コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 心理検査とは?心理テストや性格診断との違いを解説!

心理検査とは?心理テストや性格診断との違いを解説!

    心理検査

    「心理検査」と聞いて、どんなイメージを持つでしょうか。

    性格や適性を診断するためのテストかな?自分の長所や短所がわかるのかな?あるいは、心の悩みを見つけるためのものかな?

    実は、心理検査にはたくさんの種類があり、様々な目的で使われているんです。

    心理検査は、人の心の特徴を、質問やゲーム、絵を描いてもらうなどの方法で明らかにするためのツールです。

    性格検査や知能検査、発達検査など、あなたの興味や目的に合ったものが必ずあるはず。自分のことをもっと知りたい、将来の進路を決めるのに役立てたい、心の健康状態をチェックしたい……。

    そんな時は、心理検査を受けてみるのもおすすめです。

    でも、心理検査ってどんな種類があるの?どんなことがわかるの?信頼できる結果なの?そんな疑問に答えるため、この記事では、心理検査の基礎知識から、代表的な検査の種類、受け方のコツまで、わかりやすく解説していきます。

    みなさんに、心理検査への理解を深めてもらい、自分や他者への理解を深めるきっかけになれば嬉しいです。

    それでは、次のページから、心理検査の世界を一緒に探検していきましょう!

    ※学術的に信頼されいているHEXACO性格診断はこちらからうけることができます!

    心理検査とは?

    心理検査の定義

    人の心理的特性を測定するための標準化された手法、それが心理検査です。
    質問紙や課題などを用いて、客観的かつ定量的に心理的特性を評価します。
    心理検査の結果は、数値化され、基準集団と比較することで解釈されます。
    臨床心理学や応用心理学の分野で広く活用されています。
    また、心理検査は、個人の心理的特性を理解するための重要なツールとなっており、以下のような特徴があります。

    • 標準化された手続きに基づいて実施される
    • 客観的かつ定量的に心理的特性を測定する
    • 結果は数値化され、基準集団と比較して解釈される
    • 臨床心理学や応用心理学の分野で広く活用されている

    つまり、心理検査は、人の心理的特性を客観的かつ定量的に測定するための標準化された手法であり、個人の心理的特性を理解するための重要なツールとなっています。

    心理検査の目的

    主な目的は、個人の心理的特性を客観的に理解することです。
    性格、知能、適性、興味、価値観など、様々な心理的特性を測定します。
    心理検査の結果は、個人の強みや弱み、特徴的な傾向などを明らかにします。
    これらの情報は、自己理解や他者理解を深めるために役立ちます。
    さらに、心理検査の結果は、以下のような場面で活用されます。

    • 臨床心理学における診断や治療方針の決定
    • 教育現場における生徒の適性や学習上の問題の把握
    • 職場における人材選考や配置、キャリア開発
    • 研究目的での心理的特性の測定と分析

    つまり、心理検査は、個人の心理的特性を客観的に理解することを目的としており、その結果は、様々な場面で活用されています。

    心理検査の特徴

    心理検査の最大の特徴は、標準化されていることです。
    標準化とは、検査の実施方法や採点方法、解釈の仕方などが統一されていることを意味します。
    これにより、検査結果の客観性や信頼性が確保されます。
    また、心理検査は、大量のデータに基づいて作成されています。
    このデータは、基準集団と呼ばれ、検査結果の解釈の基準となります。
    心理検査の特徴として、以下の点が挙げられます。

    • 標準化された手続きに基づいて実施される
    • 大量のデータに基づいて作成され、基準集団と比較して解釈される
    • 客観的かつ定量的に心理的特性を測定する
    • 検査結果は数値化され、統計的に処理される

    つまり、心理検査は、標準化された手続きに基づいて実施され、大量のデータに基づいて作成されており、客観的かつ定量的に心理的特性を測定するという特徴があります。

    心理検査と似た言葉の違い

    それぞれ簡単に図でまとめると以下になります。それぞれ簡単に説明します。

    性格検査、性格診断、心理テスト、心理尺度、心理検査のそれぞれの違い

    性格診断と性格検査の違い

    性格診断は、16personalitiesなどのようにカジュアルで手軽に受けられるものを指します。

    一方、性格検査はビッグファイブなど、学術的・科学的な信頼性があり、専門家によって実施されたり、専門家が開発した検査をもとに実施されるものを指します。

    性格診断は自己理解を深めるための入り口として有用ですが、より正確な理解のためには性格検査を受けることがおすすめです。

    性格診断と心理テストの違い

    この2つは、ともにカジュアルなものとしてはほとんど同じ意味で使われます。

    両者とも、手軽に受けられる診断ツールを指すことが多いです。

    ただし、心理テストは性格以外の心理的特性も測定する場合があるため、より広い概念だと言えます。

    心理テストと心理尺度の違い

    カジュアルな診断ツールを指すのが心理テストであるに対し、心理尺度は学術的・科学的な信頼性のある測定ツールを指します。

    心理尺度は、心理学の研究で使用されるもので、その信頼性と妥当性が統計的に検証されています。

    気軽に受けられる心理テストの一方で、心理尺度はより専門的な知識が必要とされるため、一般の人が単独で使用するのは難しいでしょう。

    心理検査と心理尺度の違い

    心理検査は、臨床心理学や心理支援の領域において、心理的アセスメントの手法の一つとして用いられます。

    一方、パーソナリティ心理学や社会心理学などの基礎心理学の領域では、心理的特性を測定する手法を広義で「心理(測定)尺度」と呼ぶことが多いです。

    つまり、心理検査は臨床場面で用いられる実践的な測定ツールであり、心理尺度は研究場面で用いられる学術的・科学的な測定ツールと言えます。

    性格検査と心理尺度の違い

    性格検査は、心理尺度の中でも特に性格の測定に特化したものを指します。

    心理尺度には、性格以外にも知能、適性、価値観など、様々な心理的特性を測定するものがあります。

    性格検査は心理尺度の一種であり、性格という特定の心理的特性に焦点を当てた測定ツールだと言えます。

    心理検査で何がわかる?

    性格や行動傾向がわかる

    心理検査を受けることで、自分の性格や行動傾向を客観的に理解することができます。
    性格検査では、質問紙への回答を通じて、以下のような性格の側面が明らかになります。

    • 外向性や内向性
    • 情緒の安定性
    • 協調性や競争心
    • 責任感や計画性

    また、行動観察や面接を通じて、以下のような行動傾向が明らかになります。

    • 対人関係のパターン
    • ストレス対処の方法
    • 問題解決の方法

    これらの情報は、自己理解を深めたり、他者とのコミュニケーションを改善したりするために役立ちます。
    さらに、性格や行動傾向を知ることで、自分に合った環境や職業を選択することにも役立ちます。
    つまり、心理検査を受けることで、自分の性格や行動傾向を客観的に理解し、自己理解を深めたり、他者とのコミュニケーションを改善したり、自分に合った環境や職業を選択したりすることができます。

    知能や能力がわかる

    心理検査を受けることで、自分の知能や能力を客観的に理解することができます。
    知能検査では、言語能力や数的能力、論理的思考力などを測定します。
    検査の結果は、知能指数(IQ)として表現されます。
    IQは、同年齢集団の中での相対的な位置を示す指標です。
    また、適性検査では、特定の分野における能力や才能を測定します。
    例えば、以下のような能力を測定する適性検査があります。

    • 言語能力
    • 数理能力
    • 空間認識力

    これらの情報は、自分の得意分野や苦手分野を理解するために役立ちます。
    さらに、知能や能力を知ることで、自分に合った学習方法や職業選択に役立てることができます。
    つまり、心理検査を受けることで、自分の知能や能力を客観的に理解し、自分の得意分野や苦手分野を理解したり、自分に合った学習方法や職業選択に役立てたりすることができます。

    適性や興味がわかる

    心理検査を受けることで、自分の適性や興味を客観的に理解することができます。
    適性検査では、特定の分野における能力や才能を測定します。
    例えば、言語能力や数理能力、空間認識力などを測定する適性検査があります。
    これらの情報は、自分の得意分野や適性を知るために役立ちます。
    また、興味検査では、自分がどのようなことに興味や関心を持っているかを明らかにします。
    興味検査の結果は、以下のような領域に分類されます。

    • 現実的(realistic)
    • 研究的(investigative)
    • 芸術的(artistic)
    • 社会的(social)
    • 企業的(enterprising)
    • 慣習的(conventional)

    これらの情報は、自分の興味や関心に合った職業や活動を見つけるために役立ちます。
    つまり、心理検査を受けることで、自分の適性や興味を客観的に理解し、自分の得意分野や適性、興味や関心に合った職業や活動を見つけるために役立てることができます。

    人間関係の傾向がわかる

    心理検査を受けることで、自分の人間関係の傾向を客観的に理解することができます。
    パーソナリティ検査では、対人関係や社会性に関する特徴を測定します。
    例えば、以下のような側面が明らかになります。

    • 外向性や内向性
    • 協調性や競争心
    • 共感性や配慮
    • 自己主張の強さ

    また、投影法検査では、無意識的な欲求や葛藤が人間関係に与える影響を理解することができます。
    これらの情報は、自分の人間関係のパターンを理解したり、対人スキルを向上させたりするために役立ちます。
    さらに、人間関係の傾向を知ることで、自分に合ったコミュニケーションスタイルを見つけることができます。
    つまり、心理検査を受けることで、自分の人間関係の傾向を客観的に理解し、自分の人間関係のパターンを理解したり、対人スキルを向上させたり、自分に合ったコミュニケーションスタイルを見つけたりすることができます。

    心の健康状態がわかる

    心理検査を受けることで、自分の心の健康状態を客観的に理解することができます。
    心理検査では、ストレスや不安、抑うつなどの心理的な問題を測定します。
    例えば、以下のような検査があります。

    • 不安検査
    • うつ病検査
    • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)検査

    これらの検査の結果は、心の健康状態を評価するための重要な情報となります。
    また、性格検査や適性検査の結果からも、心の健康状態に関連する情報が得られます。
    例えば、以下のような特徴が心の健康状態に影響を与える可能性があります。

    • 情緒の安定性
    • ストレス対処能力
    • 自尊心の高さ
    • 社会的支援の有無

    これらの情報は、自分の心の健康状態を理解し、必要に応じて専門家に相談するために役立ちます。
    さらに、心の健康状態を知ることで、ストレス対処法やセルフケアの方法を見直すきっかけにもなります。
    つまり、心理検査を受けることで、自分の心の健康状態を客観的に理解し、必要に応じて専門家に相談したり、ストレス対処法やセルフケアの方法を見直したりすることができます。

    YG性格検査

    YG性格検査は、代表的な性格検査の一つです。
    矢田部(Y)・ギルフォード(G)の頭文字を取ったものです。
    この検査は、12の性格特性を測定します。
    具体的には、以下の特性を測定します。

    • 抑うつ性
    • 回帰性
    • 劣等感
    • 神経質
    • 主観性
    • 非協調性
    • 攻撃性
    • 活動性
    • のんきさ
    • 思考的外向
    • 支配性
    • 社会的外向

    YG性格検査の結果は、性格特性ごとに5段階で評価されます。
    また、性格特性の組み合わせから、性格のタイプを判定することもできます。
    YG性格検査は、自己理解や他者理解、職業選択などに役立てることができます。
    つまり、YG性格検査は、12の性格特性を測定する代表的な性格検査であり、自己理解や他者理解、職業選択などに役立てることができます。

    MMPI

    MMPIは、心理臨床の現場で広く使用されている性格検査の一つです。
    これはミネソタ多面的人格目録(Minnesota Multiphasic Personality Inventory)の略称です。
    この検査は、566の質問項目から構成されており、10の臨床尺度と4の妥当性尺度を測定します。
    臨床尺度は、以下の内容を測定します。

    • 心気症
    • 抑うつ
    • ヒステリー
    • 精神病質的偏倚
    • 男子性・女子性
    • 妄想症
    • 精神衰弱
    • 統合失調症
    • 軽躁病
    • 社会的内向性

    妥当性尺度は、検査への回答態度や回答の一貫性などを評価します。
    MMPIの結果は、心理的な問題や障害の可能性を示唆します。
    ただし、診断には他の情報も総合的に考慮する必要があります。
    MMPIは、心理アセスメントや治療方針の決定、研究などに活用されています。
    つまり、MMPIは、心理臨床の現場で広く使用されている性格検査の一つであり、心理的な問題や障害の可能性を示唆するものの、診断には他の情報も総合的に考慮する必要があります。

    エゴグラム

    エゴグラムは、交流分析の理論に基づいた性格検査です。
    交流分析とは、人間の行動やコミュニケーションを分析する心理学の一分野です。
    エゴグラムでは、自我状態を5つの要素に分けて測定します。
    5つの自我状態は、以下の通りです。

    • CP(Critical Parent):批判的な親の自我状態
    • NP(Nurturing Parent):養育的な親の自我状態
    • A(Adult):大人の自我状態
    • FC(Free Child):自由な子どもの自我状態
    • AC(Adapted Child):順応した子どもの自我状態

    エゴグラムの結果は、各自我状態の強さを棒グラフで表します。
    自我状態のバランスから、性格の特徴や行動パターンを理解することができます。
    また、自我状態のバランスを調整することで、コミュニケーションスキルの向上にも役立てることができます。
    エゴグラムは、自己理解や対人関係の改善、ストレスマネジメントなどに活用されています。
    つまり、エゴグラムは、交流分析の理論に基づいた性格検査であり、自我状態のバランスから性格の特徴や行動パターンを理解し、自己理解や対人関係の改善、ストレスマネジメントなどに活用することができます。

    WISC

    児童を対象とした代表的な知能検査の一つです。
    WISCとは、ウェクスラー児童用知能検査(Wechsler Intelligence Scale for Children)の略称です。
    この検査は、6歳から16歳までの児童を対象としており、言語性IQと動作性IQを測定します。
    言語性IQは、以下の4つの下位検査から構成されます。

    • 単語
    • 類似
    • 算数
    • 理解

    動作性IQは、以下の4つの下位検査から構成されます。

    • 絵画完成
    • 符号
    • 積木模様
    • 組合せ

    WISCの結果は、言語性IQ、動作性IQ、全検査IQの3つの指標で表されます。
    また、下位検査の結果から、児童の認知能力の特徴を詳細に分析することができます。
    WISCは、知的発達の評価や学習障害の診断、教育的支援の計画などに活用されています。
    つまり、WISCは、児童を対象とした代表的な知能検査の一つであり、言語性IQと動作性IQを測定し、知的発達の評価や学習障害の診断、教育的支援の計画などに活用することができます。

    WAIS

    成人を対象とした代表的な知能検査の一つです。
    WAISとは、ウェクスラー成人知能検査(Wechsler Adult Intelligence Scale)の略称です。
    この検査は、16歳以上の成人を対象としており、言語性IQと動作性IQを測定します。
    言語性IQは、以下の6つの下位検査から構成されます。

    • 単語
    • 類似
    • 算数
    • 理解
    • 数唱
    • 知識

    動作性IQは、以下の5つの下位検査から構成されます。

    • 絵画完成
    • 符号
    • 積木模様
    • 行列推理
    • 絵画配列

    WAISの結果は、言語性IQ、動作性IQ、全検査IQの3つの指標で表されます。
    また、下位検査の結果から、認知能力の特徴を詳細に分析することができます。
    WAISは、知的発達の評価や認知症の診断、職業適性の判定などに活用されています。
    つまり、WAISは、成人を対象とした代表的な知能検査の一つであり、言語性IQと動作性IQを測定し、知的発達の評価や認知症の診断、職業適性の判定などに活用することができます。

    田中ビネー知能検査

    田中ビネー知能検査は、日本で開発された代表的な知能検査の一つです。
    この検査は、2歳から成人までを対象としており、言語性の知能を測定します。
    田中ビネー知能検査は、以下の6つの下位検査から構成されます。

    • 絵画語い
    • 数唱
    • 単語
    • 理解
    • 文の構成
    • 数的推理

    検査の結果は、知能指数(IQ)で表されます。
    IQは、生活年齢と精神年齢の比率から算出されます。
    田中ビネー知能検査は、個別式の検査であり、検査者と被検者が一対一で実施します。
    検査の所要時間は、年齢によって異なりますが、おおむね30分から60分程度です。
    田中ビネー知能検査は、知的発達の評価や学習障害の診断、教育的支援の計画などに活用されています。
    つまり、田中ビネー知能検査は、日本で開発された代表的な知能検査の一つであり、言語性の知能を測定し、知的発達の評価や学習障害の診断、教育的支援の計画などに活用することができます。

    新版K式発達検査

    新版K式発達検査は、乳幼児の発達を評価するための代表的な検査の一つです。
    この検査は、生後1ヶ月から就学前までの乳幼児を対象としています。
    新版K式発達検査は、以下の3つの領域を評価します。

    • 認知・適応
    • 言語・社会
    • 全領域(姿勢・運動)

    認知・適応領域は、手の運動や目と手の協応、対象の永続性などを評価します。
    言語・社会領域は、発語や言語理解、対人関係などを評価します。
    全領域は、認知・適応領域と言語・社会領域を合わせた総合的な発達を評価します。
    検査の結果は、発達指数(DQ)で表されます。
    DQは、生活月齢と発達月齢の比率から算出されます。
    新版K式発達検査は、個別式の検査であり、検査者と被検児が一対一で実施します。
    検査の所要時間は、年齢によって異なりますが、おおむね20分から40分程度です。
    新版K式発達検査は、発達の遅れや偏りの早期発見、療育プログラムの作成などに活用されています。

    つまり、新版K式発達検査は、乳幼児の発達を評価するための代表的な検査の一つであり、認知・適応、言語・社会、全領域の3つの領域を評価し、発達の遅れや偏りの早期発見、療育プログラムの作成などに活用することができます。

    遠城寺式乳幼児分析的発達検査

    遠城寺式乳幼児分析的発達検査は、乳幼児の発達を評価するための代表的な検査の一つです。
    この検査は、生後1ヶ月から6歳までの乳幼児を対象としています。
    遠城寺式乳幼児分析的発達検査は、以下の5つの領域を評価します。

    • 移動運動
    • 手の運動
    • 基本的習慣
    • 対人関係
    • 発語

    各領域は、複数の下位項目から構成されており、詳細な発達の評価が可能です。
    検査の結果は、領域ごとの発達年齢と発達指数で表されます。
    発達指数は、暦年齢と発達年齢の比率から算出されます。
    遠城寺式乳幼児分析的発達検査は、個別式の検査であり、検査者と被検児が一対一で実施します。
    検査の所要時間は、年齢によって異なりますが、おおむね30分から60分程度です。
    遠城寺式乳幼児分析的発達検査は、発達の遅れや偏りの早期発見、療育プログラムの作成などに活用されています。

    つまり、遠城寺式乳幼児分析的発達検査は、乳幼児の発達を評価するための代表的な検査の一つであり、移動運動、手の運動、基本的習慣、対人関係、発語の5つの領域を評価し、発達の遅れや偏りの早期発見、療育プログラムの作成などに活用することができます。

    GATB

    職業適性を評価するための代表的な検査の一つです。
    GATBとは、一般職業適性検査(General Aptitude Test Battery)の略称です。
    この検査は、学生から成人までを対象としており、以下の9つの適性を測定します。

    • 知覚速度
    • 言語能力
    • 空間判断力
    • 書記的知覚
    • 運動共応
    • 指先の器用さ
    • 手腕の器用さ
    • 目と手の共応
    • 知的能力

    GATBの結果は、各適性の評価点とプロフィールチャートで表されます。
    評価点は、5段階で評価され、プロフィールチャートは、各適性の相対的な強弱を視覚的に示します。
    GATBは、職業相談や進路指導、人材選考などに活用されています。
    特に、アメリカでは公共職業安定所で広く使用されており、日本でも一部の企業で導入されています。
    ただし、GATBは適性を測定するための検査であり、職業選択には他の要因も考慮する必要があります。
    つまり、GATBは、職業適性を評価するための代表的な検査の一つであり、知覚速度、言語能力、空間判断力など9つの適性を測定し、職業相談や進路指導、人材選考などに活用することができます。

    VPI職業興味検査

    職業に対する興味を評価するための検査の一つです。
    VPIとは、職業興味検査(Vocational Preference Inventory)の略称です。
    この検査は、学生から成人までを対象としており、以下の11の興味領域を測定します。

    • 現実的
    • 研究的
    • 芸術的
    • 社会的
    • 企業的
    • 慣習的
    • 自己統制
    • 男性性
    • 地位志向
    • 稀少性
    • 同調性

    VPI職業興味検査の結果は、各興味領域の評価点とプロフィールチャートで表されます。
    評価点は、各興味領域への適合度を示し、プロフィールチャートは、興味領域の相対的な高低を視覚的に示します。
    VPI職業興味検査は、自己理解や職業選択、キャリア開発などに活用されています。
    特に、ホランドの職業興味理論に基づいており、個人と職業の適合性を重視しています。
    ただし、VPI職業興味検査は興味を測定するための検査であり、職業選択には他の要因も考慮する必要があります。

    つまり、VPI職業興味検査は、職業に対する興味を評価するための検査の一つであり、現実的、研究的、芸術的など11の興味領域を測定し、自己理解や職業選択、キャリア開発などに活用することができます。

    教研式学力検査

    教研式学力検査は、小学生から高校生までを対象とした総合的な学力検査です。
    この検査は、教育研究所が開発したもので、以下の教科の学力を測定します。

    • 国語
    • 算数・数学
    • 理科
    • 社会
    • 英語(中学生以上)

    各教科は、複数の下位検査から構成されており、基礎的な知識や応用力を評価します。
    検査の結果は、教科ごとの偏差値と学年別の評価で表されます。
    偏差値は、同学年集団の中での相対的な位置を示し、評価は5段階で示されます。
    教研式学力検査は、学力の実態把握や個に応じた指導、進路指導などに活用されています。
    また、経年変化を追跡することで、学力向上のための指導改善にも役立てることができます。
    教研式学力検査は、標準化された検査であり、全国的な基準に基づいて実施されます。
    ただし、学力は学習環境や学習習慣などの影響を受けるため、検査結果の解釈には注意が必要です。

    つまり、教研式学力検査は、小学生から高校生までを対象とした総合的な学力検査であり、国語、算数・数学、理科、社会、英語の学力を測定し、学力の実態把握や個に応じた指導、進路指導などに活用することができます。

    ストレス検査

    個人のストレス状態を評価するための検査の一つです。
    ストレス検査には、様々な種類がありますが、代表的なものとして以下のようなものがあります。

    • SRS(Stress Response Scale):ストレス反応の種類と強さを測定
    • POMS(Profile of Mood States):気分の状態を測定
    • MBI(Maslach Burnout Inventory):バーンアウト(燃え尽き症候群)を測定
    • GHQ(General Health Questionnaire):精神的健康度を測定

    これらの検査は、質問紙形式で実施され、回答者の主観的なストレス状態を評価します。
    検査の結果は、数値化されたスコアや段階評価で表されます。
    高得点であるほど、ストレス状態が高いことを示します。
    ストレス検査は、ストレスマネジメントやメンタルヘルス対策、職場の健康管理などに活用されています。
    個人のストレス状態を把握することで、適切なストレス対処法やリラクゼーション法を選択することができます。
    また、集団のストレス状態を把握することで、組織的なメンタルヘルス対策に役立てることもできます。

    つまり、ストレス検査は、個人のストレス状態を評価するための検査の一つであり、ストレス反応やバーンアウトなどを測定し、ストレスマネジメントやメンタルヘルス対策、職場の健康管理などに活用することができます。

    親子関係診断検査

    親子関係診断検査は、親子関係の特徴や問題点を評価するための検査の一つです。
    この検査は、主に幼児から青年期の子どもを対象としており、親子双方に実施されます。
    親子関係診断検査には、様々な種類がありますが、代表的なものとして以下のようなものがあります。

    • FACES(Family Adaptability and Cohesion Evaluation Scales):家族の適応性と結束性を測定
    • PBI(Parental Bonding Instrument):親の養育態度(ケアと過保護)を測定
    • IPA(Interaction Pattern Analysis):親子の相互作用パターンを分析

    これらの検査は、質問紙形式で実施され、親子関係の様々な側面を評価します。
    検査の結果は、数値化されたスコアやプロフィールで表されます。
    親子関係診断検査は、家族療法やペアレントトレーニング、子育て支援などに活用されています。
    親子関係の特徴や問題点を明らかにすることで、効果的な介入方法を選択することができます。
    また、親子関係の改善を通して、子どもの心理的適応や発達を促すことができます。

    つまり、親子関係診断検査は、親子関係の特徴や問題点を評価するための検査の一つであり、家族の適応性や親の養育態度などを測定し、家族療法やペアレントトレーニング、子育て支援などに活用することができます。

    道徳性検査

    個人の道徳的判断力や道徳的行動を評価するための検査の一つです。
    道徳性検査には、様々な種類がありますが、代表的なものとして以下のようなものがあります。

    • DIT(Defining Issues Test):道徳的判断の発達段階を測定
    • MJT(Moral Judgment Test):道徳的判断の一貫性を測定
    • MMT(Moral Motivation Test):道徳的行動の動機づけを測定

    これらの検査は、仮想的なジレンマ場面に対する反応から道徳性を評価します。
    検査の結果は、数値化されたスコアや発達段階で表されます。
    高得点であるほど、道徳的判断力が高いことを示します。
    道徳性検査は、道徳教育や人格教育、倫理学研究などに活用されています。
    個人の道徳性の実態を把握することで、効果的な教育プログラムを開発することができます。
    また、道徳性の発達過程を明らかにすることで、道徳性の形成要因を探ることもできます。
    ただし、道徳性は文化や時代によって異なるため、検査結果の解釈には注意が必要です。
    また、検査場面での反応と実際の行動が一致しない場合もあります。

    つまり、道徳性検査は、個人の道徳的判断力や道徳的行動を評価するための検査の一つであり、道徳的ジレンマに対する反応から道徳性を測定し、道徳教育や人格教育、倫理学研究などに活用することができます。

    心理検査の意義

    心理検査は個人の心理的特性を客観的に理解するための重要なツールです。
    これらを活用することで、以下のような意義があります。

    • 自己理解の促進:自分の性格や能力、適性などを知ることができる
    • 他者理解の促進:他者の心理的特性を理解し、適切に対応することができる
    • 問題の早期発見:心理的な問題や発達の遅れを早期に発見し、適切な支援につなげることができる
    • 指導や支援の充実:個人の特性に応じた指導や支援を行うことができる
    • 研究の発展:心理学の研究に客観的なデータを提供し、理論の構築や検証に役立てることができる

    このように、心理検査は様々な場面で活用され、個人と社会に大きな益をもたらしています。
    ただし、心理検査は万能ではありません。
    検査結果は、個人の一側面を示すものであり、総合的な理解が必要です。
    また、検査結果の解釈には専門的な知識と技術が必要であり、誤った解釈や安易な決めつけは避けなければなりません。

    つまり、心理検査は、個人の心理的特性を客観的に理解するための重要なツールであり、自己理解や他者理解、問題の早期発見、指導や支援の充実、研究の発展などに役立てることができます。

    心理検査を受ける際の注意点

    心理検査を受ける際には、いくつかの注意点があります。
    以下のような点に留意することで、正確で有益な結果を得ることができます。

    • 検査の目的を理解する:なぜ検査を受けるのか、結果をどのように活用するのかを理解する
    • 正直に回答する:質問の意図を理解し、ありのままの自分を答える
    • 時間内に解答する:制限時間内に解答を終えるよう、適切なペースで進める
    • 体調を整える:十分な睡眠をとり、リラックスした状態で検査に臨む
    • 検査結果を過度に気にしない:検査結果は参考情報であり、絶対的なものではない

    また、心理検査の実施者は、以下のような点に配慮する必要があります。

    • インフォームドコンセントを得る:検査の目的や方法、結果の活用法などを説明し、同意を得る
    • プライバシーを保護する:検査結果は個人情報であり、厳重に管理する
    • フィードバックを行う:検査結果の解釈や活用法について、わかりやすく説明する

    これらの注意点を踏まえることで、心理検査を有効に活用することができます。
    心理検査は、自己理解や他者理解を深めるための有益なツールです。
    適切に実施し、活用することが大切です。

    つまり、心理検査を受ける際には、検査の目的や回答の仕方、検査結果の解釈などに注意し、適切に実施することが重要です。また、実施者は、インフォームドコンセントやプライバシーの保護、フィードバックなどに配慮する必要があります。

    最後に

    いかがでしたか?心理検査の世界を探検してみて、新しい発見がありましたか?

    性格検査や知能検査、適性検査など、様々な種類の検査があり、自己理解や他者理解、進路選択、心の健康づくりなど、幅広い目的で活用されています。

    また、心理検査を受ける際は、正直に答えることが大切です。自分の良いところも悪いところも、ありのままに受け止めることが、自己理解の第一歩になります。

    心理検査は、自分や他者への理解を深めるための素晴らしいツールです。

    でも、それだけが全てではありません。日々の生活の中で、自分の感情や行動に目を向け、大切な人とのコミュニケーションを大切にすることが、何より大切なのです。

    みなさんの可能性は無限大です。自分を信じて、一歩一歩前進していきましょう!

    ※学術的に信頼されいているHEXACO性格診断はこちらからうけることができます!

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し「悪者図鑑」を出版。現在も引き続き、社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。