるでしょう。
    ブレインストーミングは、広報運動家タイプのメンバーの創造性を刺激する絶好の機会となります。
    チームの発想力を結集することで、革新的なアイデアが生まれる可能性が高まります。
    ブレインストーミングセッションは、広報運動家タイプのメンバーの強みを活かしつつ、チームの創造性とコラボレーション能力を育むチームビルディング活動といえます。
    自由な発想を通じて、チームの可能性を広げることができるでしょう。

    番人の性格タイプに適したチームビルディング

    管理者(ISTJ)に適した「スニークピーク」ゲーム

    管理者(ISTJ)の性格タイプには、観察力と記憶力を活かせる「スニークピーク」ゲームがおすすめです。
    このゲームでは、チームごとに1人ずつ代表者が指定された物体を見て、その特徴をメンバーに伝えます。
    管理者タイプのメンバーは、以下のような強みを発揮できるでしょう。

    • 物体の特徴を的確に把握する
    • 詳細な情報を正確に伝える
    • チームの進行状況を管理する

    このゲームを通じて、管理者タイプのメンバーは観察力と記憶力を鍛えられます。
    また、コミュニケーション能力も向上するでしょう。
    限られた時間内で、いかに効率よく情報を共有できるかが鍵となります。
    ゲームの勝敗よりも、チームワークを重視することが大切です。
    「スニークピーク」ゲームは、管理者タイプのメンバーの強みを活かしつつ、チームの情報共有と協調性を高めるチームビルディング活動といえます。
    観察力と記憶力を駆使して、チームの目標達成に貢献できるでしょう。

    擁護者(ISFJ)に適した「ユーザーマニュアル」作成

    擁護者(ISFJ)の性格タイプには、他者理解と共感性を深められる「ユーザーマニュアル」作成がおすすめです。
    このワークでは、メンバーが自分自身の特徴や働き方を説明する「マニュアル」を作ります。
    擁護者タイプのメンバーは、以下のような面で力を発揮できるでしょう。

    • 自分の性格や価値観を言語化する
    • 他のメンバーのマニュアルを共感的に読む
    • マニュアルを通じてメンバーの理解を深める

    このワークを通じて、擁護者タイプのメンバーは自己理解と他者理解を深められます。
    また、メンバー同士の相互理解が進むことで、チームワークの向上も期待できるでしょう。
    「ユーザーマニュアル」は、メンバーの多様性を尊重し合うための有効なツールとなります。
    擁護者タイプのメンバーは、マニュアルを通じてメンバーとの絆を深めることができるでしょう。
    「ユーザーマニュアル」作成は、擁護者タイプのメンバーの共感性を活かしつつ、チームの相互理解と協力関係を育むチームビルディング活動といえます。
    メンバーの個性を認め合うことで、チームの一体感が高まるはずです。

    幹部(ESTJ)に適したランチ&ラーン

    幹部(ESTJ)の性格タイプには、知識共有とディスカッションを通じて学べるランチ&ラーンがおすすめです。
    このイベントでは、昼食を共にしながら、メンバーが持ち回りで特定のトピックについてプレゼンテーションを行います。
    幹部タイプのメンバーは、以下のような面で活躍できるでしょう。

    • 自分の知見を体系的に共有する
    • 他のメンバーのプレゼンに積極的に質問する
    • 学んだ内容を業務に活かすアイデアを出す

    ランチ&ラーンを通じて、幹部タイプのメンバーは知識の習得とスキルアップを図れます。
    また、メンバー同士の知的交流を通じて、チームの知見が広がるでしょう。
    昼食を共にすることで、リラックスした雰囲気の中で学び合いができます。
    幹部タイプのメンバーは、積極的にディスカッションをリードすることが期待されます。
    ランチ&ラーンは、幹部タイプのメンバーの知的好奇心を刺激しつつ、チームの知識共有と学習文化を育むチームビルディング活動といえます。
    学びを通じて、メンバーの能力向上とチームの成長を促すことができるでしょう。

    領事官(ESFJ)に適した「ブラインドリトリーバー」ゲーム

    領事官(ESFJ)の性格タイプには、コミュニケーション力と協調性を発揮できる「ブラインドリトリーバー」ゲームがおすすめです。
    このゲームでは、2人1組になり、一方が目隠しをして部屋の中の物を探し、もう一方が口頭で指示を出します。
    領事官タイプのメンバーは、以下のような面で力を発揮できるでしょう。

    • 的確な指示を出して相手を導く
    • 相手の立場に立って物の位置を説明する
    • ゲームを通じてパートナーとの信頼関係を築く

    このゲームを通じて、領事官タイプのメンバーはコミュニケーション力を磨くことができます。
    また、相手を思いやる姿勢も養えるでしょう。
    目隠しをした状態で物を探すには、パートナーとの協力が不可欠です。
    ゲームの成否よりも、信頼関係の構築を重視することが大切です。
    「ブラインドリトリーバー」ゲームは、領事官タイプのメンバーの対人スキルを活かしつつ、チームのコミュニケーションと協調性を高めるチームビルディング活動といえます。
    パートナーとの協力を通じて、チームの絆を深められるはずです。

    探検家の性格タイプに適したチームビルディング

    冒険家(ISTP)に適した「ペーパーチェーン」ゲーム

    冒険家(ISTP)の性格タイプには、器用さと臨機応変さを発揮できる「ペーパーチェーン」ゲームがおすすめです。
    このゲームでは、チームで協力して、片手だけを使って紙の鎖を作ります。
    冒険家タイプのメンバーは、以下のような面で活躍できるでしょう。

    • 手先の器用さを活かして素早く作業する
    • 状況に応じて柔軟に対応する
    • チームメンバーとの協力を楽しむ

    このゲームを通じて、冒険家タイプのメンバーは器用さと適応力を発揮できます。
    また、チームワークの大切さを実感できるでしょう。
    片手だけでの作業には、工夫と協力が欠かせません。
    ゲームの勝敗よりも、チームで一丸となって取り組むプロセスを楽しむことが大切です。
    「ペーパーチェーン」ゲームは、冒険家タイプのメンバーの器用さを活かしつつ、チームの協調性と適応力を高めるチームビルディング活動といえます。
    制限のある中でのチームワークを通じて、メンバーの結束力が高まるはずです。

    芸術家(ISFP)に適したハッカソン

    芸術家(ISFP)の性格タイプには、創造性と自由な発想を楽しめるハッカソンがおすすめです。
    ハッカソンとは、特定のテーマに沿って新しいアイデアやプロトタイプを短期間で生み出すイベントです。
    芸術家タイプのメンバーは、以下のような面で力を発揮できるでしょう。

    • 独創的なアイデアを自由に発想する
    • 感性を活かしてプロトタイプを作る
    • チームメンバーと協力しながら創作を楽しむ

    ハッカソンを通じて、芸術家タイプのメンバーは創造性を存分に発揮できます。
    また、チームでの協働作業を通じて、コミュニケーション能力も磨けるでしょう。
    自由な発想と実践的なプロトタイピングを組み合わせることで、革新的なアイデアが生まれる可能性があります。
    ハッカソンは、芸術家タイプのメンバーの創造性を刺激しつつ、チームの協働と革新性を育むチームビルディング活動といえます。
    創作の喜びを分かち合うことで、メンバー間の絆も深まるはずです。

    起業家(ESTP)に適したアドベンチャー活動

    起業家(ESTP)の性格タイプには、チャレンジ精神と行動力を発揮できるアドベンチャー活動がおすすめです。
    アドベンチャー活動とは、野外での冒険的な体験を通じてチームワークを高めるプログラムです。
    起業家タイプのメンバーは、以下のような面で活躍できるでしょう。

    • 新しいことに挑戦する勇気を持っている
    • 身体を動かすアクティビティを楽しめる
    • チームメンバーを引っ張るリーダーシップを発揮する

    アドベンチャー活動を通じて、起業家タイプのメンバーは行動力とチャレンジ精神を発揮できます。
    また、チームで困難に立ち向かうことで、絆も深まるでしょう。
    心身の限界に挑戦することで、自己成長につながる経験ができます。
    アドベンチャー活動は、起業家タイプのメンバーの行動力を活かしつつ、チームの結束力と挑戦心を高めるチームビルディング活動といえます。
    冒険を共にすることで、メンバー間の信頼関係が強化されるはずです。

    エンターテイナー(ESFP)に適したカラオケ大会

    エンターテイナー(ESFP)の性格タイプには、表現力と楽しさを共有できるカラオケ大会がおすすめです。
    カラオケ大会では、メンバーが自由に歌を披露し、互いの歌声を楽しみます。
    エンターテイナータイプのメンバーは、以下のような面で力を発揮できるでしょう。

    • 歌を通じて自己表現する楽しさを味わえる
    • 他のメンバーの歌声を appreciateできる
    • 全体を盛り上げるムードメーカーとなる

    カラオケ大会を通じて、エンターテイナータイプのメンバーは表現力を存分に発揮できます。
    また、メンバーの意外な一面を発見できるかもしれません。
    歌を介して、メンバー同士の交流が深まることが期待できます。
    カラオケ大会は、エンターテイナータイプのメンバーの表現力を活かしつつ、チームの一体感と多様性を育むチームビルディング活動といえます。
    楽しさを共有することで、メンバーの心の距離が縮まるはずです。

    チームビルディングを成功させるポイント

    性格タイプを理解し、メンバーの個性を尊重する

    チームビルディングを成功させるには、メンバーの性格タイプを理解し、個性を尊重することが大切です。
    性格タイプ理論は、以下のような点で役立ちます。

    • メンバーの行動特性や強みを把握できる
    • 個々のニーズや価値観の違いを理解できる
    • メンバーの多様性を認め合うことができる

    性格タイプを知ることで、メンバーの個性に合わせたアプローチが可能になります。
    画一的な方法ではなく、それぞれの特徴に応じた関わり方が求められます。
    メンバーの個性を尊重し、多様性を受け入れる姿勢が重要です。
    性格タイプを理解し、メンバーの個性を尊重することは、チームビルディングの基盤となります。
    一人ひとりの特性を活かし、多様性を力に変えることで、チームの可能性が広がるでしょう。

    チームビルディングの目的を明確にし、適切な活動を選ぶ

    チームビルディングを効果的に行うには、目的を明確にし、適切な活動を選ぶことが重要です。
    以下のようなステップで進めると良いでしょう。

    1. チームビルディングの目的を設定する
    2. メンバーの性格タイプや特性を把握する
    3. 目的と特性に合った活動を選択する
    4. 活動の内容と手順を明確にする

    目的を明確にすることで、チームビルディングの方向性が定まります。
    また、メンバーの性格タイプを考慮することで、適切な活動を選べるようになります。
    活動内容と手順を明確にすることで、スムーズな進行が期待できます。
    目的を明確にし、適切な活動を選ぶことは、チームビルディングの効果を高めるための鍵となります。
    チームの特性に合ったアプローチで、メンバーのエンゲージメントを引き出すことができるでしょう。

    楽しみながら、自然とチームワークを高める工夫ができるチームビルディング

    チームビルディングは、楽しみながら自然とチームワークを高められるよう工夫することが大切です。
    以下のようなポイントを意識すると良いでしょう。

    • メンバー全員が参加しやすい活動を選ぶ
    • ゲーム性や競争心を適度に取り入れる
    • メンバー間のコミュニケーションを促す仕掛けを作る
    • 活動の振り返りを通じて学びを共有する

    メンバー全員が参加しやすい活動を選ぶことで、一体感が生まれます。
    また、ゲーム性や競争心を適度に取り入れることで、メンバーの積極性を引き出せるでしょう。
    メンバー間のコミュニケーションを促す仕掛けを作ることで、相互理解が深まります。
    活動の振り返りを通じて学びを共有することで、チームの成長につなげることができます。
    楽しみながら自然とチームワークを高める工夫をすることで、チームビルディングの効果が最大化されるでしょう。
    メンバーの自発的な参加と協力を引き出すことが、チームの発展につながります。

    最後に

    チームビルディングに性格タイプ理論を活用することで、メンバーの個性を理解し、それぞれの強みを活かすことができます。

    16Personalitiesは16の性格タイプに分けるモデルですが、学術的に信頼されているわけではありません。

    あくまで一つの目安として捉え、柔軟に活用することが大切です。

    とはいえ、性格タイプ理論は、メンバーの行動特性や価値観の違いを理解するための手がかりとなります。

    また、性格タイプ理論を参考にしながら、メンバーの個性に合わせたチームビルディングに取り組むことで、自然と協力関係が築かれていきます。

    ゲーム性や競争心を適度に取り入れ、メンバー間のコミュニケーションを促す工夫をすることで、楽しみながらチームワークを高められるでしょう。

    活動の振り返りを通じて学びを共有することも、チームの成長につながります。

    16Personalitiesの限界を理解しつつ、柔軟に活用することで、あなたのチームの可能性を広げてみてください。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し「悪者図鑑」を出版。現在も引き続き、社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。