コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » ADHDを性格診断で科学的に理解:1万人以上のメタ分析を解説

ADHDを性格診断で科学的に理解:1万人以上のメタ分析を解説

    ADHD、HSP、パーソナリティ障害、性格と脳科学

    ADHDと性格の関係について、大規模なメタ分析の研究結果が発表されました。

    ADHDは、不注意や多動・衝動性を特徴とする発達障害です。

    学業や日常生活に様々な困難を引き起こすことが知られています。

    一方、性格は、私たちの行動や考え方に大きな影響を与える要因の一つです。

    この研究では、ADHDと性格がどのように関連しているのかを明らかにするため、これまでに行われた40以上の研究を統合的に分析しました。

    論文のタイトルは「ADHD and personality: a meta-analytic review」です。

    この研究は、ADHDの理解を深める上で重要な知見を提供するものです。

    では、この研究の詳細を見ていきましょう。

    目次

    ADHDと性格の関連を調べた大規模メタ分析

    40の研究、1万2千人以上のデータを統合

    ADHDと性格の関連を調べたメタ分析では、40もの研究から1万2千人以上のデータが集められました。
    メタ分析とは、複数の研究結果を統合して、全体的な傾向を明らかにする手法です。
    個々の研究では対象者の数が限られていますが、メタ分析ではそれらを合わせることで、より信頼性の高い結果が得られるのです。
    今回の研究では、これまでに行われた40の研究から、のべ1万2千人以上のデータが集められました。
    ADHDと性格の関連について、より確かな知見が得られることが期待されます。
    この大規模なデータを用いて、ADHDと性格の関係が詳細に分析されました。
    メタ分析によって、これまでの研究結果が統合され、ADHDと性格の関連についての全体像が明らかになりました。個々の研究では得られなかった、より確かな知見が得られたのです。

    不注意と多動・衝動性の症状に分けて分析

    ADHDの中核症状である不注意と多動・衝動性について、それぞれ性格との関連が調べられました。
    ADHDは、不注意(集中が続かない、物事を忘れやすいなど)と、多動・衝動性(じっとしていられない、考えなしに行動してしまうなど)の症状を特徴とする発達障害です。
    これら2つの症状は、それぞれ異なる特徴を持っています。
    そこで今回の研究では、不注意と多動・衝動性を区別して、性格との関連を調べました。
    このように症状を分けて分析することで、より詳細な関係性が明らかになると考えられました。
    その結果、不注意と多動・衝動性では、性格との関連の仕方に違いがあることが分かったのです。
    ADHDの症状を区別して分析したことで、性格との関連についてのより深い理解が得られました。不注意と多動・衝動性では、性格特性との結びつきに違いがあることが示されたのです。

    性格は5因子モデルと統合的5因子モデルで整理

    性格特性を整理するために、5因子モデル(FFM)と統合的5因子モデル(IFFM)が用いられました。

    測定方法には様々なものがありますが、それらを整理する代表的な枠組みが、5因子モデル(FFM)です。
    FFMでは、性格特性を次の5つの因子で説明します。

    • 開放性(O):知的好奇心、想像力、創造性など
    • 誠実性(C):責任感、計画性、自己規律など
    • 外向性(E):社交性、活発さ、積極性など
    • 協調性(A):思いやり、協力的、寛容さなど
    • 神経症傾向(N):情緒不安定、不安になりやすいなど

    また、今回の研究では統合的5因子モデル(IFFM)も用いられました。
    IFFMは、FFMに加え、他の性格モデルの因子も統合したモデルです。
    これらのモデルを用いることで、性格特性を包括的に捉えることができます。
    5因子モデルと統合的5因子モデルによって、性格特性が整理され、ADHDとの関連が体系的に調べられました。複数のモデルを用いることで、性格をより幅広く捉えることができたのです。

    ADHDと関連が強かった性格特性Top3

    第1位は「誠実性の低さ」

    ADHDと最も関連が強かった性格特性は、「誠実性の低さ」でした。MBTIだとPになります。

    誠実性は、責任感、計画性、自己規律などに関わる性格特性です。

    ADHDの人は、物事を計画通りに進めたり、自分の行動をコントロールしたりすることが苦手なことが知られています。

    今回の結果から、こうした特徴が誠実性の低さと関連していることが分かりました。

    特に不注意症状との関連が強く、多動・衝動性症状とも関連が見られました。

    つまり、ADHDの中核症状と誠実性の低さが密接に結びついているのです。

    注目すべきは、この関連の強さです。

    他の性格特性と比べても、誠実性の低さは突出してADHDと関連していました。

    誠実性の低さは、ADHDの特徴を最も強く反映する性格特性だと言えるでしょう。

    ADHDの中核的な問題である、計画性や自己コントロールの難しさが、誠実性の低さに表れていると考えられます。

    第2位は「神経症傾向の高さ」

    ADHDと2番目に関連が強かったのは、「神経症傾向の高さ」でした。MBTIだと最後のAかTのTになります。

    神経症傾向は、情緒不安定、不安になりやすいなどの特徴を表す性格特性です。

    ADHDの人は、ストレスへの脆弱性が高く、感情のコントロールが難しいことが知られています。

    今回の結果は、こうした特徴が神経症傾向の高さと関連していることを示しています。

    不注意症状、多動・衝動性症状のどちらとも、有意な関連が見られました。

    ADHDの中核症状と神経症傾向の高さが結びついているのです。

    この結果から、ADHDの人は感情面の問題を抱えやすいことが分かります。

    ストレスに弱く、不安を感じやすいという特徴が、神経症傾向の高さに反映されているのでしょう。

    また、神経症傾向の高さは、ADHDの二次的な問題とも関係があると考えられます。

    ADHDによる生活の困難さが、情緒面の不安定さにつながっている可能性があります。

    神経症傾向の高さは、ADHDの中核症状だけでなく、二次的な問題とも関連する重要な性格特性だと言えます。

    ADHDの人の感情面の特徴を理解する上で、神経症傾向に着目することが大切だと分かりました。

    第3位は「協調性の低さ」

    ADHDと3番目に関連が強かったのは、「協調性の低さ」でした。MBTIだとTになります。

    協調性は、思いやり、協力的、寛容さなどに関わる性格特性です。

    ADHDの人は、対人関係での問題を抱えやすいことが知られています。

    今回の結果から、こうした特徴が協調性の低さと関連していることが分かりました。

    多動・衝動性症状との関連が特に強く、不注意症状とも関連が見られました。

    つまり、ADHDの中核症状と協調性の低さが結びついているのです。

    ADHDの人は、他者の気持ちを理解したり、協力したりすることが苦手なのでしょう。

    衝動的な行動が、対人関係のトラブルにつながっている可能性もあります。

    また、協調性の低さは、ADHDの二次的な問題とも関係があると考えられます。

    対人関係の難しさが、社会生活での不適応につながっているのかもしれません。

    協調性の低さは、ADHDの中核症状だけでなく、二次的な問題とも関連する重要な性格特性だと言えます。

    ADHDの人の対人面での特徴を理解する上で、協調性に着目することが大切だと分かりました。

    不注意と多動・衝動性で関連の強さが違う

    誠実性の低さは不注意とより強く関連

    誠実性の低さは、ADHDの不注意症状と特に強く関連していました。
    一方、多動・衝動性症状とも関連は見られましたが、不注意症状ほど強くはありませんでした。
    この結果から、誠実性の低さは不注意の問題と密接に結びついていることが分かります。
    不注意症状は、計画性や自己規律の難しさを反映しています。
    こうした特徴が、誠実性の低さと強く関連しているのでしょう。
    一方、多動・衝動性症状は、行動のコントロールの難しさを反映しています。
    誠実性の低さとの関連は見られるものの、不注意症状ほど強くないのです。
    このように、ADHDの症状によって、誠実性との関連の強さに違いがあることが分かりました。
    不注意の問題は、誠実性の低さと特に密接に結びついているのです。
    この結果は、ADHDの症状の違いを理解する上で重要な知見だと言えます。
    誠実性の低さがADHDと関連することは分かっていましたが、不注意症状との結びつきが特に強いことが明らかになりました。ADHDの症状の理解を深める上で、重要な発見だと言えるでしょう。

    協調性の低さは多動・衝動性とより強く関連

    協調性の低さは、ADHDの多動・衝動性症状と特に強く関連していました。
    不注意症状とも関連は見られましたが、多動・衝動性症状ほど強くはありませんでした。
    この結果から、協調性の低さは多動・衝動性の問題と密接に結びついていることが分かります。
    多動・衝動性症状は、行動のコントロールの難しさを反映しています。
    衝動的な行動が、対人関係のトラブルにつながっているのでしょう。
    一方、不注意症状は、集中力や注意力の問題を反映しています。
    協調性の低さとの関連は見られるものの、多動・衝動性症状ほど強くないのです。
    このように、ADHDの症状によって、協調性との関連の強さに違いがあることが分かりました。
    多動・衝動性の問題は、協調性の低さと特に密接に結びついているのです。
    この結果は、ADHDの症状の違いを理解する上で重要な知見だと言えます。
    協調性の低さがADHDと関連することは分かっていましたが、多動・衝動性症状との結びつきが特に強いことが明らかになりました。ADHDの症状の理解を深める上で、重要な発見だと言えるでしょう。

    外向性の高さは多動・衝動性のみと関連

    外向性の高さは、ADHDの多動・衝動性症状とのみ関連が見られました。
    一方、不注意症状とは関連が見られませんでした。
    この結果から、外向性の高さは多動・衝動性の問題と選択的に結びついていることが分かります。
    外向性は、社交性、活発さ、積極性などの特徴を表しています。
    こうした特徴が、ADHDの多動・衝動性症状と重なっているのでしょう。
    活発で衝動的な行動が、外向性の高さに反映されているのかもしれません。
    一方、不注意症状は、集中力や注意力の問題を反映しています。
    外向性の高さとは直接的な関連がないと考えられます。
    このように、ADHDの症状によって、外向性との関連の有無に違いがあることが分かりました。
    多動・衝動性の問題は、外向性の高さと選択的に結びついているのです。
    この結果は、ADHDの症状の違いを理解する上で重要な知見だと言えます。
    外向性の高さがADHDと関連することは予想外の結果でしたが、多動・衝動性症状とのみ結びつきが見られることが明らかになりました。ADHDの症状の理解を深める上で、重要な発見だと言えるでしょう。

    年齢や対象者の違いでも関連に差

    子供は大人より誠実性と多動・衝動性の関連が強い

    子供のADHDでは、誠実性の低さと多動・衝動性症状の関連が、大人よりも強いことが分かりました。
    この結果から、発達段階によって、ADHDと性格の関連に違いがあることが示唆されます。
    子供の時期は、自己コントロールの力が未熟で、衝動的な行動が目立ちやすいと言われています。
    こうした特徴が、誠実性の低さと多動・衝動性症状の関連の強さに表れているのかもしれません。
    一方、大人になると、自己コントロールの力が発達し、衝動的な行動が抑えられるようになります。
    その結果、誠実性の低さと多動・衝動性症状の関連が弱まるのでしょう。
    このように、年齢によって、ADHDと性格の関連の強さが変化することが分かりました。
    特に、誠実性と多動・衝動性の関連は、子供の時期に強く、大人になると弱まる傾向があるのです。
    この結果は、ADHDの理解を深める上で重要な知見だと言えます。

    ADHDと性格の関連は、発達段階によって変化することを示唆しています。 子供のADHDでは、性格特性との結びつきがより強く現れる可能性があるのです。

    ADHDの理解や支援を考える上で、発達段階の違いを踏まえることが大切だと分かりました。

    臨床サンプルは一般サンプルより関連が強い傾向

    ADHDと性格の関連は、臨床サンプル(病院などを受診した人)で、一般サンプル(地域の調査などで抽出された人)よりも強い傾向が見られました。

    この結果から、ADHDの重症度によって、性格との関連の強さが変化することが示唆されます。 臨床サンプルは、ADHDの症状が重く、日常生活に支障をきたしている人が多いと考えられます。

    こうした人では、性格特性との結びつきがより強く現れるのかもしれません。 一方、一般サンプルは、ADHDの症状が比較的軽い人も含まれています。

    その結果、性格特性との関連が弱まるのでしょう。 ただし、一般サンプルでも有意な関連が見られたことから、ADHDと性格の結びつきは一般的な傾向だと言えます。

    重症度によって関連の強さは変化するものの、ADHDと性格の関連自体は普遍的なのです。 このように、対象者の違いによって、ADHDと性格の関連の強さが変化することが分かりました。

    臨床サンプルでは関連がより強く、一般サンプルでは関連が弱まる傾向があります。 ただし、一般サンプルでも関連は見られることから、ADHDと性格の結びつきは一般的な傾向だと言えるでしょう。

    ADHDの理解を深める上で、重症度の違いを考慮することが大切だと分かりました。

    単一原因か複数原因か?ADHDの病因モデル論争に示唆

    不注意と多動・衝動性に共通の性格基盤を支持

    今回の結果から、ADHDの不注意症状と多動・衝動性症状には、共通の性格的基盤があることが示唆されました。

    誠実性の低さと神経症傾向の高さは、どちらの症状とも関連が見られたのです。

    この結果は、ADHDの病因を単一の要因で説明する「単一原因モデル」を支持すると言えます。 単一原因モデルでは、ADHDの様々な症状は、共通の原因から生じると考えます。

    今回の結果は、その共通の原因が、誠実性の低さや神経症傾向の高さなどの性格特性である可能性を示しています。

    ADHDの不注意症状と多動・衝動性症状は、これらの性格特性を共通の基盤としているのかもしれません。 このように、今回の結果は、ADHDの病因理解に重要な示唆を与えています。

    不注意と多動・衝動性に共通の性格的基盤があることが分かったのです。 この結果は、ADHDが単一の原因から生じるという考え方を支持しています。

    ADHDの症状の背景には、共通の性格特性があると考えられます。 ただし、性格特性以外の要因も関与している可能性があるため、さらなる検討が必要でしょう。

    ADHDの病因理解に向けて、重要な一歩となる知見だと言えます。

    一方、それぞれに固有の性格特性も

    一方で、今回の結果は、ADHDの不注意症状と多動・衝動性症状には、それぞれ固有の性格的基盤もあることを示唆しています。

    不注意症状は誠実性の低さと、多動・衝動性症状は協調性の低さや外向性の高さと、より強く関連していたのです。

    この結果は、ADHDの病因を複数の要因で説明する「複数原因モデル」とも整合的です。 複数原因モデルでは、ADHDの不注意症状と多動・衝動性症状は、それぞれ異なる原因から生じると考えます。

    今回の結果は、その異なる原因が、不注意症状では誠実性の低さ、多動・衝動性症状では協調性の低さや外向性の高さである可能性を示しています。

    ADHDの症状は、これらの性格特性を固有の基盤としているのかもしれません。 このように、今回の結果は、ADHDの病因理解に重要な示唆を与えています。

    不注意と多動・衝動性には、それぞれ固有の性格的基盤があることが分かったのです。 この結果は、ADHDが複数の原因から生じるという考え方とも整合的です。

    ADHDの症状の背景には、それぞれ異なる性格特性があると考えられます。 ただし、他の要因との関連も検討する必要があるため、さらなる研究が求められます。

    ADHDの病因理解に向けて、重要な知見が得られたと言えるでしょう。

    単一原因説と複数原因説の両方を支持する結果に

    以上のように、今回の結果は、ADHDの病因をめぐる単一原因説と複数原因説の両方を支持するものでした。

    不注意症状と多動・衝動性症状に共通の性格的基盤がある一方で、それぞれに固有の性格特性もあるのです。 この結果は、ADHDの病因が単純ではないことを示唆しています。

    単一の原因だけでなく、複数の原因が複雑に絡み合っている可能性があります。

    例えば、共通の性格的基盤が、ADHDの発症に関与する一方で、固有の性格特性が、症状の現れ方に影響を与えているのかもしれません。

    このように、今回の結果は、ADHDの病因理解に新たな視点を提供しています。 単一原因説と複数原因説のどちらか一方ではなく、両方の可能性を考慮する必要があるのです。

    ただし、今回の結果だけでは結論を出すことはできません。 性格特性以外の要因も含めて、総合的に検討していく必要があります。

    ADHDの病因解明に向けて、重要な手がかりが得られたと言えるでしょう。 単一原因説と複数原因説の両方の可能性を視野に入れながら、さらなる研究が求められます。

    ADHDの評価や治療に役立つ可能性

    誠実性と協調性の低さ、神経症傾向の高さに注目を

    今回明らかになったADHDと性格の関連は、ADHDの評価や治療に役立つ可能性があります。

    特に、誠実性と協調性の低さ、神経症傾向の高さは、ADHDと強く結びついていました。 これらの性格特性に注目することで、ADHDの評価をより適切に行えるかもしれません。

    例えば、誠実性の低さが目立つ人では、ADHDの可能性を考慮する必要があります。 また、ADHDの人に対しては、これらの性格特性を踏まえた対応が求められるでしょう。

    誠実性や協調性を高める働きかけや、神経症傾向へのケアが、ADHDの治療に役立つ可能性があります。 このように、今回の結果は、ADHDの臨床実践に重要な示唆を与えています。

    性格特性に着目することで、評価や治療の質を高められるかもしれません。

    ただし、性格特性はADHDの一側面に過ぎません。 他の要因も考慮した、総合的なアプローチが必要だと言えます。

    ADHDの評価や治療の向上に向けて、性格の視点を取り入れることが大切だと分かりました。

    誠実性や協調性、神経症傾向などの特性に注目し、適切な対応を探っていくことが求められます。

    ただし一般サンプルとの差は小さい

    ただし、今回の結果からは、ADHDと性格の関連は、臨床サンプルと一般サンプルで大きな差がないことも分かりました。

    確かに、臨床サンプルでは関連がより強い傾向が見られました。 しかし、一般サンプルでも有意な関連が認められたのです。

    この結果は、ADHDと性格の結びつきが、一般的な傾向であることを示唆しています。 臨床的に重要な関連ではあるものの、健常者との違いは決定的ではないのかもしれません。

    ADHDの人と健常者の性格特性には、連続性があると考えられます。 このことは、ADHDの評価や治療を考える上で重要な示唆を与えています。

    性格特性に着目することは有用ですが、それだけでADHDを判断することはできません。 あくまで、総合的な評価の一部として位置づける必要があるのです。

    また、治療においても、性格特性は個人差が大きいことを念頭に置くべきでしょう。 画一的なアプローチではなく、一人ひとりに合わせた対応が求められます。

    ADHDと性格の関連は、臨床的に重要な意味を持ちます。 しかし、一般サンプルとの違いは大きくないことから、慎重な解釈が必要だと分かりました。

    臨床現場での活用にはさらなる検討が必要

    今回の結果は、ADHDと性格の関連について、重要な知見を提供しています。

    しかし、これをすぐに臨床現場で活用するには、さらなる検討が必要でしょう。 まず、今回の結果は相関関係を示したものであり、因果関係は分かりません。

    性格特性がADHDの原因なのか、ADHDが性格特性に影響を与えているのかは、今後の研究で明らかにする必要があります。

    また、性格特性の評価方法も、臨床現場での使用に適したものが求められます。 質問紙だけでなく、行動観察など多面的な評価が必要かもしれません。

    さらに、性格特性に基づいた治療プログラムの開発や、その有効性の検証も不可欠です。 性格特性を踏まえた対応が、実際にADHDの改善につながるかを確認する必要があります。

    このように、今回の結果を臨床現場で活用するには、さらなる検討が必要だと言えます。 因果関係の解明、評価方法の確立、治療プログラムの開発など、多くの課題が残されています。

    しかし、ADHDと性格の関連は、臨床的に重要な意味を持つことは間違いありません。

    今後の研究の進展により、ADHDの評価や治療が大きく前進することが期待されます。

    今回の結果は、その第一歩となる重要な知見だと言えるでしょう。

    ADHD研究の限界と今後の展望

    より詳細な性格特性とADHDの関連の検討が課題

    今回のメタ分析では、性格のビッグファイブに基づいて、ADHDとの関連を検討しました。

    しかし、ビッグファイブモデルは性格の大まかな枠組みを示すものであり、より詳細な性格特性との関連は分かりません。

    例えば、誠実性の中でも、計画性や自己規律など、どの側面がADHDと関連しているのかは明らかではありません。

    また、ビッグファイブ以外の性格特性との関連も検討する必要があるでしょう。 衝動性や感情調整など、ADHDと関連が予想される性格特性は他にも多くあります。

    これらの詳細な性格特性とADHDの関連を明らかにすることが、今後の課題だと言えます。 性格をより細かく測定し、ADHDとの結びつきを検討することが求められるのです。

    このような研究により、ADHDと性格の関連がより明確になることが期待されます。 また、性格特性を踏まえたADHDの理解や支援にも、役立つ知見が得られるかもしれません。

    今回のメタ分析は、ADHDと性格の関連を明らかにする重要な一歩でした。 しかし、より詳細な性格特性との関連を検討することが、今後の課題だと分かりました。

    ビッグファイブモデルを超えて、性格のより細かな側面に着目することが求められます。 そのような研究の積み重ねにより、ADHDの理解がさらに深まることが期待されます。

    縦断研究でADHDと性格の因果関係の解明を

    今回のメタ分析では、ADHDと性格の関連は明らかになりましたが、因果関係までは分かりませんでした。

    ADHDが性格特性に影響を与えているのか、性格特性がADHDの発症に関与しているのかは、今回の結果だけでは判断できないのです。

    この因果関係を明らかにするには、縦断研究が必要だと考えられます。 縦断研究とは、同じ人を長期間にわたって追跡し、変化を調べる研究方法です。

    性格特性とADHDの症状を、子供から大人まで継続的に測定することで、因果関係が明らかになるかもしれません。

    例えば、幼少期の性格特性が、その後のADHDの発症を予測するかを調べることができます。 また、ADHDの症状が、性格特性の変化につながるかも検討できるでしょう。

    このような縦断研究により、ADHDと性格の因果関係が解明されることが期待されます。 因果関係が明らかになれば、ADHDの予防や早期発見、治療にも役立つ知見が得られるかもしれません。

    例えば、幼少期の性格特性からADHDのリスクを予測できれば、早期の支援につなげられます。 また、ADHDが性格特性に与える影響が分かれば、治療プログラムにも活かせるでしょう。

    ADHDと性格の因果関係の解明は、臨床的にも重要な意味を持つと考えられます。 今後、縦断研究などにより、この問題が明らかになることが期待されます。

    因果関係が解明されれば、ADHDの理解や支援が大きく前進すると考えられます。

    ADHDの診断や治療への応用に期待

    ADHDと性格の関連が明らかになったことで、ADHDの診断や治療への応用が期待されます。

    まず、性格特性を考慮することで、ADHDの診断がより適切になるかもしれません。 例えば、誠実性の低さや神経症傾向の高さは、ADHDの可能性を示唆する指標になるでしょう。

    性格検査を診断の補助として活用することで、見落としを防げるかもしれません。 また、ADHDの人の性格特性を理解することは、治療にも役立つと考えられます。

    ADHDの人の行動の背景には、性格特性が関与している可能性があります。 その特性を踏まえることで、より適切な対応ができるようになるでしょう。

    例えば、誠実性の低さには、計画性を高める訓練が有効かもしれません。 また、神経症傾向の高さには、ストレスマネジメントが重要だと考えられます。

    このように、性格特性を考慮することで、ADHDの人に合わせた治療が可能になります。 ただし、性格特性はあくまで一つの指標に過ぎません。

    診断や治療には、他の要因も総合的に判断する必要があります。 性格検査の結果だけでADHDと決めつけることは避けるべきでしょう。

    最後にADHDの性格まとめ

    今回紹介した研究は、ADHDと性格の関連について、重要な知見を明らかにしました。

    ADHDの人には、几帳面さや協調性の低さ、情緒の不安定さなどの特徴があることが分かったのです。

    また、不注意の症状と多動・衝動性の症状では、関連する性格特性に違いがあることも明らかになりました。

    この結果は、ADHDの理解を深める上で重要な意味を持ちます。

    性格の視点を取り入れることで、ADHDの人の行動や考え方をより深く理解できるようになるかもしれません。

    また、性格特性を考慮した、より効果的な支援方法の開発にもつながる可能性があります。

    ただし、性格はあくまで一つの側面に過ぎません。

    ADHDの理解や支援には、他の要因も総合的に考える必要があるでしょう。

    今回の研究は、ADHDと性格の関連について、重要な一歩を踏み出すものでした。

    今後のさらなる研究により、ADHDの人たちへのより良い理解と支援が進むことが期待されます。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。